« DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” | トップページ | DAKAR:TLCプレスリリース”最後のロングSSでコルドバへ、1号車にトラブル発生も無事解消する” »

2011年1月15日 (土)

LMS,LM24:ザイテック、ハイブリッドマシンをヨーロッパへ初投入

Zytek 09HS Hybrid (C)ALMS 拡大します

1月14日、ザイテックは純粋にレース用に開発された最新のZPHハイブリッド技術を使用したザイテック09SHが、イタリアのボローニァに本拠地のあるRangoni Motorsportから今年のルマンシリーズ(LMS)ならびにルマン24時間レースに出場することを発表した。

ザイテック09SHは自然吸気3.4リッターV8エンジン『ZG348』を搭載。2009年にアメリカンルマンシリーズ(ALMS)に出場したザイテック09HSが市販車用部品によるハイブリッドシステムを使用していたのに対して、09SHはレギュレーションの改正によりレース専用のシステムの使用が可能となった。

Rangoni Motorsportは、ミルコとマイケルとルカのランゴーニ兄弟によって2004年に設立されたチームで、イタリアのスーパースターズ・シリーズに参戦している。今シーズンはルカ・ランゴーニに2007年のF1A-GTチャンピオン、トーマス・ビアジとフェルディナンド・ジェリがドライバーとして加わる。

ザイテック・エンジニアリングのオペレーション・ディレクター、ジョン・マンチェスターは「ザイテック・エンジニアリングはこのパートナーシップにフェルディナンド・ジェリと協力できて嬉しく思う。われわれはRangoni Motorsportと草分け的なZPHハイブリッド技術との協力が、来るべきシーズンに大成功を収めることを確信している」と語っている。

|

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” | トップページ | DAKAR:TLCプレスリリース”最後のロングSSでコルドバへ、1号車にトラブル発生も無事解消する” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LMS,LM24:ザイテック、ハイブリッドマシンをヨーロッパへ初投入:

« DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” | トップページ | DAKAR:TLCプレスリリース”最後のロングSSでコルドバへ、1号車にトラブル発生も無事解消する” »