« NASCAR:Rd.14ポコノ レース結果 | トップページ | LM24:Audi、軽量技術によりルマンで優勝 »

2011年6月13日 (月)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティとウィル・パワーがダブルヘッダーでそれぞれ優勝”

ダリオ・フランキッティとウィル・パワーがダブルヘッダーでそれぞれ優勝
佐藤琢磨は第1レースでオーバルでの自己ベストとなる5位フィニッシュ

In110612001h6月11日(土)、IZODインディカー・シリーズ第6戦の決勝レースが開催されました。

ナイト・レースとして開催するテキサス・モーター・スピードウェイでのインディカー・レース。今年は新たな試みとして、1周1.5マイルのコースを114ラップするレースを続けて2回行うダブルヘッダー方式で行われました。

気温が徐々に下がっていく夜の7時15分過ぎに第1レースがスタート。予選2番手だったダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)は、ポール・スタートだったアレックス・タグリアーニ(Sam Schmidt Motorsports)を序盤にパス。110周をリードする圧倒的な速さで優勝へと逃げ切りました。

In110612002h 2位にはフランキッティのチームメートであるスコット・ディクソンが予選7位から入賞し、予選3番手だったウィル・パワー(Team Penske)が3位に入りました。

In110612006h佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)は、オーバルにおける自己ベストとなる予選4位からスタート。ディクソンに先行を許したために1つ順位を落としたものの、今年の開幕戦セント・ピータースバーグに並ぶ5位でのゴールを果たしました。これまでのオーバルでのベストは昨年、ツインリンクもてぎで行なわれたインディ・ジャパンでの12位だったため、5位はオーバルにおけるキャリア・ベストのリザルトとなりました。

また、第2レースは、出場ドライバー全員がクジを引いてスターティング・グリッドを決定するルールを採用。第1レースの順位が悪かった順にクジを引きましたが、ここで明暗が大きく分かれました。パワーが3番グリッドを引いたのに対し、フランキッティは28番手、ディクソンは18番手と後方からのスタートを余儀なくされました。

In110612003hフランキッティ、ディクソンのChip Ganassi Racing勢がトラフィックをかいくぐってポジションを上げるのに四苦八苦する中、パワーはポールポジションだったトニー・カナーン(KV Racing Technology-Lotus)、2番手スタートだったルーキーのワイド・カニンガム(Sam Schmidt Motorsports)をパスし、見事オーバル初優勝を飾りました。

In110612004hディクソンは18番手スタートながら、一時はパワーに迫る勢いで猛追。しかし、逆転は果たせず、2レースとも2位という悔しい結果でフィニッシュしました。第1レースで優勝を果たしたフランキッティは、28番グリッドから7位まで順位を上げてフィニッシュしました。25番手スタートだった佐藤も13台抜きを達成し、12位でゴールすることに成功しました。

In110612005h予選と決勝2レースの合計で最も大きいポイントとなる45点を稼いだのはパワーで、2番目の40点を獲得したのはフランキッティとディクソンの2人でした。以下、ライアン・ブリスコー(Team Penske)が32点で4番手、エリオ・カストロネベス(Team Penske)が26点で5番目に多くポイントを手に入れました。タグリアーニは25点で6番手、そして、佐藤とカナーンが24点で7位タイでした。今回のレースでフランキッティとパワーは1勝ずつを分け合いましたが、総合首位のパワーがポイント・リードを16点から21点へと広げることとなりました。

コメント
ウィル・パワー(3位/優勝)

「ついにオーバルでの初勝利を挙げることができました。最高の気分です。マシンは第1レースからとてもよかったです。ピットでのタイムロスからかスコット・ディクソンに先行を許しましたが、いいレースを戦えていました。第2レースはクジ引きで3番グリッドを引いたのが大きかったです。ディクソンが追いついてきましたが、トラフィックをくぐり抜ける間に差を広げることに成功しました。その上、一番の目的だったポイント・リードを広げることも実現できたので、本当にうれしいです」

ダリオ・フランキッティ(優勝/7位)
「第1レースでは、タイヤが消耗してからのトラフィックの処理は大変でしたが、マシンがすばらしく、優勝することができました。テキサスの多くのファンの前で初めて優勝できたので、今晩は自分を祝福していいはずなのですが、そういう気分にはなれません。このレースはチャンピオンシップがかかったレース。グリッドやポジションはドライバーやチームのスキルによって決定されるべきでしょう。ウィル・パワーは与えられた状況を味方につけ、すばらしいレースを戦いました。自分にもチームにも一切のミスがありませんでしたが、僕らは大きな不利を背負わされました。それでもクルーたちがすばらしいピットストップを行い、僕も全力で走り、7位まで順位を上げてゴールできました」

In110612013h佐藤琢磨(5位/12位)
「第1レースは高いポジションを保って戦い抜くことができました。走り始めはハンドリングもよくなく、スピードも足りていませんでしたが、ピットストップでセッティングを変更してからはマシンがかなりよくなりました。それでも単独走行でのスピードがもう少し欲しいところでした。第2レースはクジ運が悪くて25番手という後方からのスタートとなったため、追い上げていくのが大変でした。不足していたスピードを上げようとしたセッティングでは、トラフィックの中でのドライビングが難しく、イエローフラッグが出なかったので、コース上でオーバーテイクするしかありませんでした。それでも、かなりのマシンをパスできましたし、こうして2レース両方を完走できた点も大きいですね。自分もチームも大きな進歩を遂げることができたと思います。これからのレースにつながる経験になりました」

ロジャー・グリフィス|HPDテクニカル・ディレクター
「今回導入されたスプリントを2回続けて行う新フォーマットでのレースは大成功でした。サーキットに集まってくれたファンは、レースとレースの間のクジ引きも含め、ダブルヘッダーを大いに楽しんでくれました。ウィル・パワーはオーバル初優勝も達成しました。ただし、第2レースのグリッド決定がクジ引きという点は、来シーズンに向けて検討をし直す必要があるでしょう。 ダブルヘッダーではスペアカーにエンジンを搭載しておいていいルールのため、HPDとしては多くのエンジンを用意する必要がありました。カリフォルニアのスタッフがハードワークをこなし、45台がテキサスへと万全の状態で持ち込まれ、今回もトラブルのないレースを実現することができました」

In110612014h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝 レース1
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F 00:54:47.2787
2 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +0.0527
3 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +0.2064
4 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +0.4109
5 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +1.4174
6 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +1.4337
7 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +2.1127
8 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +2.5355
9 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +2.8146
10 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +4.3388
11 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +4.7842
12 8 ポール・トレイシー Dragon Racing D/H/F +7.0114
13 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +1Lap
14 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +2.3334
15 88 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing D/H/F +2.9550
16 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +3.0830
17 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +5.0363
18 67 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing D/H/F +5.2687
19 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +15.7987
20 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +22.2705
21 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +2Laps
22 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +5.9363
23 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +6.8732
24 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F +9.5881
25 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F +14.1623
26 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +3Laps
27 11 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +5Laps
28 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F +17Laps
29 99 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports D/H/F +22Laps
30 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +23Laps

レース2
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F 00:48:08.9739
2 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +0.9466
3 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +4.6524
4 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +9.5738
5 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +14.3723
6 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +16.9488
7 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +18.4374
8 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +18.5558
9 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +21.7976
10 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +24.0923
11 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +24.6397
12 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +1Lap
13 8 ポール・トレイシー Dragon Racing D/H/F +3.8160
14 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +3.8642
15 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +4.1051
16 67 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing D/H/F +4.3280
17 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F +4.8183
18 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +10.0966
19 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +13.2919
20 88 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing D/H/F +13.8785
21 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +17.0934
22 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +25.1956
23 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +2Laps
24 19 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing D/H/F +6.6572
25 11 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +14.2536
26 99 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports D/H/F +22.7651
27 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +3Laps
28 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F +7.0898
29 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F +9.5770
30 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +10Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ウィル・パワー Team Penske 239
2 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 218
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 169
4 オリオール・セルビア Newman Haas Racing 163
5 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus 159
6 ライアン・ブリスコー Team Penske 146
7 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing 136
8 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports 135
9 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 125
10 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus 118
11 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 117
12 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 117
13 マイク・コンウェイ Andretti Autosport 114
14 エリオ・カストロネベス Team Penske 111
15 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 111
16 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 102
17 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 100
18 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing 92
19 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 89
20 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus 88
21 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 81
22 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing 72
23 ラファエル・マトス AFS Racing 67
24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 67
25 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 65
26 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian 59
27 ポール・トレイシー Dragon Racing 44
28 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing 44
29 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing 39
30 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan 30
31 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 29
32 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing 28
33 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing 27
34 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 26
35 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing 24
36 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 21
37 バディ・ライス Panther Racing 20
38 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport 16
39 ピッパ・マン Conquest Racing 15
40 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports 10
41 ティービーエー Dale Coyne Racing 0
42 ブルーノ・ジュンケイラ A.J. Foyt Enterprises 0
43 ホーピン・タン Schmidt Dragon Racing 0
44 スコット・スピード Dragon Racing 0

|

« NASCAR:Rd.14ポコノ レース結果 | トップページ | LM24:Audi、軽量技術によりルマンで優勝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/51934385

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”ダリオ・フランキッティとウィル・パワーがダブルヘッダーでそれぞれ優勝”:

» INDY(89) Rd.6 YouTube テキサス決勝レポート [戀は糸しい糸しいと言う心]
ミルウォーキーの事前テスト、インディジャパンがロードコースになった件など佐藤琢磨の現地インタビュー [続きを読む]

受信: 2011年6月14日 (火) 23時17分

« NASCAR:Rd.14ポコノ レース結果 | トップページ | LM24:Audi、軽量技術によりルマンで優勝 »