« LMS:ニスモ・モータースポーツニュースラッシュ”NISMO LMP2用エンジン発売” | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、DTMチャンピオン獲得の可能性を残す” »

2010年9月22日 (水)

GP2:2011-2013年のエントリーチームを発表

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

9月21日、GP2シリーズは2011年から2013年のシリーズへのエントリーチームを発表。
今シーズンから1チーム増えて全13チームのエントリーとなった。

新たにイギリスのカーリン・モータースポーツと、マレーシアのチーム・エア・アジアが加わった一方、2005年のシリーズ開始から参戦していたDPRは今シーズン限りで姿を消すこととなった。

カーリン・モータースポーツは、佐藤琢磨もイギリスF3でチャンピオンを獲得したことのある名門チームで、今シーズンはGP2の下位シリーズであるGP3へと参戦してチーム5位の成績を残している。
チーム・エア・アジアは、マレーシアの実業家トニー・フェルナンデス氏が会長を務めるエア・アジアがスポンサーとなっており、フェルナンデス氏は今年からロータスF1チームの代表にもなっている。GP2シリーズ主催者ののブルーノ・ミッシェルは、フェルナンデス氏のF1との関わりがGP2シリーズとの橋渡しとなることを期待してチームを選択したとしている。

また、今年4年目となるGP2アジアシリーズについては、全3戦で3月11日からのバーレーンGPが最終戦となる。今回リストアップされた13チームはアジアシリーズにも参戦する予定になってる。GP2シリーズは、パストール・マルドナドのチャンピオンは決定したが、11月13日からのアブダビGPの最終戦にチームタイトル争いがかかっている。先日モンツアで発表されたニューマシンは来年1月後半にデビューし、テストとアジアシリーズでも使用される予定になっている。2011年のGP2シリーズは5月のトルコGPで開幕する。

■2011-2013年GP2エントリーチーム

Team Nat
Arden International NED
ART Grand Prix FRA
Barwa Addax Team ESP
Carlin GBR
Dams FRA
iSport International GBR
Ocean Racing Technology POR
Racing Engineering ESP
Rapax ITA
Scuderia Coloni ITA
Super Nova Racing GBR
Team Air Asia MAS
Trident Racing ITA
*in alphabetical order
The following teams entered 2011 GP2 Series and GP2 Asia Series*

|

« LMS:ニスモ・モータースポーツニュースラッシュ”NISMO LMP2用エンジン発売” | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、DTMチャンピオン獲得の可能性を残す” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:2011-2013年のエントリーチームを発表:

« LMS:ニスモ・モータースポーツニュースラッシュ”NISMO LMP2用エンジン発売” | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、DTMチャンピオン獲得の可能性を残す” »