« Auto GP:Rd.6モンツァ 第1レース結果 | トップページ | IRL:Rd.17(最終戦)ホームステッド レース結果 »

2010年10月 3日 (日)

IRL:Rd.17(最終戦)ホームステッド速報 ディクソン優勝、フランキッティ逆転で2年連続チャンピオン!

ダリオ・フランキッティ (C)IRL Media  拡大します

インディカーシリーズ最終戦ホームステッド決勝レースは、スコット・ディクソン(チップガナッシ)が優勝。ポイントリーダーのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がリタイヤに終わり、8位でゴールしたダリオ・フランキッティ(チップガナッシ)が逆転し2年連続のチャンピオンを獲得した。

レースはポールスタートのフランキッティとスコット・ディクソン(チップガナッシ)がリード、レース中盤ではフランキッティとトニー・カナーン(アンドレッティAS)がトップ争いを展開。パワーはスコット・ディクソン(チップガナッシ)の後の4番手と、フランキッティにとっては絶好の状況となった。

レースも140ラップを過ぎた頃、パワーがウォールにヒット。ダメージは軽いと思われたが、右リアサスペンションのアッパーアームが破損しており、ピットで修理を試みるが結局143ラップでリタイヤとなった。フランキッティはコーション後のリスタートでディクソンを前に出し、マイケル・アンドレッティやトニー・カナーンなども先行させて順位を下げる。

170ラップ過ぎにミルカ・デュノがフランキッティの直前でスピン、クラッシュ。危うくフランキッティも巻き込まれるというシーンもあった。その後、ディクソンはリードを広げるが、その後方ではカナーンとダニカ・パトリックのチームメイト同士が激しい2位争いを展開。そしてラストラップ、カナーンのインに入ったダニカが2位に上がる。レースはそのままディソンが優勝、2位ダニカ、3位カナーン、4位ライアン・ブリスコ、5位エリオ・カストロネペスとなった。

フランキッティは着実に8位でゴール、パワーとの差は5ポイントだった。佐藤 琢磨は1ラップダウンの18位、武藤 英紀は2ラップダウンながら20位までポジションをあげてゴールとなった。

|

« Auto GP:Rd.6モンツァ 第1レース結果 | トップページ | IRL:Rd.17(最終戦)ホームステッド レース結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/49634423

この記事へのトラックバック一覧です: IRL:Rd.17(最終戦)ホームステッド速報 ディクソン優勝、フランキッティ逆転で2年連続チャンピオン!:

» F1(5378) IRL:Rd.17 マイアミ 決勝 [戀は糸しい糸しいと言う心]
                佐藤琢磨 18位!           [続きを読む]

受信: 2010年10月 3日 (日) 10時10分

« Auto GP:Rd.6モンツァ 第1レース結果 | トップページ | IRL:Rd.17(最終戦)ホームステッド レース結果 »