« Preview:今週末開催の海外レース | トップページ | WTCC:次回大会はハンガリー・ブダペスト »

2011年5月30日 (月)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”ダン・ウェルドンが逆転で2度目のインディ500制覇"

ダン・ウェルドンが逆転で2度目のインディ500制覇

In110530001h会場:インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
天候:曇りのち晴れ
気温:28~31℃

5月29日(日)、記念すべき100周年レースとなるインディ500の決勝レースがインディアナポリス・モーター・スピードウェイにおいて開催されました。

雨の心配もない予報が出され、グランドスタンドもギッシリ超満員となる中、第1回インディ500のウイニングマシンが走り、時代を代表するマシンもアル・アンサー、ボビー・アンサー、ジョニー・ラザフォード、マリオ・アンドレッティら優勝経験者の搭乗でパレードラップを行いました。いつにも増して盛大なセレモニーは、100年の歴史を感じさせるものでした。

In110530003h 決勝レースでは、Chip Ganassi Racingのスコット・ディクソンとダリオ・フランキッティ、2人の優勝経験者がレースをひっぱり、ポールポジションスタートだったアレックス・タグリアーニ(Sam Schmidt Motorsports)も速さを発揮。予選3番手だったオリオール・セルビア(Newman Haas Racing)、ダン・ウェルドン(Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian)とタウンゼント・ベル(Sam Schmidt Motorsports)もコンスタントに上位を走り続けました。一方、Team Penske勢がトップ争いに絡むことはありませんでした。

In110530004hIn110530005hタグリアーニは148周目にアクシデントを起こしてリタイア。ベルは158周目にライアン・ブリスコー(Team Penske)と接触し、ともにターン1の壁にクラッシュ。戦列を離れました。その後フルコースコーションが重なり、給油のタイミングはチームごとの作戦でさまざまになりました。

フランキッティとディクソンは作戦が外れて大きく後退。Team Penske勢もピットイン・タイミングを使っての上位進出を果たせませんでした。ライバル勢と違うタイミングでピットインしたダニカ・パトリック(Andretti Autosport)は、179周目からトップを走るものの、189周目のピットインで勝利のチャンスを失いました。続いて出場2回目のベルトラン・バゲット(Rahal Letterman Lanigan)がトップに立ちましたが、彼も燃料が持たずにピットイン。残り2周となる198週目には、ルーキーのJ.R.ヒルデブランド(Panther Racing)がトップに立ちましたが、優勝は目前という最終ラップの第4ターンで、ヒルデブランドは周回遅れのマシンに差し掛かり、ラインを外れてクラッシュしてしまいました。
驚くべきことに、ヒルデブランドは外側の壁にマシンをこすりながらもゴール・ラインを目指し、ストップすることなくゴールへと飛び込みましたが、迫っていた2位のダン・ウェルドン(Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian)が間一髪でゴール直前の彼の横をすり抜け、ウェルドンにとってインディ500での2度目のチェッカーフラッグを受けました。Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanianはインディ500での初勝利となりました。

In110530006h佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)は10番手からスタートしましたが、ハンドリングが万全とはいえず、ジリジリと17番手まで後退。ピットストップでマシンのセッティングを変更するも、21周目のターン1でアクシデントを起こし、リタイアを喫しました。

 

コメント
ダン・ウェルドン(優勝)

「Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanianが僕にすばらしいマシンを用意してくれました。今シーズンの僕はフルシーズン参戦を実現できないものの、インディ500には最高の体制で参戦することができました。Hondaはスポット参戦の僕にも100%のサポートをしてくれました。Sam Schmidt Motorsportsと協力しあえたことも大きかったと思います。Team PenskeやChip Ganassi Racingといった強豪チームを相手にスポット参戦のチームが勝てたこと。これはまさにシンデレラ・ストーリー。100周年という記念すべきレースで勝てたことも本当にうれしい」

J.R.ヒルデブランド(2位)
「レース終盤は燃費が厳しい状況で、タイヤも使い果たしつつありました。そこへ、スポッターから後続が急激に迫っていることを知らされました。周回遅れの83号車を抜く判断が遅れ、彼を先に行かせることでスローダウンしたくないと考えました。大きく減速してでも彼の後ろにつくべきでした。しかし、レース中にアウト側からパスできたこともあり、この時も大丈夫だと考えました。アウトに出るやタイヤかすに乗り、コントロール不能に陥いりました。今年のインディ500で優勝のチャンスに恵まれるとは考えていませんでした。それを実現してくれたのはPanther Racingというすばらしいチームであり、それを考えると、今日のこの結末に対しては悔しい限りです」

グラハム・レイホール(3位)
「ブラジルでの2位より、インディ500で3位でゴールできたことはとても気分がよく、大きな喜びですし、とてもうれしい。これまで僕らは勢いを手に入れたいと考えていて、それを今日手に入れたと思います。この勢いでシーズンを進めていきたいです。何よりChip Ganassi Racingのチームクルーたちを誇りに思います。彼らの仕事ぶりがすばらしかったからこそ、僕は後方からスタートしても、3位にまでポジションを上げることができました。26台も抜いたのだから」

In110530008h 佐藤琢磨(33位)
「イン側にクルマがいるのを知りませんでした。誰かが並びかけてくるという情報をスポッターからももらっていなかったんです。すでにターン1にフルスピードで進入していたのにアクセルを戻さねばならず、ラインを外れるとグリップがまったくありませんでした。マシンはアウト側を向いてしまい、なすすべなく壁に一直線にぶつかってしまいました。本当に残念です。まだレースは序盤でした。マシンのハンドリングは決してよくはなく、スピードもありませんでしたが、ピットストップでフロントウイングやタイヤの空気圧変更を行えば昨年以上にポジションを上げていくことができると考えていました」

エリック・バークマン|HPD 社長
「レースは天候に恵まれ、多くのファンが集まり、エキサイティングな戦いがスタートからゴールまで続きました。2列でのリスタートも心配されたほどのアクシデントを巻き起こすまでには至らず、ゴールシーンは実にドラマチックですばらしい100周年の記念レースになりました。Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanianという新しいチームが優勝し、Panther Racingは惜しくも2位となりましたが、4年連続の2位という見事な成績を歴史あるスピードウェイに記録しました。Sam Schmidt Motorsportsも3台を決勝に進出させるなど、新しい勢力の台頭も感じさせるレースでした。33台すべてがHondaインディV8を搭載し、6年連続でエンジンのトラブルがないレースとなりました。伝統あるレースをこうして支えることができたことを誇りに感じています」

In110530010h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 98 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian D/H/F 02:56:11.7267
2 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +2.1086
3 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +5.5949
4 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +7.4870
5 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +9.5434
6 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +9.5435
7 30 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan D/H/F +23.9631
8 07 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing  D/H/F +24.3299
9 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +25.4711
10 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +26.4483
11 67 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing D/H/F +27.0375
12 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +56.4167
13 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +1Lap
14 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +6.9232
15 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +23.0117
16 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +40.1530
17 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +50.6899
18 44 バディ・ライス Panther Racing D/H/F +2Laps
19 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +39.2159
20 36 ピッパ・マン Conquest Racing D/H/F +54.6966
21 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +3Laps
22 43 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport  D/H/F +11.5717
23 41 ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises D/H/F +38.0894
24 11 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +7Laps
25 23 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +25Laps
26 99 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports  D/H/F +43Laps
27 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +43Laps
28 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +53Laps
29 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +101Laps
30 88 ジェイ・ハワード Sam Schmidt-RLL Racing D/H/F +140Laps
31 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +156Laps
32 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +173Laps
33 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +180Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ウィル・パワー Team Penske 194
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 178
3 オリオール・セルビア Newman Haas Racing 152
4 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus 135
5 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 129
6 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing 120
7 ライアン・ブリスコー Team Penske 114
8 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 113
9 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports 110
10 マイク・コンウェイ Andretti Autosport 102
11 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 96
12 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 95
13 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus 94
14 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 92
15 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 92
16 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 88
17 エリオ・カストロネベス Team Penske 85
18 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing 80
19 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 78
20 ライアン・ハンターレイ A.J.Foyt Enterprises 68
21 ラファエル・マトス AFS Racing 67
22 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus 65
23 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing 62
24 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian 59
25 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 55
26 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 55
27 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing 44
28 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan 30
29 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing  28
30 ポール・トレイシー Dreyer & Reinbold Racing 27
31 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing 26
32 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing 24
33 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports  21
34 バディ・ライス Panther Racing 20
35 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport  16
36 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 16
37 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 15
38 ピッパ・マン Conquest Racing 15
39 ジェイ・ハワード Sam Schmidt Motorsports  14

|

« Preview:今週末開催の海外レース | トップページ | WTCC:次回大会はハンガリー・ブダペスト »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51809351

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”ダン・ウェルドンが逆転で2度目のインディ500制覇":

» INDY(73) 佐藤琢磨 「本当にやるせなくて・・・」 [戀は糸しい糸しいと言う心]
たくさんの応援をありがとうございました [続きを読む]

受信: 2011年6月 1日 (水) 20時07分

» INDY(74) Rd.5 インディ500決勝レポート ! [戀は糸しい糸しいと言う心]
YouTube 佐藤琢磨の現地インタビュー! [続きを読む]

受信: 2011年6月 2日 (木) 20時13分

« Preview:今週末開催の海外レース | トップページ | WTCC:次回大会はハンガリー・ブダペスト »