« ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに | トップページ | IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表 »

2010年2月10日 (水)

IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ

1993年CART LOLA T93 / Nigel Mansell (C)Media Ford  拡大します

2月8日、2012年からのインディカーシリーズ(IRL)用ニューマシンのデザインコンペに名乗りを上げたローラ・カーズは、そのプランを明らかにした。何ヶ月にも及ぶ協議、デザイン評価とビジネスプランから、ローラはIRLの委員会に次世代の革新的で商業的にも可能な案を提示した。

IRLへのローラのプレゼンテーションの中心は、慎重に検討された結果、2種類のボディを持つものになる。IRLでのサイドバイサイドの競争と、全てのコースでの接近したバトルでの空力バランスの追求から生まれた。また、必要とあれば、ドライバーやチームとファンに技術的な妥協やアドバンテージを生むことなく、2種類のエンジンを搭載することも可能だとしている。

2012年のローラ・インディマシンは、安全性、効率、エンジンへの適応性、減量(現在の1540lbsから13801lbsへ)、パッシングのし易さと、スポンサーロゴの提示のためのスペースを重点的に計画されている。
ローラのエンジニアは技術研究の一部として未来的なコンセプトカーの評価を行い、これが技術的に興味深いものではあるが、スペシャルプロジェクトとしてこの計画は一部繰り越しとされた。ローラでは、リサイクル材料の使用に大きな関心を持っており、大学の研究プロジェクトを支援してきた。

ローラ会長、マーティン・ビラーネ:
「アメリカンレースでのローラの歴史は1965年まで遡る。3つのインディ500マイルレースの優勝、カンナムやスポーツカーやチャンプカーなどで大成功を収めた。今日、わが社は新しい時代の、魅力的で訴えかけるパートナーシップのためにもう一つの章を加えることになった。それはローラの最高水準の技術と、その能力と結合される遺産のフレームワークの上にある」

もうひとつのデルタウイングについては、いくつかのIRLチームがバックアップして設立されたコンストラクターで、今週のシカゴオートショーでそのベールを脱ぐことになっている。

|

« ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに | トップページ | IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/47530114

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ:

» デルタウィングも模型を発表。ローラは早く画でみせろって! [三度の飯よりモータースポーツ]
リンク: IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ: FMo [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 10時17分

« ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに | トップページ | IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表 »