« Spesial:トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | LM24:アウデイ、ルマン奪還に向けてR15プラスを発表 »

2010年3月15日 (月)

24hours:GAZOO Racing、LEXUS LFAでニュル24時間レースに参戦

2010年3月15日
GAZOO Racing、LEXUS LFAでニュル24時間レースに参戦

Img01

GAZOO Racingは、5月13日(木)から16日(日)まで、ニュルブルクリンクサーキット(ドイツ・ラインラント=プファルツ州)で開催される第38回 ニュルブルクリンク24時間耐久レースに、昨年500台の限定発売を発表したLEXUS LFAで参戦します。

2007年からはじまったGAZOO Racingのニュルブルクリンクへの挑戦は今回で4回目。24時間耐久レースという過酷なモータースポーツにチャレンジすることを通じてクルマを鍛えるとともに、味のあるいいクルマづくりのための人材育成にも取り組んでいます

GAZOO Racingが取り組み続けているニュル24時間レースへの挑戦は、GAZOO Racingが取り組む3つの活動の柱『クルマを持つ楽しさ』『クルマで走る楽しさ』『クルマを語り合う楽しさ』を集約した取り組みです。それは、「味のあるいいクルマをつくりたい」「走る楽しさ、感動、夢を伝えたい」「クルマファンの皆さんと共有したい」という思いが凝縮した取り組みであるからです。

尚、GAZOO Racingの挑戦の模様は、本年もGAZOO Racing Webサイトでライブ中継を実施する計画です。

Img02

Img03

【レース概要】 大会名称 第38回 ニュルブルクリンク24時間耐久レース 
開催期間 2010年5月13日(木)~16日(日)
*本戦は5月15日(土)15:00 ~ 16日(日)15:00 <現地時間> 
場  所 ニュルブルクリンクサーキット
(ドイツ・ラインラント=プファルツ州) 

【チーム名】
GAZOO Racing
【参戦車両】
LEXUS LFA

.【チーム監督】
成瀬 弘 *トヨタマスターテストドライバー
【参戦ドライバー】 ドライバー(国籍) 過去の主な戦歴
木下 隆之(日本) ニュルブルクリンク24時久レース日本人最多出場、
日本人最高位(総合5位)
スーパー耐久シリーズチャンピオン(6回) 
飯田 章 (日本) 2002年 JGTC GT500 クラスチャンピオン
1995年、2007年十勝24時間レース総合優勝 
脇阪 寿一(日本) 2002年 JGTC GT500 クラスチャンピオン
2006年、2009年スーパーGT GT500 クラスチャンピオン 
アンドレ・ロッテラー(ドイツ) 2006年、2009年スーパーGT GT500 クラスチャンピオン 
大嶋 和也(日本) 2007年スーパーGT GT300クラスチャンピオン
TDP*ドライバー 
アーミン・ハーネ(ドイツ) 1982年、1983年スパ24時間レース優勝 
ヨッヘン・クルンバッハ(ドイツ) 2008年ニュルブルクリンク24時間レース 総合2位 

* TDP・・・TOYOTA Young Drivers Programの略で、トヨタが取り組む若手ドライバー育成プログラム

【メカニック】
トヨタ自動車社員

【お知らせ】GAZOO Racing Webサイト『サーキットライブBBS』
GAZOO Racing Webサイトでは、チームメンバーのチャレンジの過程を密着取材し、掲示板やブログを使い、レースの魅力や楽しさを直接クルマファンの皆様にお届けします。レース本戦日には、現地よりクルマファン参加型のインターネットライブ中継『サーキットライブBBS』を日英2ヶ国語にて配信する予定です。

なお、昨年のニュル24時間レースの模様は、こちらをご覧ください。

写真(C)GAZOO Racing
以上

|

« Spesial:トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | LM24:アウデイ、ルマン奪還に向けてR15プラスを発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/47818359

この記事へのトラックバック一覧です: 24hours:GAZOO Racing、LEXUS LFAでニュル24時間レースに参戦:

« Spesial:トヨタ自動車、2010年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 | トップページ | LM24:アウデイ、ルマン奪還に向けてR15プラスを発表 »