« ALMS:2010年ALMS最終戦MAZDA_MZR-Rクラストップで予選を通過するも決勝でリタイヤ | トップページ | BTCC:ホンダ、2011年からワークスエントリー »

2010年10月 9日 (土)

Superleague:Rd.11北京 路面コンディション不良によりプラクティス2回目は中止

クレイグ・ドルビー (C)Superleague Formula Media 拡大します

コースレイアウトがFIA規則にパスせずノンタイトル扱いとなった北京市街地でのスーパーリーグ・フォーミュラ第11戦は、1回目のフリー走行は行われたものの、路面コンディション不良により2回目のフリー走行は中止となった。

レースディレクターのバーナード・コットレルによれば、ターン8からターン13の区間で、ターン10以外のコーナーの縁石がしっかり固定されていない状態であることが確認された。そのため午後4時から開始される予定のフリー走行2回目は30分ディレイとなった後、中止が決定した。

フリー走行1回目では、Tottenham Hotspurのクレイグ・ドルビーがトップタイムを記録している。

■フリー走行1回目結果

Pos Driver Team Time Gap
1 Craig Dolby Tottenham Hotspur 1:08.341
2 Frederic Vervisch Liverpool FC 1:08.519 0.178
3 Franck Perera Girondins de Bordeaux 1:08.691 0.350
4 Julien Jousse AS Roma 1:08.774 0.433
5 Robert Doornbos Corinthians 1:08.792 0.451
6 Yelmer Buurman AC Milan 1:09.008 0.667
7 Ben Hanley Olympiacos 1:09.084 0.743
8 Adrian Valles Sporting Clube de Portugal 1:09.100 0.759
9 Andy Soucek Flamengo 1:09.200 0.859
10 Max Wissel FC Basel 1:09.209 0.868
11 Earl Bamber PSV Eindhoven 1:09.917 1.576
12 Marcos Martinez Sevilla FC 1:09.964 1.623
13 Giacomo Ricci Galatasaray 1:10.232 1.891
14 Davide Rigon RSC Anderlecht 1:10.573 2.232
15 Paul Meijer Atletico de Madrid 1:11.796 3.455
16 Ma Qing Ha Team China 1:17.508 9.167
17 John Martin Beijing Gouan

|

« ALMS:2010年ALMS最終戦MAZDA_MZR-Rクラストップで予選を通過するも決勝でリタイヤ | トップページ | BTCC:ホンダ、2011年からワークスエントリー »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Superleague:Rd.11北京 路面コンディション不良によりプラクティス2回目は中止:

« ALMS:2010年ALMS最終戦MAZDA_MZR-Rクラストップで予選を通過するも決勝でリタイヤ | トップページ | BTCC:ホンダ、2011年からワークスエントリー »