« IRL:Rd.10トロント・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | Superleague:Rd.6ゾルダー ・スケジュール/エントリーリスト »

2010年7月15日 (木)

IRL:2012年ニューシャーシはダララに決定、ボディワークは自由競争に

2012年IRL New Machine image (C)IRL Media 拡大します

7月14日、インディカーシリーズ(IRL)は、インディアナポリスで2012年からシリーズで使用されるニューシャーシ発表会を開催。ニューマシンのコンストラクターとしてダララと契約を結んだことを発表した。契約は2015年までとされている。
ただし、ボディワークについては、ダララのモノコックタブをベースとして、IRLの承認を受けた上で他のコンストラクターなどが開発したものを装着することも認められた。

これまでIRLの7名からなるICONIC査問委員会が検討してきたニューシャーシについては、ダララの他にローラ、スイフト、デルタウイング、BATの5つのコンストラクターが名乗りをあげていた。ダララが選ばれた理由については、これまでのシリーズへの実績とともに、インディアナポリスに新たにマシンの製造と開発拠点を建設することもその一因となっている。

(C)Dallara Automobili Spa.  拡大します

ダララの新ファクトリーは、インディアナポリス・モータースピードウェイとIRL本部から数百ヤードの至近距離に建設される。これはインディアナポリスの再開発計画にも含まれ、地域の新規雇用と経済効果への貢献が期待されている。ダララのニューシャーシはエンジンレスのローリングシャーシで349,000ドル、エンジンを含んだコンプリートカーで385,0000ドルとされており、これは現行シャーシから45%のコストダウンなっている。
さらに、発表会に出席したインディアナポリス州知事のミッチ・ダニエルズは、最初にチームに引き渡される28台のシャーシについては、州から150,000ドルのディスカウントを与えることを明らかにしている。

空力パッケージについてはキット当たり最高70,000ドルまでの制限で、ロード&ストリートとオーバル用に2つのパッケージを使用することができる。これらのキットはIRLのセーフティテストに合格し、すべてのチームが利用できるものでなければならない。ダララの空力パッケージは初年度のみ38,000ドルに設定され、翌年から70,000ドルに引き上げられる。また、マシンの重量は1,380ポンド(約626Kg)と、現行シャーシから185ポンド軽量化される。IRLではエンジンを含んだコンプリートカーを100万ドル未満でリース提供するとしている。

IZODインディカーシリーズCEOのランディ・バーナード:「われわれが2012年のニューマシンのためにドアを開けて、異なった外観のマシンがトラックで競争するという目的に合った結論が出てとても満足している。このマシンはシリーズへの参加者へ安全性、コンペティション、多様性と効率についてより多くのものをもたらしてくれる。ニューマシンはシリーズの相当な発展に貢献し、将来の自動車技術とシリーズとの関連性を強化する費用効果の高いパッケージである。その一方、オープンホイールレースにおける革新性という伝統を尊重するものだ」

 (C)IRL Media 拡大します

 (C)IRL Media  拡大します

|

« IRL:Rd.10トロント・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | Superleague:Rd.6ゾルダー ・スケジュール/エントリーリスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/48880666

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:2012年ニューシャーシはダララに決定、ボディワークは自由競争に:

» [IRL]2012年はダラーラ製シャーシに決定 [試行錯誤のすぱいらる]
IRLの2012年のマシン概要を発表しました。 シャーシはダラーラ製でチーム独自にエアロパッケージを導入できるようになるとのこと。 インディカー・シリーズの歴史が大きく変わる。 低コストパッケージの一部としてダラータの新しいシャシーを採用。 シャシーはワン... [続きを読む]

受信: 2010年7月15日 (木) 12時00分

« IRL:Rd.10トロント・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | Superleague:Rd.6ゾルダー ・スケジュール/エントリーリスト »