« NASCAR:ダニカ・パトリック、デイトナでのネーションワイド戦出場が決定、ピケJr.はトラックシリーズに出場 | トップページ | ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに »

2010年2月 9日 (火)

IRL:スウィフトも2012年ニューマシンのイメージイラストを公開

2012年IRL Swift New Machine image (C)Swift Engineering Inc. 拡大します

スウィフト・エンジニアリングは、ダララに続いて2012年からのインディカーシリーズ用ニューマシンのイメージイラストを発表した。

ニューマシンの設計に当たっては、スウィフト社とスーパーコンピューター・メーカーのクレイ社の提携によるもので、製造はIRLの条件でもあるインディアナポリスをベースとしたマーク・ワン・コンポジット社と、レーシングカーのシミュレーターメーカーであるクルーデン・アメリカ社が協力して行うことになった。
スウィフトの自社風洞とクレイ社のスーパーコンピューターによるCFD解析でデザインされたマシンは、クルーデン・アメリカ社の3Ctr 6‐DOF motionレーシング・シミュレーターでテストされることになる。

 "MUSHROOM BUSTER" (C)Swift Engineering Inc. 拡大します

スウィフトは昨年から日本のフォーミュラニッポンにシャーシを独占供給しているが、その『017.n』 にも採用されているリアの空力デバイスがインディカーマシンにも取り入れられている。この『マッシュルーム・バスター』と呼ばれるパーツには、マシン後方の空気の流れを整えて後続のマシンに悪影響を与えにくくし、レースバトルを行いやすくする目的がある。

fn_r08_r_start 2009年フォーミュラニッポン最終戦 (C)Motorsports Forum

今回提示されたデザイン案の中には斬新なモデルも含まれるが、スウィフトでは現在マシンの想定されるパフォーマンスデータと、そのコストの算出を行っている。

 

 (C)Swift Engineering Inc. 拡大します

|

« NASCAR:ダニカ・パトリック、デイトナでのネーションワイド戦出場が決定、ピケJr.はトラックシリーズに出場 | トップページ | ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/47520043

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:スウィフトも2012年ニューマシンのイメージイラストを公開:

» スウィフトも2012インディカーのデザイン案を公開...Fポンとの共通点は? [三度の飯よりモータースポーツ]
リンク: IndyCar.com | The Silent Pagoda » B [続きを読む]

受信: 2010年2月 9日 (火) 16時56分

« NASCAR:ダニカ・パトリック、デイトナでのネーションワイド戦出場が決定、ピケJr.はトラックシリーズに出場 | トップページ | ALMS:GTCクラスを新設、全4クラスのシリーズに »