« Superleague:Rd.8アドリア・スケジュール | トップページ | IRL:トレーシー、ケンタッキーともてぎ戦に出場、スポンサーもMotegi Racing Wheels »

2010年9月 1日 (水)

DTM:最終戦ホッケンハイムのコースレイアウトを変更

Hockenheimring Baden-Wurttemberg (C)DTM/EF3 Media 拡大します

ドイツツーリングカー選手権(DTM)は、今年10月17日に開催される最終戦の舞台となるホッケンハイムのコースレイアウトを変更することを明らかにした。

変更されるのは4コーナーの鋭角ヘアピン部分で、新たに設けられる2つの右コーナーに替えられる。これにより4コーナーはスタンドから400mほど近くなり、現在のコース全長4.574Kmは20%短縮される。
この変更理由は、レースラップを増やして観客により多くのバトルを見せるためとされている。新しいコースレイアウトはドイツモータースポーツ連盟(DMSB)の承認を受ける必要がある。

ホッケンハイムでの最終戦は、いつもどおりポルシェ・カレラカップやフォルクスワーゲン・シロッコRカップなどのサポートレースも併催され、シーズンフォーナーレを飾る花火大会も行われる。主催者はこのイベントのチケットをすべて20%割り引くことも発表している。

ホッケンハイム・リンクは、かつての森の中を抜ける2本のストレートを持つロングコースから、2002年に現在のショートコースに生まれ変わっている。

|

« Superleague:Rd.8アドリア・スケジュール | トップページ | IRL:トレーシー、ケンタッキーともてぎ戦に出場、スポンサーもMotegi Racing Wheels »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:最終戦ホッケンハイムのコースレイアウトを変更:

« Superleague:Rd.8アドリア・スケジュール | トップページ | IRL:トレーシー、ケンタッキーともてぎ戦に出場、スポンサーもMotegi Racing Wheels »