« ILMC:2011年インターコンチネンタル・ルマンカップ・カレンダー | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、上海のレースファンを魅了” »

2010年12月 1日 (水)

FIA-GT1:スイスレーシングチーム・プレスリリース 第9戦 ブラジル インテルラゴスサーキット

Swiss

FIA GT1世界選手権
第9戦 ブラジル インテルラゴスサーキット
11月26日~28日開催。

 

L_img_7610

(C)Swiss Racing Team

 FIA GT1世界選手権の第8戦は、南半球の南米ブラジルで真夏のような暑さの中で開催されました。 ヨーロッパ以外のレースは、3月に開催された第1戦のアブダビ以来となります。 
#3 ヴェンドリンガー/モザー、#4 荒/ニルソンの4名のスイスレーシングチームのドライバー達は、南米での最終2戦になんとしてでもポイントを獲得しようと挑みました。 
 前戦のスペインで、FIAのバランス オブ パフォーマンス テストで性能調整が行われ、スモウパワーとスイスレーシングチームの全4台のGT-Rの車重が10kg減らされ、リストリクターが0.2mm拡大する事が可能になりました。しかし、これらの『特典』は、残念ながらシーズン終了間際には、特に多くの利点をもたらすものではありませんでした。
 
 レースウィーク中は、快晴でドライコンディションに恵まれました。
金曜日に開催された予選では、#3のヴェンドリンガーがQ2 へ進出し、それを受けたモザーは13位で、Q3への進出は叶いませんでした。前方を走るマセラティにブロックされていましたが、それらがなければ、恐らくよりよいポジションを獲得出来たことでしょう。#4の荒は、Q2 へ進出する事が出来ず、予選レースのスタートポジションは21位となりました。
 予選レースでスタートを担った#3のモザーは、スタートセッションでいくつかのポジションを落としましたが、ドライバー交代時には14位までポジションを回復し、ヴェンドリンガーへステアリングを託しました。そのヴェンドリンガーは、#22のスモウパワーのGT-Rへ付け、懸命に追い上げましたが高温多湿なブラジルではタイヤの消耗が激しく、グリップが殆ど効かず順位を17位まで落としてしまいました。一方で、#4のニルソンから引き継いだ荒は、アグレシブなオーバーテイクを繰り返し13位まで追い上げて予選レースを終了。

L_img_7802

(C)Swiss Racing Team

 決勝レースのスタートポジションは、前日に行われた予選レースの結果により、#3が17位、#4が13位。激しいスタートを切り抜けた荒は、前方を走る#24のランボルギーニをギリギリまで追い上げて、激しいバトルを繰り広げてピットストップ間近でついに追い抜く事が出来ました。しかし、ピットロードに入る際のブレーキングのタイミングが遅れてドライブスルー・ペナルティを受けてしまいました。荒と交代後のニルソンが、ドライブスルーをこなしましたが、その間に多くのポジションを失い、残念ながら16位で決勝レースを終了。#3のヴェンドリンガーも、スタートでは慎重さを重要視し、ポジションを落とす事になってしまいました。予選レースと同様に#22のスモウパワーのGT-Rの後ろへ付けていましたが、ブロックし続けられていた為に予定よりも早目のピットインを行ってモザーと交代。その後、モザーは懸命にアタックし、21位から15位までポジションを上げる事に成功しましたが、最終ラップで車体左前方から煙が上がりコース上でストップする羽目になってしまいました。

オットマー・ヴェルティ監督のコメント:
スイスレーシングチームの4名のドライバーは、このインテルラゴスではセットアップの変更に順応し、よく頑張ったと思います。50℃近くに上がったトラック温度で、タイヤはすぐにグリップダウンし、すぐにコンマ以下数秒を落としてしまいました。スプリントレースでは、その僅かな秒数はすぐに多くのポジションを落としてしまう事を意味します。2台のスイスレーシングのGT-Rのコンディションは良い方向へと向かっている事は事実ですが、まだその先へ進む決定的な瞬間へは到達出来ていない状態です。しかし、今回のインテルラゴスでは激しいレースを戦った後も破損が全くありませんでしたので、これは非常にポジティブな点ではないかと思います。

エーリッヒ・コルプチームマネージャーのコメント:
 性能調整があったにも関わらず、先頭グループに入り戦うところを皆さんにお見せ出来ずに非常に残念に思います。しかし、この伝統的なインテルラゴスサーキットで、ドライバー達は非常に良い経験が積めたと思います。そして、非常に多くのモータースポーツファンが私達のレースを観戦しに来てくださり感動しました。スイスレーシングチームは、これからアルゼンチンへ移動し、最終戦へ向けて準備を開始します。

FIA GT1世界選手権2010年最終戦は、12月5~6日にアルゼンチンのサン・ルイで開催されます。

スイスレーシングチーム プレスリリース

 

|

« ILMC:2011年インターコンチネンタル・ルマンカップ・カレンダー | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、上海のレースファンを魅了” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIA-GT1:スイスレーシングチーム・プレスリリース 第9戦 ブラジル インテルラゴスサーキット:

« ILMC:2011年インターコンチネンタル・ルマンカップ・カレンダー | トップページ | DTM:アウディジャパン・プレスリリース”アウディ、上海のレースファンを魅了” »