« DAKAR:日野自動車プレスリリース”波乱の大砂丘を越えてコピアポへ、排気量10リットル以下クラス・ワン・ツーを奪還” | トップページ | DAKAR:ダカールラリー ステージ9結果 »

2011年1月11日 (火)

ALMS,LMS,LM24:ハイブリッドマシン、ポルシェ918 RSRがデビュー

Porsche 918RSR (C)Porsche AG.  拡大します

ポルシェはデトロイトオートショーで『918 RSR』を公開した。
918 RSRは昨年ニュルブルクリンク24時間レースやアメリカンルマンシリーズのロードアトランタ(プチルマン)、さらにILMC珠海でレース出場した911 GT3 Rハイブリッドの後継マシンとなる。

918RSRは911 GT3 Rハイブリッドのリアエンジンとは異なり、2シーターでミッドシップにエンジンを搭載しているが、助手席に置かれたウイリアムズ製のフライホイール・アキュムレーターなど、ハイブリッドシステムは911 GT3 Rのものを踏襲している。

エンジンは直噴のV8で最高出力563馬力を発生、最高回転数は10,300rpm。これにブレーキング時にフライホイールに蓄えられたエネルギーが、前輪に付いている2つの発電機兼モーターに各75kw(合計150kw)のエクストラパワーを与える。その際の最高出力は767馬力にアップし、エネルギーがフルに蓄えられた状態で8秒間使用することが出来る。

918 RSRのボディは1960年代のポルシェのレーシングマシンである908ロングテールや917ショートテールの伝統を受け継いでいる。

 (C)Porsche AG.  拡大します

|

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”波乱の大砂丘を越えてコピアポへ、排気量10リットル以下クラス・ワン・ツーを奪還” | トップページ | DAKAR:ダカールラリー ステージ9結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ALMS,LMS,LM24:ハイブリッドマシン、ポルシェ918 RSRがデビュー:

» ポルシェ918 RSRがデビュー [MotorSports]
2010年、ニュル24時間などに出場した ポルシェ911 GT3 Rハイブリッドの後継マシンとして 918 RSRがデトロイトオートショーで発表された 918RSRは911 GT3 Rハイブリッドのリアエンジンとは異なり、2シーターでミッドシップにエンジンを搭載しているが、助手席に置かれたウイリアムズ製のフライホイール・アキュムレーターなど、ハイブリッドシステムは911 GT3 Rのものを踏襲している。 エンジンは直噴のV8で最高出力563馬力を発生、最高回転数は10,300rpm。これにブレーキン... [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 04時58分

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”波乱の大砂丘を越えてコピアポへ、排気量10リットル以下クラス・ワン・ツーを奪還” | トップページ | DAKAR:ダカールラリー ステージ9結果 »