« BF3:Rd.4ホッケンハイム 第3レース結果 | トップページ | IRL:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティがインディ500での2勝目を飾る" »

2010年5月31日 (月)

GP2:ブリヂストン・モータースポーツ・リリース 第3戦イスタンブール

Msheadright 2010 GP2 Series 第3戦 Race2
GP2シリーズ第3戦レースレポート

開催場所 : イスタンブール  開催日 : 5月30日

2010年GP2シリーズ第3戦の2レースがイスタンブールで開催され、ミディアムコンパウンド・スリックタイヤを装着したパストール・マルドナド選手(Rapax)がレース1で、ダニー・クロス選手(レーシング・エンジニアリング)がレース2でそれぞれ優勝した。

年間の使用頻度が限定的なイスタンブールパーク・サーキットでは、初日のフリー走行開始直後は路面が非常に粗かったが、セッションの進行に伴い徐々に改善が進んでいった。こうした路面の変化はタイヤのパフォーマンスにも影響を与え、コースにラバーが乗る前の序盤のセッションでは、タイヤのグリップが小さく滑りやすかった。

全32周で争われた土曜日のフィーチャーレース(レース1)では、好スタートを切ったマルドナド選手が第1コーナー前でポールシッターのデビッド・バルセッチ選手(iスポーツ・インターナショナル)の前に出て、そのままトップを譲ることなく2位のバルセッチ選手に19.5秒の差をつけてゴールした。サム・バード選手(ARTグランプリ)が3位でゴール、今シーズン初めて表彰台に登った。マルドナド選手は11周目にピットストップしてリアタイヤを交換、その4周後の15周目に最速ラップタイムを記録した。

日曜日のスプリントレース(レース2)は全23周で争われ、クロス選手が終始リードを守ってGP2シリーズ自身初優勝を達成した。グリッド4番手からスタートしたルイス・ラジア選手(Repax)が2位でゴールし、グリッド5番手からスタートしたギエド・ヴァン・デル・ガルド選手(Barwa アダックス)が3位に入った。クロス選手は最速ラップタイムを記録し、1ポイントを獲得した。

第3戦を終了した現段階で、マルドナド選手が獲得ポイントを27ポイントに伸ばしてドライバーズ・ランキング首位に立ち、クロス選手が23ポイントで2位に、ラジア選手が20ポイントで3位に着けている。チーム・ランキングでは、47ポイントを獲得したRepaxが首位を守り、34ポイントのBarwaアダックスが2位に、25ポイントのレーシング・エンジニアリングが3位につけている。

GP2シリーズ第4戦は6月25日~27日にバレンシア(スペイン)で開催され、ソフトコンパウンド・ドライタイヤを使用する予定である。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローのコメント:
「土曜日のレースは数多くのオーバーテイクが見られる大変面白いレースでした。パストール・マルドナド選手はグリッド2番手から好スタートを切り、タイヤを積極的に使って果敢に攻めていましたが、上手にタイヤをコントロールして、リードを大きく広げて優勝することができました。過酷なコース特性と、3つの頂点を持つ長いターン8が原因で右フロントタイヤにブリスターが発生したドライバーもいました。それでも、ブリスターがラップタイムに与えた影響はそれほど大きくなかったと思いますし、グリップダウンもまずまずでした。土曜日には路面状況の改善があまり進まず、予想よりもグリップが小さくなりました。日曜日も路面の改善はわずかにとどまり、タイヤの外観はレース1とほぼ同じで、安定していました。イスタンブールパーク・サーキットでのこれまでの知識と経験を生かして、それぞれのレースで優勝した2人のドライバーにお祝いを申し上げます」

※レース結果は省略させて頂きました。

|

« BF3:Rd.4ホッケンハイム 第3レース結果 | トップページ | IRL:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティがインディ500での2勝目を飾る" »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:ブリヂストン・モータースポーツ・リリース 第3戦イスタンブール:

« BF3:Rd.4ホッケンハイム 第3レース結果 | トップページ | IRL:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティがインディ500での2勝目を飾る" »