« DAKAR:TLCプレスリリース”ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ" | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”誰が優勝をものにするか?” »

2011年1月 2日 (日)

DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”2010/12/31 DailyNews 人検・車検”

2011速報, ステージニュース
20102010/12/31 DailyNews 人検・車検

Aso2(C)ASO.

30日朝8時以来、ルーラル展示会場では出入りがひっきりなしに続いている。オート、モト、クワッド、カミヨンと交代で車検を受けているからだ。ここでは車両ばかりでなく、ヘルメットや搭載機器の作動や音のチェックなど非常に入念な検査が入る。

プライベーター・エントラントはまず書類審査(通称人検と呼ばれる)から始まる。パスポート、ライセンス、免許証、エントリーフィの支払い、保険・・・・etc。書類審査が終わると次は車検、(正式名称はテクニカル検査)だ。指定された時間に車両を検査官に提示する。

車両の最初のチェックは”安全“基準を満たしているかどうか。検査官は消火器(オート&カミヨン)、緊急用発煙筒やバリーズ、懐中電灯やライターなどの安全装備をきちんと搭載しているかどうか、ひとつひとつ点検シートにチェックマークを記載していく。

次のコーナーでは、ヘルメットのチェックと車両に記載された競技者名と血液型の確認。今年は新たにオート&カミヨン部門でHansシステムのハーネスの装備が義務付けられた。モト部門は音のチェック(100デシベル以下)、オート&カミヨンは重量の計量やシートが安全基準に達しているかなどの検査もある。

そして、次はスティッカー・スペースの確認。競技者が各自のスポンサーなどのスティッカーを貼って、主催者の義務付けるスティッカーが貼れない場合には、エントリー金額が変わったりする。

パリダカ日本事務局

|

« DAKAR:TLCプレスリリース”ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ" | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”誰が優勝をものにするか?” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”2010/12/31 DailyNews 人検・車検”:

« DAKAR:TLCプレスリリース”ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ" | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”誰が優勝をものにするか?” »