« 24houers:ハーバート、ブランデル、ニュルブルクリンク24時間レースに出場 | トップページ | EF3:Rd2&IF3:Rd.1ホッケンハイム 第1&第3レース予選結果 »

2011年4月29日 (金)

LM24:アウディ、R18のV6エンジンを公開

AUDI R18 Engine (C)AUDI AG. 拡大します

ルマン24時間レースを6週間後に控え、アウディ・モータースポーツはR18のエンジンの写真を公開した。

今年のフランス西部自動車クラブ(ACO)のLMP1規則により縮小されたエンジンについて、アウディは3.7リッターV6 TDIエンジンを選択した。2006年にディーゼルエンジンとして初めてルマンを制したアウディにとって、TDIエンジンの継承は自然なことだったが、規則ではV8エンジンまでが認められており、ライバルのプジョーはV8エンジンを選んでいる。

アウディがあえてV6エンジンを選択したのは、その軽量とコンパクトさによる。R18のV6エンジンは120度のバンク角を持ち、バンクの谷間にギャレット製のシングルターボというレイアウトを採用した。このレイアウトは、1980年代にF1でフェラーリが使用したものだった(*)。アウディはこの方式についてマシンの低重心化とエンジンサイドのエアフローの改善というメリットを挙げている。マシンのルーフにつけられたエアスクープから入った空気は、損失を最小限にターボチャージャーまで導かれる。R15から採用された可変タービン・ジオメトリー(VTG)により、大きなシングルターボのレスポンスの問題は解消される。

R15のエンジンと比べて25%軽量化されたというR18のエンジンは、エキゾーストやエアインテークに覆われ、ほとんどエンジン本体は見られないほどそのコンパクトさは際だっている。そのエンジンからは397Kw(540馬力)の最高出力を発生する。そのエンジン音はこれまでのTDIエンジンと比べてもより静かで、チーム代表のウォルフガング・ウィルリッヒ博士や、R18をテストしたトム・クリステンセンによれば、まるでささやくような音で、アウディのレースシングカー史上最も静かなマシンといわれている。

(C)AUDI AG.  拡大します

(*) 1980年代のフェラーリF1はツインターボで、その点でアウディR18とは異なる。

|

« 24houers:ハーバート、ブランデル、ニュルブルクリンク24時間レースに出場 | トップページ | EF3:Rd2&IF3:Rd.1ホッケンハイム 第1&第3レース予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:アウディ、R18のV6エンジンを公開:

» V6 最新情報 - Nowpie (なうぴー) アイドル [Nowpie (なうぴー) アイドル]
V6 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど [続きを読む]

受信: 2011年5月 1日 (日) 07時37分

« 24houers:ハーバート、ブランデル、ニュルブルクリンク24時間レースに出場 | トップページ | EF3:Rd2&IF3:Rd.1ホッケンハイム 第1&第3レース予選結果 »