« BF3:Rd.3マニクール 第2&第3レース結果 | トップページ | F2:Rd.3モンツァ 第2レース予選結果 »

2010年5月24日 (月)

IRL:ホンダモータースポーツリリース”予選2日目最速はブルーノ・ジュンケイラ、佐藤琢磨は31位で予選通過"

Honda_logo

予選2日目最速はブルーノ・ジュンケイラ
佐藤琢磨は31位で予選通過

In100523001h

2010年5月23日(日)
会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ(全長2.5マイル)
開催地:インディアナ州インディアナポリス
天候:快晴
気温:27~33℃

世界で最も長い歴史を持つ自動車レース、インディ500の予選は2日目を迎えた。昨年までは4日間にわたって行われていた予選だが、今年は土曜と日曜の2日間だけとなっている。朝からインディアナポリス・モーター・スピードウェイは快晴に恵まれ、気温がどんどんと上昇していく中で朝9時にプラクティスが始まり、予選は正午から6時間にわたって行われた。

インディ500の決勝に進出できるのは伝統的に33台と決まっている。今年からの新ルールで予選初日には24位までのグリッドが決定。予選2日目は午後1時を前に33個のグリッドが早々と埋められ、インディ500名物のバンプ・アウト合戦が始まった。誰かが予選で速いスピードを出すごとに33人の中で最も遅い予選スピードの保持者が弾き出される。このため、インディ500での予選最終日はバンプデイと呼ばれる。今年のエントリーは37台。4台が予選を通過できないことになっていた。

In100523002h

午後12時50分、ルーキーのジェイ・ハワード(Sarah Fisher Racing)が平均時速223.824マイルをマーク。20分ほど前にアタックしていた佐藤琢磨(KV Racing Technology)が今年のバンプ・アウト第1号となった。前日にアクシデントを起こした佐藤は、初めて行った予選アタックで時速221.622マイルしか出せなかったのだ。

予選初日以上に気温と路面温度が上昇し、バンプデイはスピードを出すのが困難なコンディションとなった。こうなると誰もが考えるのは、気温や路面温度が少しでも下がる予選終了間際の午後6時直前にアタックを行うことだ。どこまでアタックのタイミングを待つのか判断が非常に難しい状況下、もう残り時間が30分を切ろうという午後5時20分過ぎ、トニー・カナーン(Andretti Autosport)がアタックし、どうにかグリッド獲得を果たせそうなスピードをマークした。佐藤は5時41分にコースイン。2度目のアタックで時速224.178マイルを記録し、31位で予選通過を果たした。

予選2日目にグリッドを獲得した中での最速は、ブルーノ・ジュンケイラ(FAZZT Race Team)の平均時速225.662マイル。逆に最も遅いスピードで予選を通過し、最後尾の33番グリッドからスタートすることとなったのはルーキーのセバスチャン・サーベドラ(Bryan Herta Autosport)で、彼の予選スピード時速223.634マイルだった。

決勝進出33台の平均スピードは時速224.974マイルで、史上最速だった2002年(時速228.648マイル)に次ぐ2番目のハイスピードとなった。そして、ポールポジションを獲得したエリオ・カストロネベス(Team Penske)と33番グリッドのサーベドラのタイム差3.0622秒は史上最少であった。

ルーキーは6人が予選を通過し、5人がエントリーしていた女性ドライバーは、インディ500での新記録となる4人が決勝へと駒を進めた。その中からブラジル出身のアナ・ベアトリス(Dreyer & Reinbold Racing)は、時速224.243マイルでルーキー最上位となる21番グリッド獲得となった。

出場ドライバーは国際色豊かで、アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、イギリス、ニュージーランド、日本、ベネズエラ、 南アフリカ、スイス、ベルギー、コロンビアの12カ国にも及んだ。

決勝レースは1週後の5月30日、メモリアル・デー・ウィークエンドの日曜日、午後1時11分にスタートが切られる。
コメント ブルーノ・ジュンケイラ(25番手)
「ギアボックスのトラブルがあり、十分に走り込まないうちに予選を行うことになった。昨年も予選前に14周ぐらいしかできなかったが、今年は6周だけで、本当に速いラップは2周だけだった。それでもこうして予選を通過できた。私のインディでの経験が大いに役立った。レースでも競争力を発揮できるものと楽しみにしている」

佐藤琢磨(31番手)In100523003h

「すごい一日になりました。ファンの皆さんには心配をおかけしましたが、インディ500の予選を通過し、決勝に出場できることになりました。予選初日に大きなアクシデントを起こしましたが、チームが一生懸命にマシンを直してくれ、今朝コースを走ってみるとマシンのフィーリングはすばらしいものになっていて、自分の身体にも何も問題がないことがわかりました。昼間に一度アタックを行い、一旦自分たちはバンプ・アウトされましたが、日中は気温が上がってスピードが出せないコンディションだったので、夕方まで次のアタックは待つことにしました。予選終了30分前からはチームも混乱気味になっていました。それでも4周のアタックを気持ちよく行え、グリッドを確保できたのでホッとしています。チームのクルーたちに本当に感謝しています」

トニー・カナーン(32番手)
「ずっと好天が続いていたのに突然ハリケーンが襲ってきた。我々の予選を何かに例えるなら、そんな感じだった。先週プラクティスを走っていた時は、ポールポジションは狙えなくともトップ9に食い込むことはできるだろうと考えていた。ところが予選初日にアクシデントを起こし、そこからは予選通過が目標に変わり、チームメートのマシンからパーツを借りてどうにか予選を通過した。こんなに厳しい予選になるなんて考えもしなかった。今日の暑さは我々の一日をさらに難しいものにしていた。決勝進出を決めることができ、感動している」

ロジャー・グリフィス|HPD レース・チーム・マネジャー
「とてもエキサイティングな予選2日目だった。本当にドラマチックだった。予選終了38分前にカナーンがまだグリッドを確保できていないことを誰が想像しただろう。Andretti Autosportは2回もマシンを組み上げ直し、なんとか決勝進出を果たした。その一方で、驚いたことにポール・トレイシー(KV Racing Technology)が予選落ちを喫した。気温が低いコンディションで速かったマシンが、今日さらに暑くなったことで完全にバランスが崩れてしまったようだ。佐藤は見事に初めてのインディ500出場を決めた。マシンを完ぺきに修復したチームの仕事ぶりがすばらしかった。佐藤はインディアナポリスというコースの難しさを予選までで深く理解したことだろう。予選を通過できなかった人たちも全力を出しきって戦っていた。彼らには来年またチャレンジをしてほしい。 2日間の予選はHondaにとってもすばらしく、そしてエキサイティングなものとなっている。Honda Indy V8エンジンは予選終了までの1週間以上の走行でひとつもトラブルを出していない。来る日曜日の決勝レースは、すさまじいバトルとなることだろう」

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

予選リザルト
順位 No. ドライバー チーム C/E/T 平均速度(mph)
1 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F 227.970
2 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F 227.578
3 10T ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F 226.990
4 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F 226.554
5 77 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team D/H/F 226.390
6 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F 226.233
7 30 グラハム・レイホール Rahal Letterman Racing D/H/F 225.519
8 20 エド・カーペンター Panther Racing D/H/F 224.507
9 06 武藤英紀 Newman/Haas Racing D/H/F 223.487
10 99 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports D/H/F 225.097
11 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 225.050
12 2 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing D/H/F 225.028
13 32 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F 224.888
14 21 デイビー・ハミルトン de Ferran Dragon Racing D/H/F 224.852
15 24 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 224.583
16 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F 224.575
17 37 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F 224.547
18 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F 224.464
19 8T E.J.ヴィソ KV Racing Technology D/H/F 224.380
20 23 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 224.261
21 25 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 224.243
22 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F 224.228
23 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosports D/H/F 224.217
24 36 ベルトラン・バゲット Conquest Racing D/H/F 224.189
25 33 ブルーノ・ジュンケイラ FAZZT Race Team D/H/F 225.662
26 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F 224.783
27 34 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing D/H/F 224.641
28 43 ジョン・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F 224.518
29 67 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing D/H/F 224.434
30 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F 224.388
31 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology D/H/F 224.178
32 11T トニー・カナーン Andretti Autosport D/H/F 224.072
33 29 セバスチャン・サーベドラ Bryan Herta Autosport D/H/F 223.634

|

« BF3:Rd.3マニクール 第2&第3レース結果 | トップページ | F2:Rd.3モンツァ 第2レース予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/48446288

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダモータースポーツリリース”予選2日目最速はブルーノ・ジュンケイラ、佐藤琢磨は31位で予選通過":

» F1(5509) 佐藤琢磨 インタビュー映像 [戀は糸しい糸しいと言う心]
      予選前のクラッシュ 決勝にへの意気込みを語る!       [続きを読む]

受信: 2010年5月27日 (木) 01時39分

» INDY500、佐藤琢磨は31位で予選通過! [Station-wagon<ステーションワゴン>]
INDY500、佐藤琢磨は31位で予選通過! INDY500の予選2日目、決勝に進出できるのは33台。バンプDAYとも呼ばれる2日目、最後の予選通過を巡って最高速度を競っていく。34番手以降のスピードしか出せない車とドライバーがはじき出されていく!前日の予選前のプラクティ...... [続きを読む]

受信: 2010年5月27日 (木) 23時42分

» [IRL]インディカー第六戦 インディ500(インディアナポリス) [きわめて一般的な日常]
さぁて、いよいよインディ500の開催日*1です。 オマケにF1のトルコGPも同じ日に催されます。 この両方をテレビの生中継で見ようとすると。 トルコGP20:50〜23:503時間 空き時間23:50〜01:001時間10分 インディ50001:00〜06:305時間半 レースが延びた時間も見越した上で余裕... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 06時12分

« BF3:Rd.3マニクール 第2&第3レース結果 | トップページ | F2:Rd.3モンツァ 第2レース予選結果 »