« GP3:バルセロナテストタイム (4月12日) | トップページ | Special:マツダ3 MPSが、オーストラリアの「タルガ・タスマニア」でクラス優勝、総合4位を獲得 »

2011年4月13日 (水)

INDY:トレーシーをドライバーにドラゴン・レーシングが復活

ポール・トレーシー (C)INDY Media 拡大します

 (C)INDY Media 拡大します

4月12日、今年2月に活動を休止していたインディカーシリーズのドラゴンレーシングは、チームを再結成して今週末のロングビーチを含む今シーズンの5レースに出場することを発表した。ドライバーには、ポール・トレーシーを起用することも決まった。

ドラゴン・レーシングは、昨年ド・フェランと合弁してド・フェラン・ドラゴン・レーシングとして活動、ラファエル・マトスをドライバーにフルシーズンを戦い、17レース中4回のトップ10フィニッシュの成績を残している。しかし、今年2月24日、スポンサー不足からチームは活動を休止、ドライバーとして契約していたトニー・カナーンもフリーとなった。(その後カナーンはKVレーシング・テクノロジーと契約)

トレーシーが出場するのは、今のところロングビーチ、テキサス、トロント、エドモントンとインフィネオンの5戦。トレーシーは、今年100周年目のインディ500マイルレースにはドレイヤー・レインボールド・レーシングからの出場が決まっており、ドラゴン・レーシングは他のドライバーで出場する可能性もある。
また、トレーシーは今シーズンのドラゴン・レーシングでのスポット参戦の後、来シーズンがラストシーズンとなることを明らかにしている。

ドラゴン・レーシングのロングビーチでのスポンサーには、食品小売店のRalphs Groceryやペプシコなどがつく。チーム代表のジョイ・ペンスキーとマネージャーのジョン・カミスキーとトレーシーは、1993年にはチーム・ペンスキーで共に働いた経験を持っており、そのときまだティーンエイジャーだったジョイはホイールを磨く役目だったという。

|

« GP3:バルセロナテストタイム (4月12日) | トップページ | Special:マツダ3 MPSが、オーストラリアの「タルガ・タスマニア」でクラス優勝、総合4位を獲得 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51375832

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:トレーシーをドライバーにドラゴン・レーシングが復活:

» INDY(22) Rd.3 ロング・ビーチ プラクティス [戀は糸しい糸しいと言う心]
ロング・ビーチ初日リザルト ハイライト映像 [続きを読む]

受信: 2011年4月16日 (土) 09時11分

« GP3:バルセロナテストタイム (4月12日) | トップページ | Special:マツダ3 MPSが、オーストラリアの「タルガ・タスマニア」でクラス優勝、総合4位を獲得 »