« BF3:桜井孝太郎選手、イギリスF3選手権参戦決定のお知らせ | トップページ | LMS:ポールリカールテストタイム (3月11日) »

2011年3月12日 (土)

FIA-GT:Sumo Power GT、2台目のドライバーラインナップを発表

 (C)Sumo Power GT 拡大します

3月11日、Sumo Power GTは、今シーズンのFIA-GT1選手権に出場する2台目のマシンのドライバーとして、ディビッド・ブラバムとジェイミィ・キャンベルウォーターの加入を発表した。2人はすでに決まっているリカルド・ゾンタとエンリケ・ベルナルディとともに、ニッサンGT-Rでシリーズを戦う。

2台目のドライバーの選出については、カタールでのテストを行って決定する予定だったが、チームとしては不可抗力の理由のため(中東情勢の悪化と思われる)、テストは中止となり実績のあるブラバムとキャンベルウォーターが選ばれた。

ブラバムは1991年以降スポーツカーレースに出場し、2009年にはルマン24時間レースでプジョー908での総合優勝を飾っている。2007年と2008年にはアストンマーチンによりルマンのGT1クラスで連勝している。さらに2009年と2010年にはアメリカンルマンシリーズ(ALMS)でLMPクラスチャンピオンに輝いている。ブラバムはまた20年前にスカイラインGT-Rがスパ・フランコルシャン24時間レースに出場したときのドライバーでもあった。

キャンベル・ウォーターは、2010年に続いてSumo Power GTでの出場になる。第2戦シルバーストーンでは、ウォーレン・ヒューズと共に見事ニッサンGT-RにFIA-GT1初優勝をもたらしている。

ブラバムとゾンタとベルノルディは、3月10日にスパ・フランコルシャンでニッサンGT-Rのテストを行っている。その後マシンは3月26日にシリーズ開幕戦が行われるアブダビ、ヤス・マリーナサーキットへと旅立つ

|

« BF3:桜井孝太郎選手、イギリスF3選手権参戦決定のお知らせ | トップページ | LMS:ポールリカールテストタイム (3月11日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FIA-GT:Sumo Power GT、2台目のドライバーラインナップを発表:

« BF3:桜井孝太郎選手、イギリスF3選手権参戦決定のお知らせ | トップページ | LMS:ポールリカールテストタイム (3月11日) »