« WTCC:シボレー 2011年度のラインアップを決定 | トップページ | WTCC:ボルボ WTCCに参戦 »

2010年9月30日 (木)

NASCAR:RCRのNASCAR委員会への控訴は却下、チームは上級審へ控訴の構え

クリント・ボウヤ (C)nascarmedia 拡大します

9月29日、NASCAR委員会は、スプリントカップ第27戦ニューハンプシャーのレース後のペナルティに対してリチャード・チルドレス・レーシング(RCR)から出されていた控訴について、それを却下する裁定を下した。

RCRのNo.33クリント・ボウヤはニューハンプシャーで優勝したが、レース後に行われたNASCAR研究センターでのマシン検査により、リアボディの後端がNASCARの車両規定より高かったとしてペナルティを受けていた。
RCRの主張によれば、ボウヤのマシンはレース後のバーンアウトで燃料が尽きてレッカー車に押されてビクトリーレーンへと向かったが、その際の衝撃でリアボディが変形したものだとしていた。
NASCAR委員会はRCR側が提出した事故の再現スペシャリストによるレポートを取り上げることはなかったとされている。

これにより、ボウヤとリチャード・チルドレスにはそれぞれドライバーとオーナーポイントを150ポイント減算。クルーチーフのシェーン・ウィルソンには150,000ドルの罰金と10月3日のカンザスシティから6戦の出場停止、クルー・メンバーのチャド・ヘイニーも同様の出場停止処分を受けた。この出場停止処分には今年12月31日までの執行猶予がついている。

チーム側はこの処分を不服としてさらに上級審へ控訴する構えを見せている。

|

« WTCC:シボレー 2011年度のラインアップを決定 | トップページ | WTCC:ボルボ WTCCに参戦 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:RCRのNASCAR委員会への控訴は却下、チームは上級審へ控訴の構え:

« WTCC:シボレー 2011年度のラインアップを決定 | トップページ | WTCC:ボルボ WTCCに参戦 »