« IRL:Rd.1サンパウロ・スケジュール | トップページ | IRL:コースコンディション不良により、予選は決勝日の朝に延期 »

2010年3月13日 (土)

GP2:アジアシリーズRd.4(最終戦) バーレーン 予選結果

ルカ・フィリッピ (C)GP2 Series Media Service   拡大します

GP2アジアシリーズは、前戦に続いてバーレーンでの最終戦。3月12日に行われた予選では、ルカ・フィリッピ(Qiメリタス)が2007年以来じつに3年ぶりのポールポジションを獲得した。

予選セッッションは、第3戦でポールポジションとなったチャールズ・ピック(アーデン)が早い段階でタイムを出して2戦連続ポールかと思われたが、その後でタイムアタックに出たフィリッピがピックに0.091秒差を付けて逆転した。

セッション途中ではハビエル・ヴィラが3番手につけてアーデンは2-3番手だったが、オリバー・ターベイと新チャンピオンのダビデ・バルセッチのiSpotrt勢とアルバーロ・パレンテ(コローニ)に抜かれて、ヴィラは6番手に落ちた。

なお、10番手タイムを出したアレキサンダー・ロッシ(Qiメリタス)は、第3戦でファビオ・ライマー(オーシャン・レーシング)をコースから押し出したことによるペナルティで10グリッド降格となっている。

Bahrain  Qualifying session
Pos Driver Team Time Laps
1 Luca Filippi MalaysiQI-Meritus.com 2:07.087 10
2 Charles Pic Telmex Arden International 2:07.178 12
3 Oliver Turvey iSport International 2:07.237 11
4 Davide Valsecchi iSport International 2:07.243 11
5 Alvaro Parente Scuderia Coloni 2:07.413 12
6 Javier Villa Telmex Arden International 2:07.432 11
7 Jules Bianchi ART Grand Prix 2:07.710 11
8 Luiz Razia Rapax 2:07.772 11
9 Giacomo Ricci DPR 2:07.892 12
*10 Alexander Rossi MalausiaQI-Meritus.com 2:08.027 11
11 Sam Bird ART Grand Prix 2:08.339 12
12 Fabio Leimer Ocean Racing Technology 2:08.428 11
13 Dani Clos Trident Racing 2:08.467 12
14 Michael Herck DPR 2:08.634 11
15 Christian Vietoris DAMS 2:08.678 11
16 Max Chilton Barwa Addax Team 2:08.692 11
17 Yelmer Buurman Ocean Racing Technology 2:08.778 11
18 Edoardo Piscopo DAMS 2:08.858 11
19 Vladimir Arabadzhiev Rapax 2:08.863 12
20 Josef Kral Super Nova Racing 2:09.454 11
21 William Bratt Scuderia Coloni 2:09.611 12
22 Rodolfo Gonzalez Barwa Addax Team 2:09.648 11
23 Jake Rosenzweig Super Nova Racing 2:09.904 12
24 Plamen Kralev Trident Racing 2:12.975 12

* 10番手タイムのアレキサンダー・ロッシは、前戦でのペナルティにより10グリッド降格。

|

« IRL:Rd.1サンパウロ・スケジュール | トップページ | IRL:コースコンディション不良により、予選は決勝日の朝に延期 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:アジアシリーズRd.4(最終戦) バーレーン 予選結果:

« IRL:Rd.1サンパウロ・スケジュール | トップページ | IRL:コースコンディション不良により、予選は決勝日の朝に延期 »