« WTCC:シボレー、開幕戦に向けて最終テストを実施 | トップページ | NASCAR:ネーションワイドRd.2フェニックス 予選結果 »

2011年2月26日 (土)

WTCCとUSTCC 将来の連携にむけ話し合い

Ustcc (C)WTCC

2011年2月25日
WTCCのマルセロ・ロッティ代表とUSTCCのAli Arsham ディレクターは、両選手権が将来的に連携することを見据え、アメリカで話し合いを行った。

Arsham ディレクターとの初顔合わせともなったロッティ代表の今回のアメリカ訪問は、2012年度のWTCCでアメリカ大会を盛り込むことを視野に入れている。WTCCとNITTO全米ツーリングカー選手権との接触もこれが初めてであった。

「車メーカーにとってアメリカ市場は非常に重要なマーケットですから、是非ここアメリカでWTCCのイベントを開催できたらと思っています。WTCCとしましても、各国のツーリングカー選手権と友好関係を築こうという狙いがありますから、Arshamディレクターにご相談したんです。USTCCではS2000規定の車も多く走っていますし、Arshamディレクターとは当初から、来年度から共同で大会開催することを念頭に協議を進めてきました。」ロッティ代表はこのように述べた。

一方のArshamディレクターも、「USTCCとしましても、WTCCをアメリカに招致できましたら本当に大きな光栄です。共同でイベントを開催できれば両選手権にとってプラスになります。マルセロ・ロッティ代表と一緒にこれから一つのものを作り上げていくことをとても楽しみにしています。次のステップは、適切な場所と日程を組むことですね。」と意気込んだ。

WTCC公式日本語ホームページより転載

|

« WTCC:シボレー、開幕戦に向けて最終テストを実施 | トップページ | NASCAR:ネーションワイドRd.2フェニックス 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WTCCとUSTCC 将来の連携にむけ話し合い:

« WTCC:シボレー、開幕戦に向けて最終テストを実施 | トップページ | NASCAR:ネーションワイドRd.2フェニックス 予選結果 »