« ALMS:R.2ロングビーチ レース結果 | トップページ | BTCC:Rd.2ドニントンパーク 予選結果 »

2011年4月17日 (日)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーが開幕3戦連続、ロングビーチ3年連続のポールポジション”

ウィル・パワーが開幕3戦連続、ロングビーチ3年連続のポールポジション
佐藤琢磨はマシンセッティングに苦しみ22番手から決勝へ

In110417001h 2011年4月16日(土)
予選
会場:ロングビーチ特設コース
天候:快晴
気温:30~31℃

IZODインディカー・シリーズは第3戦を迎え、澄みわたったカリフォルニアの青空の下、伝統あるグランプリ・オブ・ロングビーチの予選が行われた。

プラクティスの始まった金曜日からロングビーチは強い日差しが照りつけ、予選日も真夏を思わせる暑さとなった。そのため、市街地コースの路面はインディカーが走り込むにつれてどこまでグリップが高まっていくのか、コンディションを正しく見極めるのが難しくなっていた。

走行初日にトップタイムを記録したのはライアン・ブリスコー(Team Penske)だった。ブリスコーは予選日の朝のプラクティスでもトップに君臨し、ポールポジションの最有力候補に名乗りを上げた。しかし、意外にも彼は予選第2ステージで敗退して最終ステージに進むことができなかった。

ダリオ・フランキッティとスコット・ディクソンというChip Ganassi Racingの2人の元チャンピオンも、ブリスコーと同じように第2ステージで切れ味鋭い走りを見せることができずに姿を消した。

このような激戦をくぐり抜けて最終ステージに駒を進めた6人は、ライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)、ウィル・パワー(Team Penske)、ジャスティン・ウィルソン(Dreyer & Reinbold Racing)、マイク・コンウェイ(Andretti Autosport)、エリオ・カストロネベス(Team Penske)、オリオール・セルビア(Newman/Haas Racing)だった。

In110417002hそして、最終ステージではハンターレイとパワーがし烈なポールポジション争いを繰り広げた。パワーのこん身のアタックは1分09秒0649というベストラップを実らせ、2番手のハンターレイを0.076秒上回る今シーズン最も小さな差でのポールポジション獲得となった。その結果、パワーは今シーズン開幕から3戦連続となるポールポジション獲得に加え、ロングビーチでも3年連続でポールポジションを獲得する快挙を成し遂げた。

ハンターレイに続く3番手はコンウェイ、4番手はセルビア、ウィルソンが5番手、カストロネベスは6番手のスターティンググリッドを獲得した。

In110417004h佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)は、プラクティス初日はマシンセッティングを思い通りに仕上げる作業に手間取り、15番手のタイムを出すにとどまった。しかし、予選日の午前中に行われたプラクティスでは一気にタイムを削り、9番手までポジションを上げた。

さらなるジャンプアップが期待された佐藤の予選だったが、グリップが高まるソフトタイヤ用に施したセッティングが完ぺきではなかった。それでも全力でのアタックを続けて今週の自己ベストとなる1分10秒2214をマークした。しかし、セッション終了間近になってターン1のタイヤバリアにノーズから突っ込み、他車のアタックに影響を与えたため、ベストの2周が無効となる裁定が下された。その結果、順位は16位から22位まで後退している。

明日は午前中にファイナルプラクティスが30分間行われ、決勝レースは午後1時30分(日本時間8日(月)午前5時30分)にスタートが切られる。天気予報は明日もすばらしい天気に恵まれることを告げており、多くのファンが詰め掛け、華々しい雰囲気の中で85周の戦いが繰り広げられることとなりそうだ。

コメント
ウィル・パワー(ポールポジション)

「チェッカーフラッグが振られるまでハンターレイとのポール争いが続き、とても厳しい戦いだった。ロングビーチでの彼の速さは昨年のレースで思い知らされた。彼をこのコースで打ち負かすのは本当に大変なことだ。最高のスターテイングポジションを獲得したことはとてもうれしい。しかし、油断してはいられない。決勝レースも厳しい戦いになるに違いない。過去2年、ロングビーチでの勝利を目指したが果たせなかった。明日は大好きなコースでぜひとも優勝を飾りたい」

ライアン・ハンターレイ(2番手)
「昨年優勝したロングビーチでまた戦えることができてうれしい。私はこのコースが大好きだ。しかし、今日は悔しい結果となった。パワーに100分の8秒差でポールポジションを奪われてしまった。今、彼は本当に強いドライバーとして君臨している。それでも今日の結果は昨年の繰り返しともいえる。昨年の決勝レースは2番手からスタートして優勝することができた。明日も同じ展開になることを望んでいる」

マイク・コンウェイ(3番手)
「昨日、そして今日のプラクティスでも我々はマシンのセッティングが定まらずに苦しんでいた。その状態から予選3番手を獲得することができ、とてもハッピーだ。我々のマシンは予選ギリギリになって、ようやくセッティングが間に合った。トップ3に入ったことはうれしいが、ここまで上位のグリッドを手にできるとは正直考えていなかった。チームの諦めない姿勢と高い集中力がすばらしい結果につながったと思う」

In110417005h佐藤琢磨(22番手)


「予選で初めて使うソフトコンパウンドのタイヤに対して、セッティングが合っておらず、バランスが大きく崩れていました。ソフトタイヤの装着によってグリップ感がすごく上がったため、曲がりにくいハンドリングになっていました。しかし、予選の時間は限られており、マシンのバランスが悪いとわかってもその状態で走り続けるしかありませんでした。決勝レースに向けて、セッティングを大きく変えます。その確認を明日のウオームアップで行い、第2戦のようなよいフィーリングを取り戻してレースを戦いたいと思います」

エリック・バークマン|HPD社長
「今回から予選のグループ分けに新しいルールが採用されました。インディカーはレースをよりよいものにしようとトライをしており、非常にいい姿勢だと思います。予選ではいかにタイヤの特性を引き出すかなど、どのチームも自らの限界に挑戦し続けて最高のパフォーマンスを発揮することに全力を注いでいました。その結果としてエキサイティングな戦いを我々は見ることができました。明日の決勝レースに向けても出場全チームは作戦を含めたあらゆる可能性を検討し、ベストの結果を目指して戦ってくれるでしょう。どのような展開になるのか、ゴールまで目が離せないバトルになることを期待しています」

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

予選リザルト
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F 1:09.0649
2 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F 1:09.1409
3 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F 1:09.6414
4 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F 1:09.6828
5 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 1:09.8097
6 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F 1:09.8423
7 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F 1:09.6037
8 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F 1:09.6385
9 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F 1:09.6497
10 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F 1:09.7352
11 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F 1:09.8122
12 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F 1:09.8243
13 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F 1:10.1010
14 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F 1:09.9400
15 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F 1:10.1146
16 38 グラハム・レイホール Service Central Chip Ganassi Racing D/H/F 1:10.5883
17 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F 1:10.1465
18 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F 1:10.6407
19 17 ラファエル・マトス AFS Racing D/H/F 1:10.3477
20 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F 1:10.7836
21 19 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing D/H/F 1:10.8050
22 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F 1:10.8197
23 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F 1:10.8592
24 83 チャーリー・キンボール Novo Nordisk Chip Ganassi Racing D/H/F 1:10.8672
25 8 ポール・トレイシー Dragon Racing D/H/F 1:11.0249
26 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F 1:11.0341
27 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F 1:11.4916

|

« ALMS:R.2ロングビーチ レース結果 | トップページ | BTCC:Rd.2ドニントンパーク 予選結果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51416583

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーが開幕3戦連続、ロングビーチ3年連続のポールポジション”:

« ALMS:R.2ロングビーチ レース結果 | トップページ | BTCC:Rd.2ドニントンパーク 予選結果 »