« FIA-GT1:ニッサンモータースポーツリリース”NISSAN GT-R、GT1世界選手権ポールリカール戦で2位入賞” | トップページ | NASCAR:Rd.19シカゴランド・スケジュール/エントリーリスト »

2010年7月 5日 (月)

IRL:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーがポイントリードを拡大する今季3勝目”

Honda_logo

July 4 2010, RACE
IZOD IndyCar Series Camping World Grand Prix at The Glen

In100705001h

会場:ワトキンス・グレン・インターナショナル
天候:晴れ
気温:30~31℃

ウィル・パワーがポイントリードを拡大する今季3勝目

2010年IZODインディカー・シリーズは第9戦を迎えた。今回のレースがちょうどシーズンの折り返し点となる。

In100705009h

7月4日はアメリカの建国記念日。インディカー・レースはアメリカでも屈指の伝統を誇るロードコース、ワトキンス・グレン・インターナショナルで開催された。今週末のニューヨーク州西部は清々しい好天に恵まれ、抜けるような青空の下で60周のレースにグリーン・フラッグが振り下ろされた。

In100705002h

ポールポジションからスタートしたウィル・パワー(Team Penske)は、予選と同じ速さをレースでも見せつけ、悠々とトップを走り続けた。

7周目にスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)がエリオ・カストロネベス(Team Penske)のリアタイヤに接触。ディクソンはフロントウィングを破損し、カストロネベスはタイヤがパンクし、ピットイン。大きく順位を落とした。

ディクソンとカストロネベスはピットタイミングをずらす作戦でレース前半にトップを走るシーンもあったが、彼らが給油のためにピットに向かうと、再びレースのリードはパワーの手に渡った。

In100705003h

レースが終盤に突入してから行われた2回目のピットストップで、パワーはチームメートのライアン・ブリスコー(Team Penske)に先行を許した。しかし、リスタート直後のバックストレッチで豪快にパス。ゴールが近づいてから2位へと浮上して追いすがって来たダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)を突き放し、そのフランキッティを抜いて2位へとカムバックして来たブリスコーに1秒2181の差をつけて今季3勝目を挙げた。In100705004h

In100705005h

予選14番手からスタートした武藤英紀(Newman/Haas Racing)は、燃料消費を抑えながらハイペースを保って戦い続け、12位でゴールした。マシンセッティングはまだまだ向上させるべき部分が多いが、厳しい状況下でこそ達成すべき完走を武藤はワトキンス・グレンで果たした。

In100705007h

佐藤琢磨(KV Racing Technology)はレース序盤にふたつポジションを落としたが、ディクソンとカストロネベスの後退があって4番手へと浮上。表彰台を目指した戦いが期待された。ところが、1回目のピットストップに時間がかかって6ポジションもダウン。コースのコンディションとマシンセッティングがマッチせず、中団に埋もれてからはスピードに乗った走りを見せることができず、15位でのゴールとなった。

次戦はカナダ、トロントでのストリートレースだ。13戦まではロードコース及びストリートなど仮設ロードサーキットでの戦いが5レース続けて行われる。

コメント
ウィル・パワー(優勝)

「ブリスコーをオーバーテイクできるチャンスはリスタートだけだと考えていた。私は今日のレースをぜひとも勝ちたいと考えていた。その気持ちが出たパスだった。今日のレースが終わり、私はポイントリードを広げたが、ライバルたちは本当に強力で油断はできない。この競争の激しさを僕は楽しんでいる。ワトキンス・グレンも本当に挑戦しがいがある楽しいコースで、このようなコースがもっとインディカー・シリーズに増えることを期待したい」

ライアン・ブリスコー(2位)
「マシンセッティングでダウンフォースをつけすぎて、バックストレートではパラシュートを開いて走っているみたいだった。しかし、そのダウンフォースのおかげで終盤にタイヤに負担をかけない走りができ、フランキッティをパスできた。今日はパワーが速かった。そして、僕らTeam Penskeは1-2フィニッシュを達成した」

ダリオ・フランキッティ(3位)
「ゴールに向けてパワーとの差を縮めていた。しかし、私はそのためにタイヤを酷使しすぎてしまった。そして、逆にブリスコーが後方から迫ってきた。彼を引き離そうとして私はミスを犯し、抜かれてしまった。あのミスは悔やまれるが、全力を出しきっての楽しいレースだった。今日、パワーは見事な勝利を飾った。タイヤのグリップの落ち始めてからも、彼はそれをうまく使って走っているように見えた」

武藤英紀(12位)In100705006h
「スタート時よりふたつ順位を上げてのゴールとなりました。12位という結果は満足のいくものではありませんが、完走できないレースが続いていたので、次以降のレースにつながるものにできたとは思います。今日のレースは燃費セーブが重要で、100%の速さで走ったラップはありませんでした。その点では歯がゆいレースでしたが、ライバルの後ろを走っている間に学んだこともありましたし、次のトロントに向けていいステップになったと思います」

佐藤琢磨(15位)In100705008h
「序盤は上位で戦うことができましたが、最初のピットストップで後れをとりました。レース中盤に装着したハード・コンパウンドのプライマリー・タイヤでスピードが乗らずに苦労しました。2回目のピットストップは無線での交信で誤解があって、そこでもポジションを大きく落としました。レース終盤にはソフト・コンパウンドのタイヤで順位をばん回しましたが、その前までに失ったものが大きすぎました。今回何が悪かったのかを研究し、次のレースにつなげます」

ロジャー・グリフィス(HPDレース・チーム・マネジャー)
「Team Penskeが初めての勝利をワトキンス・グレンで飾った。パワーがまたしてもめざましい速さを見せ、ブリスコーが2位。1-2フィニッシュは素晴らしい結果だ。フルコース・コーションが少ないレースは誰にとっても非常に難しいものだった。体力面でタフな戦いになっていたのはもちろんのこと、燃料のセーブも重要だった。今年からフューエル・ミクスチャー・ダイアルが排除されているため、ドライバーたちの中にはメインストレートが下り坂になった部分でアクセルを戻すなど、スピードダウンを最小限に抑えながら燃費を稼ぐ走りにトライしている者もあった。トップ3に続く4位はラファエル・マトス(de Ferran Dragon Racing)、5位はマリオ・モラエス(KV Racing Technology)、6位はダン・ウェルドン(Panther Racing)と、ワトキンス・グレンでの厳しい戦いの末にフレッシュな面々が上位でゴールしたことも喜ばしい」

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム/差

1 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F 01:40:27.4391
2 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +1.2181
3 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +2.6754
4 2 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing D/H/F +8.0208
5 32 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +9.3229
6 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +9.7523
7 37 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +10.5003
8 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +12.0546
9 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +12.9834
10 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +13.5635
11 8 E.J.ヴィソ KV Racing Technology D/H/F +18.7591
12 06 武藤英紀 Newman/Haas Racing D/H/F +20.2279
13 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +26.6965
14 24 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +27.7310
15 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology D/H/F +28.8774
16 27 アダム・キャロル Andretti Autosport D/H/F +29.3624
17 77 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team D/H/F +35.3753
18 36 ベルトラン・バゲット Conquest Racing D/H/F +36.5350
19 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +36.9869
20 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +38.2675
21 11 トニー・カナーン Andretti Autosport D/H/F +38.6700
22 34 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing D/H/F +1Lap
23 18 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing D/H/F +3Laps
24 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +22Laps
25 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +38Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ウィル・パワー Team Penske 327
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 295
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 287
4 ライアン・ブリスコー Team Penske 280
5 エリオ・カストロネベス Team Penske 273
6 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 251
7 トニー・カナーン Andretti Autosport 241
8 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 211
9 ダン・ウェルドン Panther Racing 211
10 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 201
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 190
12 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing 174
13 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 172
14 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team 169
15 マリオ・モラレス KV Racing Technology 161
16 E.J.ヴィソ KV Racing Technology 157
17 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 146
18 武藤英紀 Newman/Haas Racing 136
19 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing 125
20 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 121
21 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 110
22 佐藤琢磨 KV Racing Technology 110
23 グラハム・レイホール Rahal Letterman Racing 95
24 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing 92
25 ベルトラン・バゲット Conquest Racing 89
26 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing 53
27 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing 36
28 ジョン・アンドレッティ Andretti Autosport 35
29 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 33
30 エド・カーペンター Panther Racing 20
31 ジェイ・ハワード Sarah Fisher Racing 20
32 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 18
33 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing 16
34 セバスチャン・サーベドラ Bryan Herta Autosport 15
35 デイビー・ハミルトン de Ferran Dragon Racing 14
36 アダム・キャロル Andretti Autosport 14
37 ブルーノ・ジュンケイラ FAZZT Race Team 13
38 A.J.フォイト4世 A.J. Foyt Racing 0

In100705010h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

|

« FIA-GT1:ニッサンモータースポーツリリース”NISSAN GT-R、GT1世界選手権ポールリカール戦で2位入賞” | トップページ | NASCAR:Rd.19シカゴランド・スケジュール/エントリーリスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/48803685

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーがポイントリードを拡大する今季3勝目”:

» F1(5249) IRL:Rd.9 ロジャー安川 決勝レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
佐藤琢磨コメント、レース直後のムービーメッセージ [続きを読む]

受信: 2010年7月 6日 (火) 01時44分

« FIA-GT1:ニッサンモータースポーツリリース”NISSAN GT-R、GT1世界選手権ポールリカール戦で2位入賞” | トップページ | NASCAR:Rd.19シカゴランド・スケジュール/エントリーリスト »