« ILMC:インターコンチネンタル・ルマンカップ、今年の最終戦は殊海で開催。2011年には富士でも開催 | トップページ | LM24:ルマン24時間予選結果、プジョーの1-4グリッドが決定 »

2010年6月11日 (金)

LM24:2011年ルマン・テストデーが復活、GT1クラスは消滅

(C)ACO 拡大します

6月10日フランス西部自動車クラブ(ACO)は、2011年のレギュレーション変更について発表した。これは2年前に発表された変更を補足するものである。

注目されるのは、2011年からルマン24時間ならびにルマンシリーズ(LMS)からGT1クラスが廃止されGT2クラスに統一されることで、ACOはその理由について、2010年にスタートしたFIA-GT1とLMSのカレンダーの重複と、ルマン24時間レース以外のレースでのGT1クラスのエントリーの少なさをあげている。

そしてGTクラスは2011年から2013年までGTマニュファクチャラーとの間で、GTエンデュランスシリーズとして再スタートすることで合意した。2011年からのGTエンデュランスシリーズについては、プロフェッショナルドライバーと、先に発表されたLMSシリーズのLMP2クラスでのアマチュアドライバーと、2つのシリーズに分けて行われる。

この他、環境に配慮して、二酸化炭素排出量と燃焼消費の削減を目標として、ハブリッドシステムやエネルギー回収システムについてより具体的に規定された。LMP1クラスのエンジンについては2年前の発表では排気量の縮小を規定していたが、経済情勢から現行のエンジンのパフォーマンスを調整して2011年も継続使用を認めた。現行のシャーシについては2010年12月31日をもってその開発は凍結される。

LMP2クラスについては、エンジン、シャーシとも新たにバジェットキャップが設けられ、GT2クラスをベースとしたエンジンは75,000ユーロ、シャーシは325,000ユーロ、合計400,000ユーロ(約4千4百万円)と規定された。

また、経済危機によって昨年から取りやめられたルマン・テストデーが2011年から復活することになった。テストデーは4月または5月に行われ、出場チームは6月11日と12日に開催される第79回ルマン24時間レースに備えることになる。

|

« ILMC:インターコンチネンタル・ルマンカップ、今年の最終戦は殊海で開催。2011年には富士でも開催 | トップページ | LM24:ルマン24時間予選結果、プジョーの1-4グリッドが決定 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:2011年ルマン・テストデーが復活、GT1クラスは消滅:

« ILMC:インターコンチネンタル・ルマンカップ、今年の最終戦は殊海で開催。2011年には富士でも開催 | トップページ | LM24:ルマン24時間予選結果、プジョーの1-4グリッドが決定 »