« DAKAR:ダカールラリー ステージ12結果 | トップページ | DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” »

2011年1月15日 (土)

LMS,LM24:HPD、ルマン制覇に向けて大攻勢

(C)RLM 拡大します

(C)ALMS 拡大します 

1月14日、昨年のルマンシリーズ(LMS)LMP2クラスチャンピオンのRML AD Groupは、今シーズンのLMSとルマン24時間レースに、HPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロプメント)のシャーシとエンジンで参戦することを発表した。

HPDは昨年のLMP2マシンARX-01cの発展モデルであるARX-01dを開発、エンジンも自然吸気の3.4リッターV8エンジンから新設計のターボ付2.8リッターV6エンジンへ変更する。このエンジンは市販車のホンダ・アコードやアキュラZDXのものをベースとしている。シャーシデザインはこれまで同様ニック・ワース・リサーチが得意のCFD技術を駆使して行う。

過去8シーズンに渡ってローラシャーシでLMSとルマンを戦ってきたRMLは、昨年ローラシャーシにHPDエンジンという組み合わせで参戦。LMSではクラスチャンピオンを獲得したものの、HPDシャーシを使用するストラッカ・レーシングがしばしばRMLを上回る速さを見せつけた。RMLではエンジンとシャーシのマッチングがシャーシ変更の理由のひとつであるとしている。

また、英autosport.comによれば、昨年のアメリカンルマンシリーズ(ALMS)チャンピオンのハイクロフトは、HPDの開発するLMP1マシンARX-01eによって今年のルマン24時間レースに参戦すると報じている。ARX-01eは、LMP2のARX-01dより大径のフロントタイヤを持ち、エアロ面でもACOのLMP1規則に沿って変更されているという。

今年のルマンにはレベリオン・レーシングがTMGからエンジン供給を受けてLMP1クラスに出場する計画を持っており、HPD(ホンダ)、TMG(トヨタ)、そしてLMP2エンジンを市販するニッサン、さらにOAKレーシング・マツダと日本の4メーカーの名前が揃う可能性も出てきた。

|

« DAKAR:ダカールラリー ステージ12結果 | トップページ | DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LMS,LM24:HPD、ルマン制覇に向けて大攻勢:

» HPD勢力拡大 [End It All]
HPD、ルマン制覇に向けて大攻勢(FMotorsports Kaigai) Interview with Nick Wirth(ACO) ワースリサーチより2011年のプランがアナウンスされました ついにHPDがLMP1でルマンへ! LMP1のマシンはARX... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 04時48分

» ルマンが面白くなるか? [MotorSports]
2010年ルマンシリーズ(LMS)LMP2クラスチャンピオンのRML AD Groupが、LMSとルマン24時間にHPD(ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント)のシャシーとエンジンで参戦することを発表 マシンは2010年マシンのARX-01cを発展させたARX-01dで、エンジンは自然吸気の3.4l V8から新設計のターボ付2.8l V6を搭載するとのことだ シャシーデザインは、ニック・ワース・リサーチがCFDによって設計する ニック・ワーク・リサーチ・・・ヴァージンレーシングのF1マシンを開... [続きを読む]

受信: 2011年1月17日 (月) 10時42分

« DAKAR:ダカールラリー ステージ12結果 | トップページ | DAKAR:日野自動車プレスリリース”予想外のマッドステージを無事に消化、2台揃ってブエノスアイレスへの最終ステージへ” »