« IRL:ダニカ・パトリック、アンドレッティASとの契約延長を発表 | トップページ | LM24:ACO、2010年ルマン24時間レースの招待エントリーを発表 »

2009年12月 1日 (火)

GP2:サム・バード、ARTグランプリと契約

サム・バード (C)GP2 Series Media Service   拡大します

11月30日、GP2シリーズのARTグランプリは、サム・バードと2010年シーズンの契約を結んだことを発表した。バードは、今年のユーロF3チャンピオン、ジュールズ・ビアンキのチームメイトとしてチームのチャンピオン奪還を目指すことになる。

11月のポールリカールでのGP2公式テスト初日にARTのマシンをテストしたバードは、その後のアブダビでのGP2アジアシリーズ開幕戦で、ARTからGP2デビューレースしてフロントローとファステストラップを記録する印象的な走りを見せた。先日のマカオGPでもARTから出場して決勝レース3位で表彰台に立っている。

サム・バード:「ARTグランプリに加わることが出来てとても嬉しく思っている。彼らの成功ははっきりしており、過去2ヶ月間チームと共にかなりの時間を過ごし、彼らが素晴らしいチーム員達であるということができる。ARTのマシンをドライブすることは、シングルシーター・ドライバー全ての夢でもある。そして、わたしにこの機会を与えてくれたフレデリック・バッサーに特に感謝したい」

フレデリック・バッサー(ARTグランプリCEO):「わたしはサムが全てのGP2シリーズでチームに加わってくれることを喜んでいる。数年の間彼を追っていて、その環境によって彼の才能が必ずしも発揮できていないことをいつも感じていた。われわれがアブダビで彼に自身を証明するための機会を与えたとき、彼はそのチャンスをものにしてわれわれに感銘を与えた。ポールリカールでのテストで、われわれのメインシリーズ用マシンで彼は一貫して速く、それ以降のテストでの他のドライバーと比べてもフロントランナーのままだった。わたしはジュールズとサムがとても競争的で刺激的なラインナップだと考えている。彼らはどちらもルーキーだが、われわれが過去に見てきたように、最高のドライバーは即座に大きなインパクトを与える能力を持っている。わたしはサムがわれわれと非常に楽しいシーズンを過ごすことを信じている。そして、GP2とその先への彼の成功を予測することが出来る」

|

« IRL:ダニカ・パトリック、アンドレッティASとの契約延長を発表 | トップページ | LM24:ACO、2010年ルマン24時間レースの招待エントリーを発表 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:サム・バード、ARTグランプリと契約:

« IRL:ダニカ・パトリック、アンドレッティASとの契約延長を発表 | トップページ | LM24:ACO、2010年ルマン24時間レースの招待エントリーを発表 »