« IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ ゲータレード・デュエル1&2 レース結果 »

2010年2月11日 (木)

IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表

Deltawinginside02102010 2012 Delta Wing Indycar Model  (C)IRL

2月10日、デルタウイングはシカゴ・オートショーの会場で、2012年からのインディカーシリーズ(IRL)用の、モックアップを発表した。発表されたモデルは、極端に狭いフロントトレッドと広いリアトレッドを持つ革新的なもので、デルタウイングの名にふさわしい三角型のフォルムを持っている。これまで発表されたダララやスウィフトの中の先進的なイラスト案と比べてもそのユニークさは際だっている。

(C)Delta Wing Racng Cars  拡大します

デルタウイングのプロジェクトは、元ローラのチーフデザイナーで現在はチップガナッシ・レーシングのベン・ボウルビーによって進められ、いくつかのIRLチームがこのプロジェクトの後援者となっている。
ボウルビーによれば、このユニークなフォルムは、接近したレースでマシン後方の空気の乱れによる後続マシンへの影響を少なくする効果があるとされる。

マシンの軽量化と小型化により、現在のダララ・ホンダの半分のパワーと燃料消費で235mphのトップスピードが出せるように設計されている。最初のプロトタイプは2リッター、4気筒のターボエンジンを搭載してテストされることになっている。最終的なエンジン出力はコンピューターによるモデリングで300馬力で、4,000マイル以上の使用に耐えるとされる。これは現在のホンダエンジンの2倍の距離になる。
このエンジンは環境やコスト削減にも配慮され、よりすぐれた燃料効率で印象的なパフォーマンスを求める自動車ユーザーにも訴えかけ、自動車産業との連携もその目標となっている。

デルタウイングは、今年の8月には最初のプロトタイプのテストを開始する予定で、完成したマシンの価格はエンジン付で約600,000ドルとなるとしている。また、デルタウイングは、2012年以降のIRLがワンメイクのシャーシとエンジンではなく、複数のコンストラクタとメーカーとの争いになることを望んでいるとしている

|

« IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ ゲータレード・デュエル1&2 レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/47535981

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:デルタウイング、革新的な2012年用モデルを発表:

» デルタウィングも模型を発表。ローラは早く画でみせろって! [三度の飯よりモータースポーツ]
リンク: IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ: FMo [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 10時18分

« IRL:ローラの2012年インディカーマシンはデュアルボディ | トップページ | NASCAR:Rd.1デイトナ ゲータレード・デュエル1&2 レース結果 »