« INDY:Rd.8アイオワ 予選結果 | トップページ | INDY:ホンダモータースポーツリリース”佐藤琢磨がキャリア初、日本人初のポールポジションを獲得” »

2011年6月25日 (土)

24hours:GAZOO Racing、ニュル24時間レース予選でクラス2,3番手を確保

2011年6月25日
トヨタ自動車(株)
モータースポーツ推進室


  GAZOO Racing、ニュル24時間レース予選でクラス2,3番手を確保

(C)ADAC Zurich 24h-race 拡大します  

GAZOO Racingは、6月23日(木)から26日(日)までニュルブルクリンクサーキット(ドイツ、ラインラント・プファルツ州)で開催されている第39回ニュルブルクリンク24時間耐久レース*に、LEXUS LFAで参戦。エントリーした2台共に、23日(木)と24日(金)に行われた予選を無事通過し、クラス2番手、3番手から決勝へと臨むこととなった。

 * 正式名称:39th ADAC Zurich 24h Race 2011

 23日(木)午後2時半からのフリー走行は、当初ウェットコンディションから徐々に乾いていく路面で、貴重なウェットでの走行データを蓄積。続いて午後7時半から、暮れゆくニュルブルクリンクの森の中で、ナイトセッション走行も含めた予選1回目が行われた。
 4時間に渡って行われたこの予選一回目では、基準タイムをクリアするために、全ドライバーが走行。加えて、ニュルブルクリンク24時間レース初参戦となるTDPドライバーの石浦宏明や、昨年のニュル24時間レースにも参戦したが、今季は前哨戦となるVLN(ニュルブルクリンクで行われる耐久選手権)に出場していないアンドレ・ロッテラーらが、ナイトセッションも含めた完熟走行を行った。

 明けた24日(金)午後4時55分から2時間のスケジュールで予選2回目がスタート。2回の予選をあわせたタイムで決勝のグリッドが決定された。
 予選2回目も天候は不安定で、1周約25kmと長いコースでは、場所によっては雨もぱらつくというコンディションの下で開始された予選2回目、200台近い参戦車両によるコース上の混乱や、コンディションの回復を読んでアタックした2台のLFAは、着実にタイムを刻み、飯田章/石浦宏明/大嶋和也組の88号車がクラス2番手(総合23番手)、木下隆之/脇阪寿一/アンドレ・ロッテラーの87号車がクラス3番手(総合26番手)を確保。
 2台共に、予選総合30番手以内に与えられる青ランプ(速い車両を識別するためにフロントウィンドウ内側の助手席側に取り付けられる)を獲得し、明日の決勝へと臨むことになった。

 ニュルブルクリンク24時間レースは、数多くの観客が集まることでも知られている。先週末よりコースサイドに設けられたテントサイトには、早くも無数のキャンピングカーやテントが並び、熱狂的なファンがレーシングカーの走行に声援を送っていた。

 決勝レースは25日(土)午後4時(日本時間 同日午後11時)にスタートが切られ、翌26日(日)午後4時(日本時間 同日午後11時)にゴールを迎える。

GAZOO Racing チーム監督 飯田章:
「今日の結果には満足している。GAZOO Racing参戦5年目で初めて青ランプを獲得できたことは素直に嬉しい。車の仕上がりも良い。メカニックもいつも通りの正確で素早い作業をしてくれると確信している。24時間レースは自分たちとの戦いでもあるが、明日の決勝をとても楽しみにしている」 

GAZOO Racing ドライバー 木下隆之:
「速さの証明である青ランプを得られてとても嬉しい。ライバルも早くなっているが、我々のLFAも相対的に競争力が上がっていると感じている。また、車の進化だけでなく、メカニックの進化も見て取れた」 

GAZOO Racing ドライバー アンドレ・ロッテラー:
「これまで色々なサーキットを走った私だが、ニュルは本当に面白いコースだ。自分は今季VLNを走らなかった分、ステップ・バイ・ステップで慣らしていくつもりだ。明日の決勝レースはチーム全員で戦う」

GAZOO Racing ドライバー 石浦宏明:
「ニュルのコースはVLNで経験しているが、やはり24時間レースの本番では雰囲気がずいぶん違う。走っていても、ファンのお祭りムードが伝わってくる。本当に真っ暗な中を走るのは初めての経験で、緊張もしたが、コース脇のバーベキューの明かりが見えたり、走っていて楽しかった。明日の決勝ではベストを尽くしたい」 

予選結果(暫定) 車番 車両 ドライバー 順位
88 LEXUS LFA(SP8クラス) 飯田章/石浦宏明/大嶋和也 総合23番手/クラス2番手
87 LEXUS LFA(SP8クラス) 木下隆之/脇阪寿一/アンドレ・ロッテラー 総合26番手/クラス3番手

■GAZOO Racingレースレポート&ブログ
GAZOO Racingは、2007年からニュルブルクリンク24時間耐久レースという過酷なモータースポーツへのチャレンジを通じて、クルマと人を鍛え、味のあるいいクルマづくりに取り組む様子を、チームメンバー自身によるレースレポートを通じて発信している。
今年はさらに、ドライバーインタビュー動画や、GPSを用いたLFAの走行位置情報など、よりわかりやすい情報をリアルタイムに配信する。

  GAZOO Racing ニュルブルクリンクへの挑戦2011 ~クルマの味探しの旅~
  http://gazoo.com/racing/grmn/nur2011/

  GAZOO Racing 応援特別サイト
  http://gazoo.com/racing/grmn/nur2011/supporter/

  GAZOO Racing 現地レポートブログ(ジミー)
  http://gazoo.com/g-blog/circuitreport/index.aspx

|

« INDY:Rd.8アイオワ 予選結果 | トップページ | INDY:ホンダモータースポーツリリース”佐藤琢磨がキャリア初、日本人初のポールポジションを獲得” »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52038066

この記事へのトラックバック一覧です: 24hours:GAZOO Racing、ニュル24時間レース予選でクラス2,3番手を確保 :

« INDY:Rd.8アイオワ 予選結果 | トップページ | INDY:ホンダモータースポーツリリース”佐藤琢磨がキャリア初、日本人初のポールポジションを獲得” »