« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”激しいロードコースバトルでジョーイ・ロガーノが6位” | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ・スケジュール/エントリーリスト »

2011年6月28日 (火)

24hours:ニュルブルクリンク24 時間レースにおけるダカールチャンピオン達の素晴らしい競演

2011年6 月27 日(月)
フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社

ニュルブルクリンク24 時間レースにおけるダカールチャンピオン達の素晴らしい競演

(C)Volkswagen Motorspot 拡大します

2011 年6 月26 日ウォルフスブルク発:

第39 回ニュルブルクリンク24 時間レースにおいて、フォルクスワーゲンチームは、素晴らしい結果と残念な結果を同時に経験することになりました。2 台のブルーに塗られた天然ガス仕様のシロッコGT24-CNGは昨年同様、代替パワートレインクラスで1-2 フィニッシュを決めました。更にカテゴリー優勝のみならず、3人のダカールチャンピオン、ナセル アルアティヤ、カルロス サインツ、ジニエル ドゥ ヴィリエールと伝説的なツーリングカードライバーのクラウス ニーヅビーズがドライブする330 馬力のシロッコは、総合で27 位という素晴らしい順位でフィニッシュを飾りました。一方、3 台のGolf24 は、ピットレーン上での接触事故やギアトラブルによって、リタイアを余儀なくされましたが、その間にも135 号車のGolf24 を駆るトーマス ムッチュが、ランボルギーニを駆る伝説のノルドシュライフェドライバーであるハンスーヨアヒム シュトゥックを抜き去るなど、見せ場を作りました。

フォルクスワーゲン モータースポーツ ディレクターのクリス ニッセンは「ニュルブルクリンク24 時間レースは本当にチャレンジングで、結果は常に水物だ。今回Golf24 ではもっと良い結果を期待していたが競争力のあるレーシングカーを創るためには限界まで作りこまなければならない。我々はこの週末で他のチーム同様多くの改善の余地がある事を学んだ。しかし、今回このGolf24 は、レース前半三分の一で、史上最速のレーシングゴルフとして、多くのファンを魅了することが出来たと思う。そして、シロッコを運転した他のドライバー達同様に、我々のダカールラリーチャンピオン達は素晴らしい走りを見せてくれ、そしてクルマは絶大なる信頼性を発揮してくれた。全体として、今回の結果には満足している。
」と延べました。

|

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”激しいロードコースバトルでジョーイ・ロガーノが6位” | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ・スケジュール/エントリーリスト »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24hours:ニュルブルクリンク24 時間レースにおけるダカールチャンピオン達の素晴らしい競演:

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”激しいロードコースバトルでジョーイ・ロガーノが6位” | トップページ | NASCAR:Rd.17デイトナ・スケジュール/エントリーリスト »