« DAKAR:日野自動車プレスリリース”車検を無事終了し、スタートに準備万端” | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”2010/12/31 DailyNews 人検・車検” »

2011年1月 2日 (日)

DAKAR:TLCプレスリリース”ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ"

ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ

1101012(C)TLC

検査を終えてパルクフェルメへ向かう2号車

12月30日、TLCはブエノスアイレス市内で2011年ダカールラリーの車両検査と人員の事務手続きを行った。会場となったのは09年大会からおなじみの展示会場「ラ・ルーラル」。馬や家畜の品評会が行われることで知られ、南米に舞台を移したダカールラリーでは例年屋内の展示場が車検会場となるほか、ゴールセレモニーも屋外の会場を使って行われている。
TLCを含むヨーロッパからの参加者はフランス、ルアーブルでの船積み前に実質的な車両検査を行っているため、当地ではヘルメットやレーシングスーツなどFIA指定品の使用が義務付けられている装備品類のチェックと車両の状態確認が中心。
このため作業はスムーズに進み、朝8時半に書類手続きをスタートさせたTLCは11時すぎまでに全てのチェックを終えた。 
検査を終えてパルクフェルメへ向かう2号車車両は同施設脇の道路を封鎖して設けられた車両保管場(パルクフェルメ)に収められ、1日のスタートを待つことになる。
車検に臨んだクルーのうち、1号車の三橋/ゲネック組は旧知の選手や関係者も多く、2号車の寺田ドライバーともどもリラックスした雰囲気。
一方、ダカールラリー初出場となる2号車の田中ナビゲーターは森監督やフィリップ・シャロワチーフメカニックの指示のもと緊張の面持ちで作業を進めていた。

森達人監督ことのほかスムーズに終了しました。今回チームはここまでなんのトラブルなくきており本番もこのまま走りきりたい。2台体制を最後まで保って完走、目標である市販車部門6連覇を達成して全員で喜びあいたいと思っています。

1号車ドライバー&ナビ
■三橋淳ドライバー
ここ(車検会場)に来ると、ああ2011年大会が始まるんだなという実感が沸いてきます。市販車部門のライバルにとって我々は間違いなく一つの目標であり、今回何台かのニューカーも参加してくるようですが、気持ちを引き締めて頑張ります。

■アラン・ゲネックナビゲーター
ルアーブルで基本的に検査は終えているのでここではリラックスしていられます。いよいよ1日からラリーが始まりますが、毎日自信を持って戦う所存です。

2号車ドライバー&ナビ
■寺田ドライバー
自分にとって2年ぶりのダカールですが、華やかな雰囲気の車検会場に入るとやはり緊張します。車検が終わってほっとすると同時に次は本番のスタート。田中ナビとともに落ち着いてベストを尽くす覚悟です。

■田中ナビゲーター
予備検査を終えているので心配はしていませんでしたが、やはり会場では緊張しました。これでスタートに立てる準備が全て整い、いよいよだなという気持ちです。

■松本識裕メカニック
車検での作業段取りを話し合う松本、阪本メカニックルアーブルでの車検にも同行していましたので、心配はなく、最終的なチェックを受けた感じです。もう本番ということで緊張のせいか夜よく眠れないのですが、もしかしたら時差のためかも知れません。阪本歓喜メカニック初めて車検会場に来てスケールの大きさはさすがダカールだと思いました。TLCのメカニックとして6月から車両製作に加わり、ここまで準備を進めて来ましたが、思えばあっと言う間の半年でした。

|

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”車検を無事終了し、スタートに準備万端” | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”2010/12/31 DailyNews 人検・車検” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAKAR:TLCプレスリリース”ブエノスアイレス市内で車検を終え、競技車はパルクフェルメへ":

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”車検を無事終了し、スタートに準備万端” | トップページ | DAKAR:パリダカ日本事務局デイリーニュース”2010/12/31 DailyNews 人検・車検” »