« NASCAR:ダニカ、ネーションワイド・シリーズへの参戦を発表 | トップページ | LMS:ACO、ルマン・インターコンチネンタルカップを創設 »

2009年12月 9日 (水)

LMS,DTM:アウディ、ルマン・インターコンチネンタルカップに参戦

AUDI R15 TDI (C)AUDI AG. 拡大します

12月8日、ACOの発表と歩調を合わせるかのように、アウディは新設されるルマン・インターコンチネンタルカップに2台のR15 TDIの新型を参戦させることを発表した。

ルマン24時間レースとともに参戦するインターコンチネンタルカップには、空力を改良した『R15プラス』を投入する。また、アウディ・スポーツチーム・ヨーストは、ルマンの前哨戦として、ルマンシリーズのスパ・フランコルシャン1000Kmレースに3台のR15プラスを出場させる。

また、今シーズン大成功を納めたドイツ・ツーリングカー・シリーズ(DTM)には、2010年もアブト・スポーツライン、フェニックスとロズベルグから9台のマシンが出場する。DTMから引退したトム・クリステンセンの替わりには、オリバー・ジャービスが2010年モデルをドライブする。DTMは2011年から大幅なレギュレーション変更を予定しているため、2010年モデルは2009年モデルの発展型となる。

さらに今シーズンからスタートしたR8 GT3によるカスタマー・サポートも、各選手権で合計23勝と3つのタイトルを獲得する成功を収めた。2010年もカスタマーサポートは継続され、298,000ユーロ+付加価値税のプライスを付けられたR8 GT3は、2010年3月末までにはカスタマーの元へと届けられる。アウディでは最適なサポートのため、2010年のR8 GT3の販売台数を20台に限定している。
5月15日にスタートするニュルブルクリンク24時間レースには、2台のR8 LMがアウディ・スポーツの特別なサポートを受けて出場する。

世界的に販売不振に陥っている自動車メーカーの中で、アウディは日本も含めて各国で販売台数を伸ばしている唯一といってもよいメーカーであるが、DTM、スポーツプロト、R8 GT3の3本柱によるアウディのモータースポーツ活動は、対費用効果において適切なものとして計画されている。

|

« NASCAR:ダニカ、ネーションワイド・シリーズへの参戦を発表 | トップページ | LMS:ACO、ルマン・インターコンチネンタルカップを創設 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LMS,DTM:アウディ、ルマン・インターコンチネンタルカップに参戦:

« NASCAR:ダニカ、ネーションワイド・シリーズへの参戦を発表 | トップページ | LMS:ACO、ルマン・インターコンチネンタルカップを創設 »