« Special:オーストラリアチームが2011MX-5アイスレースで活躍 | トップページ | FRE:モーターランドアラゴン・テストタイム (3月7日) »

2011年3月 8日 (火)

INDY:各レースの出場台数を最高26台までに制限

(C)IRL Media 拡大します

3月7日、インディカーシリーズは、今シーズン開催されるレースのうちインディアナポリスとファイナルイベントのラスベガスを除いた15レースでの最高出場台数を26台までに制限することを発表した。

26台のグリッドのうちの24台は、これまで通り予選タイムによって決定される。残る2台のマシンについては、NASCARのチャンピオンズプロビジョナルに似た方式で決定される。以下の資格を持つドライバーは、予選24番手以内に入れなかった場合でも決勝レースでのグリッドが保証される。

* 2010年IZODインディカーシリーズ・ドライバーチャンピオン
* 2009年IZODインディカーシリーズ・ドライバーチャンピオン
* 2010年インディ500マイルレースの優勝者
* 前レースまでのドライバーランキングのトップ22のうちの最上位のドライバー
* インディカーシリーズが認めたプラクティスでのベストラップを記録したドライバー
* インディカーシリーズが認めた予選での2番目のタイムのうちの最上位ラップタイムを 記録したドライバー

上記の有資格者のうち上から3番目まではすべてダリオ・フランキッティが該当するため、ダリオは今シーズンのインディ500とラスベガス以外の全てのレースでのグリッドが保証されることになる。最終戦ラスベガスでは、5名のゲストドライバーを加えた30台のマシンが出場する。

インディカーシリーズ競技長ブライアン・バーンハートによれば、今回の決定はファンに最高のドライバーとチームを見せるためであると同時に、シリーズの多くのトラックが26台までのピットを持たないことにもよるとしている。また、もてぎやサンパウロなど海外でのイベントでの輸送面もその要因としている。

|

« Special:オーストラリアチームが2011MX-5アイスレースで活躍 | トップページ | FRE:モーターランドアラゴン・テストタイム (3月7日) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51067023

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:各レースの出場台数を最高26台までに制限:

« Special:オーストラリアチームが2011MX-5アイスレースで活躍 | トップページ | FRE:モーターランドアラゴン・テストタイム (3月7日) »