« GP3:2011年GP3カレンダー | トップページ | トンプソン ボルボ・ツーリングカーのプログラムに参加 »

2011年1月20日 (木)

ALMS:ドミニク・シュワガー、ALMSにランボルギーニで参戦

West_first2 (C)ALMS

1月17日、アメリカンルマンシリーズ(ALMS)のウェスト・レーシングは、日本のレースでも活躍したドミニク・シュワガーとニッキー・パストレリを、2011年シーズン最初の2人のドライバーとして起用することを発表した。

チームはランボルギーニ・ガヤルドでALMSのGTクラスに、シリーズパートナーである横浜タイヤの後援を受けて出場、マシンはADVAN RA500タイヤを装着する。
シュワガーとパストレリは、2010年のFIA-GT1選手権にAll-Inkl Munnich ランボルギーニ・ムルシエラゴでフル出場、ブルノの予選レースでは4位に入っている。

シュワガーは2004年には日本のスーパーGT選手権に、横浜タイヤを履いたトヨタ・スープラで参戦した経験を持っている。シュワガーは「ALMSのレースには常に興味を持っていた。われわれのチームはまだ新しいので、以前にも増してやるべき仕事が多いということを覚悟している。しかし、ヨコハマなどの後援者の技術によって、チームが競争力を持つと確信している」と語る。

ウエスト・レーシングでは、今月末にセブリングでプライベートテストを行い、2月9日~10日にセブリングで行われるALMSのウインターテストに備えたいとしている。ALMS開幕戦の第59回セブリング12時間レースは3月19日にスタートする。

|

« GP3:2011年GP3カレンダー | トップページ | トンプソン ボルボ・ツーリングカーのプログラムに参加 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS:ドミニク・シュワガー、ALMSにランボルギーニで参戦:

« GP3:2011年GP3カレンダー | トップページ | トンプソン ボルボ・ツーリングカーのプログラムに参加 »