« BF3:Rd.7スラクストン | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”マーコス・アンブローズが3位フィニッシュ” »

2010年8月 9日 (月)

IRL:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティが逆転で今シーズン2勝目"

Honda_logo_3

ダリオ・フランキッティが逆転で今シーズン2勝目
武藤英紀は18位、佐藤琢磨は一時2位を走行するもリタイア

In100808001h

2010年IZODインディカー・シリーズ第12戦Hondaインディ200がオハイオ州のミッドオハイオ・スポーツカー・コースで開催された。コーナーが多くテクニカルな全長2.258マイルのサーキットを85周して争われるレースだ。

In100808010h

午後3時過ぎのスタート直前、多くのファンが陣取ってカラフルに彩られたコース上空を、2012年にデリバリー開始予定の7人乗りジェット機「Hondaジェット」が飛行した。公の場でHondaジェットがデモフライトをするのは今回が初めてのことである。そして、27台のインディカーは熱心なファンが見守る中、バックストレッチでローリングスタートを切った。

In100808004h_3

ポイントリーダーのウィル・パワー(Team Penske)は、今シーズン6回目のポールポジションから見事な加速を見せてトップをキープした。しかし、25周目に行われたフルコースコーション中のピットストップ1回目、ダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)がクルーたちのすばやい作業によってパワーの前に出た。この直前にピットストップを済ませていたアレックス・タグリアーニ(FAZZT Race Team)が一時トップへ浮上したが、彼は2回目のピットストップを早めに行った影響で、ポジションを4位まで下げた。

In100808002h

タグリアーニがピットに向かったことでレースリーダーとなったフランキッティは、パワーの執拗なアタックを退け続けて、今シーズン2勝目、キャリア15勝目を記録した。パワーは最後までフランキッティに食い下がり、インディカーのロードレース史上3番目の僅差となる0.5234秒差の2位でゴールした。パワーは今回の2位入賞により、今シーズンのロードコース王者に決定。マリオ・アンドレッティ・トロフィの初代ウイナーとなった。

In100808003h_3

3位は予選6番手だったエリオ・カストロネベス(Team Penske)がつけ、今シーズン3回目のトップ3入りを達成。ランキングも6位から5位へと1つ上げることに成功した。予選14番手だったタグリアーニは、絶妙なピットタイミングで4位という好結果を手中に収めた。そして、ポイントランキング3位につけているスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)は5位、同4位につけるライアン・ブリスコー(Team Penske)が6位でのゴールとなった。

スイス人女性ルーキーのシモーナ・デ・シルベストロ(HVM Racing)は、これまでもロードコースですばらしい走りを見せてきていたが、ミッドオハイオでついに8位フィニッシュという見事な成績を記録した。予選で10番手に食い込んだ彼女は、レースを通して高いパフォーマンスを見せ続けた。

In100808005h

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は予選12番手から、序盤はそのポジションを守って12位を走り続けていた。しかし、1回目のピットストップでタイヤ交換に時間がかかり、17位まで後退。2回目のピットストップではクラッチトラブルでエンジンストールし、19位までさらに後退。ゴール前の2周で前方のマシンをパスし、18位でゴールした。

In100808007h

予選3番手に入り、決勝での活躍が期待されていた佐藤琢磨(KV Racing Technology)は、1回目のピットストップ直後にコースオフしてリタイアとなった。グリッド2列目から見事なスタートを見せた佐藤はフランキッティをパスして2位へと浮上。そのポジションはフランキッティに取り返されたが、序盤はパワー、フランキッティの2人を追う3位を走り続けて1回目のピットストップを迎えた。ここでKV Racing Technologyは給油に長い時間がかかり、佐藤のポジションを11位まで下げてしまった。

29周目にリスタートが切られた直後、佐藤はバックストレッチエンドの右コーナーでディクソンにアタックした。しかし、飛び込んだインサイドは路面が荒れていてグリップが低く、佐藤はコースアウトしてタイヤバリアに突っ込み、フロントウイングとサスペンションを破損。リタイアを余儀なくされた。

第11戦終了時点でポイント2位につけていたフランキッティが勝利したことにより、ポイントリーダーのパワーとの差は50点から41点に縮まった。ポイント3位にはディクソン、ポイント4位にはブリスコーがつけている。

コメント
ダリオ・フランキッティ(優勝)

「今日の勝負で鍵を握っていたのはピットストップだった。我々、Chip Ganassi Racingのクルーたちは、すばらしい速さで1回目のピット作業を完了させてくれ、私は2位から1位に躍り出た。マシンのハンドリングも最高で、ゴールまでトップを守り抜くことができた。Chip Ganassi Racingは私を含めたチーム全員が今年もチャンピオンになりたいと考えている。今後も我々は力を合わせ、持てる能力のすべてを発揮してパワーにプレッシャーをかけ続けていきたい」

ウィル・パワー(2位)
「マリオ・アンドレッティ・トロフィの初代ウイナーとなれたことは大きな名誉だ。これからは年間チャンピオンにもなれるよう全力を尽くす。我々はシーズンのスタートからそれを目標にがんばってきている。ピットストップでフランキッティの先行を許したのは、彼らのクルーがすばらしかったからだ。燃料補給を少なくしたのかとも考えたが、どうやらそうではなかったようだ。レース終盤のスピードでは私が勝っていたが、オーバーテイクを完成させるだけのスピード差はなかった。彼のミスを誘うためにプレッシャーをかけ続けたけれど、それは実現しなかった」

エリオ・カストロネベス(3位)
「序盤のマシンはアンダーステアが強く、ドライビングは大変だった。そこで燃費セーブに切り替えたのだが、前車とのタイム差が広がっていったのでペースを上げることに、再度作戦変更を行った。すると、私のマシンはハンドリングが見違えるようによくなっていた。その上、1回目のピットストップが我々は非常に速く、レースが再開されてからはチームメートのブリスコーをパスすることができた。目の前はチームメートでポイントリーダーのパワーだったから、無理なアタックができる状況ではなかった。今日は3位でのゴールで十分にハッピーだ」

武藤英紀(18位)In100808006h

「1回目のピットストップではタイヤ交換でミスがあり、2回目のピットストップではクラッチがなくなっていたためにエンジンストールをしてしまいました。第2戦セントピータースバーグのときとは症状の異なるクラッチトラブルでした。シーズン中盤に入ってからのロードレースでも問題は出ていなかったし、今週末もクラッチにトラブルの兆候は一切見られませんでした。それが突然決勝レースで出ていました。今日のマシンのハンドリングは上々で、ずっといいペースで走り続けることができていました。レースの内容は決して悪くなかったのに、ピットで順位を大きく落としたのは残念でした。次のレースが行われるインフィニオン・レースウェイは、昨年いい結果を出しているコースですから、今回以上の戦いができると思います」

佐藤琢磨(25位)In100808008h

「レースの序盤は3位を保ち、トップを走るパワーに引き離されることもなく、燃費セーブモードでもいいラップタイムで走り続けることができていました。しかし、1回目のピットストップで給油に時間がかかり、一気に11位まで順位が落ちてしまいました。それをコース上でばん回しなくてはならないと考えてリスタートを迎え、バックストレッチでディクソンのイン側へサイド・バイ・サイドまで並びかけたのですが、イン側の路面はグリップが低く、止まりきれずにコースアウトを喫してしまいました。本当に悔しい結果です。しかし、決勝スタートからトップコンテンダーと互角に走り、ラップタイムや燃費などの面でもいいレースを戦えました。多くの収穫を得られたレースなので、次のインフィニオン・レースウェイではまたトップグループのバトルに加わりたいと思います」

エリック・バークマン|HPD 社長
「ミッドオハイオ・スポーツカー・コースでのHondaインディ200は、ドライバーもファンも大好きなレースだ。今年も多くのファンがサーキットに集まり、好天の下でエキサイティングなレースを観戦していた。2010年シーズンも終盤に入っているが、フランキッティが優勝したことで、ポイントリーダーであるパワーとのポイント差が縮まった。今シーズンもタイトル争いは本当にし烈で、残る5レースでも激しい戦いが変わらずに続けられることだろう。Hondaは昨日、2012年以降のインディカー・シリーズに参戦を続けることを発表した。新しいエンジンレギュレーションに沿って、2.4リッターV6ツインターボエンジンを投入する。Hondaがインディカー・シリーズに引き続き出場できることを楽しみにしている」

In100808009h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム/差
1 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F 01:54:32.2568
2 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +0.5234
3 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +4.0883
4 77 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team D/H/F +5.6423
5 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +5.9150
6 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +6.5100
7 2 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing D/H/F +6.7518
8 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +10.1451
9 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +10.9555
10 37 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +13.2344
11 36 ベルトラン・バゲット Conquest Racing D/H/F +14.8260
12 32 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +16.0461
13 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +16.5570
14 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +19.3518
15 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +20.0782
16 24 J.R.ヒルデブランド Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +20.2169
17 11 トニー・カナーン Andretti Autosport D/H/F +25.4286
18 06 武藤英紀 Newman/Haas Racing D/H/F +26.5918
19 27 アダム・キャロル Andretti Autosport D/H/F +27.3302
20 02 グラハム・レイホール Newman/Haas Racing D/H/F +27.6341
21 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +28.2099
22 34 フランシスコ・ドラコン Conquest Racing D/H/F +3Laps
23 18 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing D/H/F +4Laps
24 66 ジェイ・ハワード Sarah Fisher Racing D/H/F +47Laps
25 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology D/H/F +57Laps
26 8 E.J.ヴィソ KV Racing Technology D/H/F +63Laps
27 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +63Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ウィル・パワー Team Penske 461
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 420
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 379
4 ライアン・ブリスコー Team Penske 352
5 エリオ・カストロネベス Team Penske 340
6 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 336
7 トニー・カナーン Andretti Autosport 304
8 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 266
9 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 262
10 ダン・ウェルドン Panther Racing 259
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 245
12 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing 229
13 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team 228
14 マリオ・モラレス KV Racing Technology 221
15 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 220
16 E.J.ヴィソ KV Racing Technology 203
17 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 187
18 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 179
19 武藤英紀 Newman/Haas Racing 179
20 佐藤琢磨 KV Racing Technology 152
21 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing 149
22 ベルトラン・バゲット Conquest Racing 138
23 グラハム・レイホール Newman/Haas Racing 137
24 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing 124
25 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 110
26 トーマス・シェクター Dreyer & Reinbold Racing 63
27 ポール・トレイシー KV Racing Technology 61
28 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing 53
29 ジョン・アンドレッティ Andretti Autosport 35
30 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 33
31 ジェイ・ハワード Sarah Fisher Racing 32
32 アダム・キャロル Andretti Autosport 26
33 エド・カーペンター Panther Racing 20
34 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 18
35 セバスチャン・サーベドラ Bryan Herta Autosport 15
36 デイビー・ハミルトン de Ferran Dragon Racing 14
37 J.R.ヒルデブランド Dreyer & Reinbold Racing 14
38 ブルーノ・ジュンケイラ FAZZT Race Team 13
39 フランシスコ・ドラコン Conquest Racing 12
40 A.J.フォイト4世 A.J. Foyt Racing 0

|

« BF3:Rd.7スラクストン | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”マーコス・アンブローズが3位フィニッシュ” »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/49103712

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティが逆転で今シーズン2勝目":

» F1(5286) IRL:Rd.12 決勝レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
ハイライト映像 [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 16時18分

» F1(5287) IRL:Rd.12 ロジャー安川決勝レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
佐藤琢磨コメント動画 [続きを読む]

受信: 2010年8月 9日 (月) 23時00分

» F1(5288) IRL:Rd.12 決勝 琢磨は、 [戀は糸しい糸しいと言う心]
最初の20周は楽しかったなぁ [続きを読む]

受信: 2010年8月10日 (火) 13時06分

« BF3:Rd.7スラクストン | トップページ | NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”マーコス・アンブローズが3位フィニッシュ” »