« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | IRL:ファイアストン、来年以降のIRLへのタイヤ供給を再検討か »

2011年1月 6日 (木)

ALMS:サイトスポーツ、2011年はアストンマーチンのLMP1で参戦

(C)ALMS 拡大します
(C)Yoshinori Ohnishi 拡大します

1月5日、アメリカンルマンシリーズ(ALMS)のマスクルミルク・チームサイトスポーツは、2011年のALMSにアストンマーチンの2010年型LMP1マシンで参戦することを発表した。

サイトスポーツは、過去2年間ポルシェRSスパイダーでシリーズに出場、ハイクロフトなどアキュラ勢の強力なライバルとして3勝を挙げている。
ALMSの主催者であるIMSAは2010年までのLMP1についても、性能調整をした上で2011年シリーズへの参戦を認めたため今回のパートナーシップが実現した。

2009年にルマンシリーズ(LMS)にデビューしたアストンマーチンLMP1は、その年のシリーズチャンピオンを獲得。2010年にはALMSのセブリング12時間とロングビーチに出場、セブリングでは総合3位、ロングビーチではポールポジションからスタートしトップと僅差の2位となっている。

サイトスポーツでは、アストンマーチン・レーシング(AMR)からエンジニアの支援を受け、チームドライバーのグレッグ・ピケットとクラウス・グラフに加えてAMRドライバーの加入も予定されている。

テキーラ・パトロンがスポンサーとなるALMSは、2月9日と10日にはセブリングでウインターテストが行われ、3月19日にセブリング12時間レースでシリーズが開幕する。

|

« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | IRL:ファイアストン、来年以降のIRLへのタイヤ供給を再検討か »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:サイトスポーツ、2011年はアストンマーチンのLMP1で参戦:

« DAKAR:ダカールラリー ステージ4結果 | トップページ | IRL:ファイアストン、来年以降のIRLへのタイヤ供給を再検討か »