« WTCC:Rd.9バレンシア レース結果 | トップページ | WSR:Rd.8シルバーストーン 第1レース結果 »

2010年9月20日 (月)

IRL:ホンダモータースポーツリリース”エリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウインで今季3勝目"

Honda_logo

エリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウインで今季3勝目
佐藤琢磨は12位、武藤英紀は14位、ロジャー安川は20位

In100919001h

アメリカンスタイルの本格的オーバルレーシングコース、栃木県のツインリンクもてぎでのIZODインディカー・シリーズ第16戦インディ・ジャパン300マイルは、5万3000人の大観衆を集めて開催された。スポーツとエコを両立させたHondaの新感覚ハイブリッドカー、CR-Zの先導によって25台のインディカーは午後1時過ぎにコースイン。秋晴れの下で300マイルのレースのスタートが切られた。

スタートからトップ争いを演じたのは、ポールポジションからスタートしたエリオ・カストロネベス(Team Penske)、予選2番手のライアン・ブリスコー(Team Penske)、そして、予選4番手のダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)だった。

その中からカストロネベスが抜け出し、最後までライバル勢を圧倒する速さを見せつけて逃げきり、今シーズン3勝目を飾った。世界最大のレースであるインディ500で3勝を挙げているブラジル人ドライバーは完ぺきなレース運びを見せ、チームは4回行ったピットストップを迅速かつミスなくこなして勝利を確定させた。ドライビングが非常に難しいコースとして定評のあるツインリンクもてぎだが、カストロネベスはエンジニアとともにマシンを完ぺきに作り上げた。彼は200周のレースで153周をリードし、フランキッティに4.5746秒という大差をつけ、ガッツポーズとともにチェッカーフラッグを受けた。そして、クールダウンラップを終えた後、カストロネベスはマシンを降りると喜びを爆発させ、トレードマークとなっているフェンス登りを行った。彼が日本のファンにこのパフォーマンスを見せるのは2006年に続いて2回目。彼は今日の勝利によってポイントランキングを4位から3位へ浮上させた。

レース終盤には、フランキッティとウィル・パワー(Team Penske)によるすさまじい2位争いが行われ、集まったファンを熱狂させた。シリーズポイントで2位につけるフランキッティとポイントリーダーのパワーによるバトルは、そのままチャンピオン争いにつながるため、緊迫感に満ちあふれたものとなった。周回遅れをパスしながらの戦いの中で、パワーはオーバーテイクのチャンスを何度かつかみかけたが、結果的には順位を上げることはできなかった。それでも、オーバルレースでの3位はパワーにとって自己ベストとなる結果である。フランキッティは最低限達成したいと考えていた目標、パワーより上位でのフィニッシュをなんとか達成。パワーより1つ前の2位でゴールしたことにより、両者のポイント差は17点から12点へと縮まった。残すはフロリダ州ホームステッドでの最終戦のみ。彼ら2人による激しいチャンピオン争いが行われる。

予選10位で5列目アウト側グリッドからスタートした佐藤琢磨(KV Racing Technology)は、初めての日本でのインディカー・レースを粘り強く戦い抜いた。予選前にアクシデントを起こしていたことや、第15戦ケンタッキーで1周目にリタイアしていたこともあって、佐藤のスタートは慎重なものとなっていた。そのためにいくつかポジションを落としたが、失ったポジションをコース上でのバトルでばん回した。その後、ピットストップで順位を下げるシーンもあったが、アグレッシブな走りを続け、オーバーテイクを重ねて、オーバルレースでの自己ベストとなる12位でのゴールを果たした。

武藤英紀(Newman/Haas Racing)は予選17番手から発進。68周目に出されたフルコースコーションでピットインしない作戦に出て、17位から2位へとポジションを上げた。上位グループでの武藤はハイペースで走り続け、トップ5をキープしたが、ピットストップのタイミングをずらす作戦が功を奏することはなく、再び17位前後へ後退。それでも、レースを通じてマシンのハンドリングを向上させた武藤は、最後のピットストップ後の50周で3台をパスして14位でゴールした。

スポット参戦のロジャー安川(Conquest Racing)は、予選21位から、完走とトップ10でのフィニッシュを目指してスタートした。マシンのハンドリングが完ぺきではなく、また、ピットストップで給油のトラブルが発生するなど、思うような戦いでポジションを上げることはできなかった。しかし、昨年のレースで成し遂げられなかった完走を果たし、20位でチェッカーフラッグを受けた。

コメント
エリオ・カストロネベス(優勝)
「今日、我々はすばらしいパフォーマンスで優勝を飾ることができた。Team Penskeのマシンは本当に速かった。チームクルーたちが最高のマシンを作ってくれ、エンジニアが完ぺきなセッティングを施してくれ、レース中にセッティングを調整する必要がまったくなかった。ピットストップもすべてがファンタスティックだった」

ダリオ・フランキッティ(2位)
「ツインリンクもてぎでのレースは毎年おもしろい展開になる。特にスタート、リスタートでスリリングな戦いが展開される。残念ながらカストロネベスが速く、我々は2位でゴールとなった。今年始まったオーバルでのチャンピオンシップで初めての王者となり、AJフォイト・トロフィーを獲得できたことは、我々とチーム、両方にとって大きな誇りだ。マイアミでの最終戦、我々は逆転チャンピオン獲得に向け、全力で戦う」

ウィル・パワー(3位)
「今日はカストロネベスが断然速く、レース中にほとんど彼のマシンを視界に捕らえることができなかった。ツインリンクもてぎでのレースで、私は大きな意義のある経験を重ねることができた。トラフィックの中でのドライビングというものが分かった気がする。だからこそ、オーバルで初めて表彰台に上ることができたと思う。最終戦、私は勝ちにいく。私が勝たなければフランキッティが勝つだろうからね」

佐藤琢磨(12位)
「慎重にスタートした結果、いくつかポジションを落としました。しかし、今日はコース上でオーバーテイクをとても多く達成し、レースを楽しむことができました。メインストレートに戻ってくるたびにファンのみんなからの応援を感じて、もっと前へ! という気持ちで走っていました。結果は12位と、トップ10フィニッシュができなかったのは残念ですが、今週の始まり方を思い起こせば、とてもすばらしい週末にできたと思います。今シーズンは苦戦が続いていて、まともな状態でチェッカーフラッグを受けることのできたレースが少ないのですが、それらのレースを通して学んできた多くのことを、今日のレースではフルに発揮できたと思います。ツインリンクもてぎのレースは本当に難しい。オーバルの戦いでありながら、ロードコース的な戦い方も必要とされます。今回また多くのいい経験を積めたので、それを生かして最終戦でいい結果を手にしたいと思います」

武藤英紀(14位)
「序盤はマシンのハンドリングがよくなかったのですが、コクピットの中でできる調整を繰り返し、ピットストップでのセッティング変更も行って、マシンは徐々に、着実によくなっていきました。ギャンブル的な作戦で2番手に上がりました。トップ5での戦いでは自分たちのペースも十分に速く、その後の展開次第では上位に残り続けることができると思っていたのですが、イエローフラッグの出るタイミングが我々の望み通りとはならず、順位をまた下げてしまいました。それでも、最後のスティントでオーバーテイクを重ね、攻めの走りを見せることができました。ファンからの応援を感じ、それに応えたいと思って走っていました。14位という結果には満足していませんが、最終的にマシンはとてもいいハンドリングとなっていたので、この勢いを保って最終戦マイアミでいい結果を出したいと思います」

ロジャー安川(20位)
「慎重にスタートを切り、クルマがいいことを確認しました。その後、ターン3、4でのアンダーステアが出始め、単独走行では問題はありませんでしたが、トラフィックの中では苦しい走りになっていました。そのマシンバランスを直そうとピットストップでセッティング変更を重ねると、今度はターン1、2でオーバーステアが出るようになり、ペースを上げることができませんでした。完走を目指したレースで、その目標は達成できましたが、スポット参戦でしたので、我々の考えている通りにマシンを仕上げることはできず、悔しいレースとなりました。インディカー・シリーズの競争は年々激しさを増しています。いい結果を出すためにも、来年はインディ500に出場し、再びインディジャパンにも出場したいと思います」

エリック・バークマン|HPD社長
「インディジャパンには衝撃的といっていいほど多くのファンが詰め掛けてくれた。情熱的な日本のファンの前で、すばらしいレースが繰り広げられた。いくつかのアクシデントはあったが、グリーンフラッグの状態が長く続いた時もあり、ハイスピードでのダイナミックなバトルが続いた。カストロネベスの速さは驚くべきもので、フランキッティは優勝こそできなかったが、安定感あふれる走りで2位フィニッシュを飾った。彼はパワーの1つ前の2位でゴールしてポイント差を少しだけ縮めることに成功し、やるべき仕事をやり遂げたと思う。今年もチャンピオン争いは最終戦までもつれ込むことになった。パワーがフランキッティを12点リードしており、どちらのドライバーにもチャンピオンになるチャンスはあるが、状況はパワーが有利だと思う」

(他の画像は後ほど掲載します)

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム/差
1 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F 02:04:04.4780
2 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +4.5746
3 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +5.0743
4 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +6.4825
5 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +7.6057
6 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +8.3641
7 11 トニー・カナーン Andretti Autosport D/H/F +9.4093
8 02 グラハム・レイホール Newman/Haas Racing D/H/F +11.7163
9 37 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +12.2125
10 4 ダン・ウェルドン Panther Racing D/H/F +12.4720
11 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +15.5007
12 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology D/H/F +16.0693
13 77 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team D/H/F +17.6774
14 06 武藤英紀 Newman/Haas Racing D/H/F +18.2811
15 8 E.J.ヴィソ KV Racing Technology D/H/F +18.7349
16 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +19.4293
17 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +20.1047
18 2 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing D/H/F +21.2346
19 18 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing D/H/F +3Laps
20 36 ロジャー安川 Conquest Racing D/H/F +5Laps
21 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +69Laps
22 24 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +86Laps
23 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +115Laps
24 32 マリオ・モラレス KV Racing Technology D/H/F +134Laps
25 34 ベルトラン・バゲット Conquest Racing D/H/F +199Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ウィル・パワー Team Penske 587
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 575
3 エリオ・カストロネベス Team Penske 501
4 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 497
5 ライアン・ブリスコー Team Penske 450
6 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 426
7 トニー・カナーン Andretti Autosport 418
8 ダン・ウェルドン Panther Racing 366
9 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 366
10 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 349
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 327
12 アレックス・タグリアーニ FAZZT Race Team 286
13 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 282
14 ラファエル・マトス de Ferran Dragon Racing 277
15 マリオ・モラレス KV Racing Technology 277
16 E.J.ヴィソ KV Racing Technology 250
17 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 248
18 武藤英紀 Newman/Haas Racing 238
19 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 230
20 グラハム・レイホール Newman/Haas Racing 215
21 佐藤琢磨 KV Racing Technology 202
22 ベルトラン・バゲット Conquest Racing 198
23 ミルカ・デュノー Dale Coyne Racing 172
24 マリオ・ロマンチーニ Conquest Racing 149
25 マイク・コンウェイ Dreyer & Reinbold Racing 110
26 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing 91
27 トーマス・シェクター Conquest Racing 89
28 サラ・フィッシャー Sarah Fisher Racing 80
29 エド・カーペンター Panther Racing 73
30 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 45
31 ジェイ・ハワード Sarah Fisher Racing 44
32 ジョン・アンドレッティ Andretti Autosport 35
33 デイビー・ハミルトン de Ferran Dragon Racing 26
34 J.R.ヒルデブランド Dreyer & Reinbold Racing 26
35 アダム・キャロル Andretti Autosport 26
36 フランシスコ・ドラコン Conquest Racing 24
37 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 18
38 セバスチャン・サーベドラ Bryan Herta Autosport 15
39 ブルーノ・ジュンケイラ FAZZT Race Team 13
40 ロジャー安川 Conquest Racing 12
41 A.J.フォイト4世 A.J. Foyt Racing 0

|

« WTCC:Rd.9バレンシア レース結果 | トップページ | WSR:Rd.8シルバーストーン 第1レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/49502705

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:ホンダモータースポーツリリース”エリオ・カストロネベスがポール・トゥ・ウインで今季3勝目":

» F1(5364) インディ・ジャパン 決勝レポート&リザルト [戀は糸しい糸しいと言う心]
決勝ハイライト映像 [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 10時33分

» F1(5365) インディ・ジャパン 佐藤琢磨インタビュー! [戀は糸しい糸しいと言う心]
決勝後の佐藤琢磨インタビュー動画 [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 13時37分

» インディ・ジャパン [1stRow_F1]
第14戦では上位争いをしていながらアクシデントによりリタイア、第15戦でも僅か1周でリタイアと不本意な結果となってしまっ [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 22時45分

» F1(5366) ロジャー安川によるインディ・ジャパン決勝レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
ロジャー安川による佐藤琢磨などのインタビュー動画 [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 02時12分

» F1(5367) TCM 2010開催決定のお知らせ! [戀は糸しい糸しいと言う心]
          毎年恒例の佐藤琢磨ファンイベント 「Takuma Club [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 01時14分

» F1(5368) 佐藤琢磨のヘレステスト “トロロッソSTR3” [戀は糸しい糸しいと言う心]
佐藤琢磨の“トロロッソTSR3”10月中旬からショッピングモールで発売を予定 [続きを読む]

受信: 2010年9月26日 (日) 01時22分

« WTCC:Rd.9バレンシア レース結果 | トップページ | WSR:Rd.8シルバーストーン 第1レース結果 »