« GP3:ポールリカールテスト (4月1日) | トップページ | Superleague:Rd.1シルバーストーン フリー走行結果 »

2010年4月 3日 (土)

LMS:サラゼン、開幕戦ポールリカールでオレカ・プジョーをドライブ

Team Oreca Peugeot908 / Stephane Sarrazin (C)Oreca 拡大します

4月2日、ルマンシリーズ(LMS)のチーム・オレカ・ムトマトは、来週末ポールリカールで行われる開幕戦に、ステファン・サラゼンが加わることを発表した。

サラゼンはポールリカールでの8時間レースで、オリビエ・パニス、ニコラ・ラピエールとともにオレカ・プジョー908HDi FAPを走らせる。ルマン24時間レースでは、ロイック・デゥバルがオレカ・プジョーをドライブ、サラゼンはライバルのワークス・プジョーの2号車でレースを戦う。

2007年のプジョー908プロジェクトの開始以来それに関わってきたサラゼンは、ルマンでは過去3年連続ポールポジションを獲得しているが、優勝経験はない。しかし、2007年にはLMSのタイトルを獲得している。
チーム・オレカ代表のユング・ド・ショーナックは、サラゼンの起用はプジョー・スポールのオリビエ・ケネルとの協議の結果であるという。プジョー908での数千キロに渡ってテストを行っているサラゼンのチームへの加入は、特にレース状況でのマシンのセットアップにおいてドライバーの助けになるだろうとしている。サラゼンは2001年と2002年にオレカ・ダララでレースに出場しており、F1時代からパニスとも旧知の仲でラピエールのパフォーマンスと人柄の良さも知っている。

強力なアウディに打ち勝つために、サラゼンは自分の持っているマシンの知識によってチームに貢献することを最優先にしたいとしている。

|

« GP3:ポールリカールテスト (4月1日) | トップページ | Superleague:Rd.1シルバーストーン フリー走行結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LMS:サラゼン、開幕戦ポールリカールでオレカ・プジョーをドライブ:

« GP3:ポールリカールテスト (4月1日) | トップページ | Superleague:Rd.1シルバーストーン フリー走行結果 »