« GP2:ブリヂストン・モータースポーツリリース 第6戦ホッケンハイム | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース"2台の“トヨタ カムリ”がトップ10フィニッシュ” »

2010年7月26日 (月)

IRL:ホンダモータースポーツリリース”エリオ・カストロネベスがペナルティで優勝を逃し、スコット・ディクソンが今シーズン2勝目"

Honda_logo

エリオ・カストロネベスがペナルティで優勝を逃し
スコット・ディクソンが今シーズン2勝目
佐藤琢磨は9位、武藤英紀は17位

In100725001h

カナダ、アルバータ州エドモントンの空港を使って行われた2010年IZODインディカー・シリーズ第11戦は、快晴と過ごしやすい気温の中でのレースとなった。

ポールポジションからスタートしたポイントリーダーのウィル・パワー(Team Penske)は、悠々とトップを走り続けた。ところが、95周のレースが終盤に入ってからペースが下がり、78周目にエリオ・カストロネベス(Team Penske)にパスを許した。

In100725009h

予選2番手からチャンスをうかがっていたカストロネベスは、トップに躍り出るや今シーズン2勝目に向けてリードを広げていった。しかし、ゴールを目前にした90周目、コース上にストップしたマシンの影響で、フルコースコーションとなった。最後のリスタートは92周目に切られ、残り3周のバトルが始まった。このリスタート直後のターン1進入でパワーがカストロネベスにアタック。この時のカストロネベスの走行ラインがルールで禁止されているブロッキングと判定され、カストロネベスにはペナルティが言い渡された。

In100725002h

カストロネベスはピットレーンをドライブスルーするペナルティを消化しないままゴールし、優勝はスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)のものと宣言された。2位はパワー、3位はダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)。マシンを止めたカストロネベスはIRLのオフィシャルに猛烈に抗議したが、聞き入れられることはなかった。ペナルティを消化せずにフィニッシュした彼の成績はリードラップ最後尾の10位とされた。

In100725003h

In100725004h

ポイントランキング3位でエドモントンでの第11戦を迎えていたディクソンは、今季2勝目、キャリア23勝目を飾った。それはIRLインディカー・シリーズでの最多勝利の更新であると同時に、自らの30歳の誕生日を祝う勝利ともなった。

In100725005h

佐藤琢磨(KV Racing Technology)は、予選13番手から95周のレースを通してアグレッシブに走り続け、初のトップ10フィニッシュを果たした。9位はキャリアベストとなるゴールだったが、最後のリスタート後に追突される不運がなければ7位でゴールできていたはずだった。

In100725007h

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は予選11番手からのスタートだったが、マシンはハンドリングが安定せず、スピンを喫して18番手までポジションダウン。そこから追い上げようと奮闘したが、1つ順位を上げての17位でフィニッシュした。

コメント
スコット・ディクソン(優勝)

「競技長のブライアン・バーンハートは、どのレースでも我々にブロッキングに対する警告をしてきている。今日のカストロネベスのリスタート後の走りは、こうした事態を引き起こすと思った。我々にとって本当に厳しい週末となっていた。レースでもマシンのハンドリングはオーバーステアが強く、まさか勝てるなんて思ってもいなかった」

ウィル・パワー(2位)
「最後のリスタートではうまくスピードを乗せることができ、カストロネベスにアタックできた。それに対して彼はブロックしてきた。黒旗というペナルティは厳し過ぎるが、起こってしまったことは仕方がない。最後のリスタートでトップを走っていたら、誰もがリードを失いたくはないと考える。レースでは起こりがちなことだ」

ダリオ・フランキッティ(3位)
「最後のリスタートが勝敗を決した。カストロネベスはブロックしてペナルティを受け、ディクソンはいいダッシュをしたことでパワーをパスして優勝した。私もパワーをパスしようとアタックしたが、並びかけるところまではできたものの、抜ききることができず、3位でのゴールとなった。2人が表彰台に上ったのだから、チームとしてはすばらしい週末になったと思う」

佐藤琢磨(9位)In100725006h
「KV Racing Technologyにとって、本当にすばらしい一日になったと思います。エドモントンでのレースはサイドバイサイドの戦いとオーバーテイクに満ちていて、非常にエキサイティングでした。自分自身もレースを思いきり楽しむことができました。最後のスティントでは周回遅れに延々とブロックされました。そして、最後のリスタートの後にはトニー・カナーン(Andretti Autosport)に追突され、スピンしたために2つポジションを落とすことになりました。7位でゴールできていたレースですが、非常に多くの収穫があったので、9位という結果もよいものだと思います」

武藤英紀(17位)In100725008h
「ソフトタイヤでスタートしましたが、グリップがありませんでした。燃料を多く積むとマシンのバランスが崩れてしまう、今シーズンの悪い傾向が出ました。1回目のピットストップでハードタイヤを装着しましたが、内圧のバランスが悪かったらしく、リアのグリップが長いこと上がってきませんでした。スピンをしたのはその後です。最後のスティントもハードタイヤで走ったのですが、リアがグリップしないためにドライビングがとても難しくなっていました」

ロジャー・グリフィス|HPD テクニカル・ディレクター
「カストロネベスはすばらしいレースを戦っており、パワーからトップを奪った走りは見事だった。しかし、オフィシャルは最後のリスタート後の彼の走りをブロッキングと判定し、ペナルティを科した。勝利はパワーをパスしたディクソンのものとなり、パワーは2位、フランキッティが3位となった。今日のカストロネベスに対する判定は、これから長いこと人々の話題に上ることとなるだろう。カナダの熱心なレースファンは今年もインディカー・レースをサポートしてくれ、すばらしい快晴の下でスリリングなハイスピードバトルが展開された。カナダ出身のポール・トレイシー(KV Racing Technology)は6位でゴールし、母国のファンの喝采を浴びていた。彼を走らせたKV Racing Technologyは全員がトップ10でゴール。佐藤琢磨も9位という成績を残した。来年もまたエドモントンでレースが行われることを楽しみにしたい」

In100725010h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム/差

1 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F 01:50:37.0551
2 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +2.6688
3 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +3.2831
4 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +8.8652
5 37 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +11.1482
6 15 ポール・トレイシー KV Racing Technology D/H/F +11.9091
7 32 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +16.9015
8 8 E.J.ヴィソ KV Racing Technology D/H/F +18.2206
9 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology D/H/F +21.5880
10 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +62.6011
11 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +1Lap
12 11 トニー・カナーン Andretti Autosport D/H/F +12.2109
13 2 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing D/H/F +13.8617
14 36 ベルトラン・バゲット Conquest Racing D/H/F +15.0312
15 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +34.4189
16 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +2Laps
17 06 武藤英紀 Newman/Haas Racing D/H/F +10.8862
18 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +3Laps
19 24 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +5Laps
20 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +17.3356
21 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +7Laps
22 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +8Laps
23 77 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team D/H/F +43Laps
24 34 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing D/H/F +43Laps
25 18 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing D/H/F +91Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント

1 ウィル・パワー Team Penske 420
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 370
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 349
4 ライアン・ブリスコー Team Penske 324
5 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 316
6 エリオ・カストロネベス Team Penske 305
7 トニー・カナーン Andretti Autosport 291
8 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 252
9 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 244
10 ダン・ウェルドン Panther Racing 243
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 233
12 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 205
13 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing 203
14 マリオ・モラレス KV Racing Technology 203
15 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team 194
16 E.J.ヴィソ KV Racing Technology 193
17 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 170
18 武藤英紀 Newman/Haas Racing 167
19 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 155
20 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing 149
21 佐藤琢磨 KV Racing Technology 142
22 グラハム・レイホール Newman/Haas Racing 125
23 ベルトラン・バゲット Conquest Racing 119
24 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing 112
25 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 110
26 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing 63
27 ポール・トレイシー KV Racing Technology 61
28 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing 53
29 ジョン・アンドレッティ Andretti Autosport 35
30 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 33
31 エド・カーペンター Panther Racing 20
32 ジェイ・ハワード Sarah Fisher Racing 20
33 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Mtrspts 18
34 セバスチャン・サーベドラ Bryan Herta Autosport 15
35 アダム・キャロル Andretti Autosport 14
36 デイビー・ハミルトン de Ferran Dragon Racing 14
37 ブルーノ・ジュンケイラ FAZZT Race Team 13
38 A.J.フォイト4世 A.J. Foyt Racing 0

|

« GP2:ブリヂストン・モータースポーツリリース 第6戦ホッケンハイム | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース"2台の“トヨタ カムリ”がトップ10フィニッシュ” »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/48980480

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダモータースポーツリリース”エリオ・カストロネベスがペナルティで優勝を逃し、スコット・ディクソンが今シーズン2勝目":

» F1(5271) IRL:Rd.11 決勝 レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
           予選13位からスタートした佐藤琢磨、着実にポジションを上げ [続きを読む]

受信: 2010年7月26日 (月) 16時00分

» F1(5272) IRL:Rd.11 佐藤琢磨 決勝コメント [戀は糸しい糸しいと言う心]
佐藤琢磨コメント インタビュー動画 ロジャー安川による琢磨へのインタビュー [続きを読む]

受信: 2010年7月27日 (火) 01時44分

« GP2:ブリヂストン・モータースポーツリリース 第6戦ホッケンハイム | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース"2台の“トヨタ カムリ”がトップ10フィニッシュ” »