« DTM:Rd.4レッドブルリンク フリー走行結果 | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク 予選結果 »

2011年6月 4日 (土)

LM24:FIAとACOが共同で世界耐久選手権を創設

(C)LMS/FIA-GT1 拡大します

6月3日、F1Aとフランス西部自動車クラブ(ACO)は共同して2012年からFIAワールド・エンデュランス・チャンピオンシップをスタートすることを発表した

新シリーズは昨年スタートしたインターナショナル・ルマンカップ(ILMC)を引き継ぐもので2011年のカレンダーがそのベースとなり、少なくとも6つのイベントが行われルマン24時間レースもその1戦として行われる。チャンピオンシップの詳細は6月9日にルマン・ミュージアムで、FIA会長ジャン・トッドにより発表される。

今回のFIAの発表では、FIAエンデュランス・チャンピオンシップのタイトルは、コンストラクターとドライバーに与えられ、FIA GTエンデュランス・ワールドカップは、コンストラクタータイトルのみとなっている。

GTクラスについては、2012年からGTワールドクラスとして1本化される。これまでの2011年GT1、2009年GT2、2011年GT3は性能調整されて同じレースを戦うことになる。これはシリーズにより多くのメーカーを呼び込むためとされている。

昨年から新規定マシンを導入したFIA-GT1選手権は、2年目の今年に入ってもフォード、ニッサン、ランボールギーニの3メーカー以外の新規定マシンは参加せず、以前として旧規定マシンとの混走で行われている。その一方、ACOは今年からルマン24時間レースやルマンシリーズで従来のGT2をベースとしたマシンにより行われており、新シリーズは両者の融合を目指したものととらえられる

|

« DTM:Rd.4レッドブルリンク フリー走行結果 | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク 予選結果 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24:FIAとACOが共同で世界耐久選手権を創設:

» WEC復活! [end it all]
FIAとACOが共同で世界耐久選手権を創設(FMotorsports Kaigai) マジで? って感じなんですが、とりあえず来年よりWEC復活らしいっすわ ILMCになって仕切りがダルくなってきたACOと GT1のコスト高騰・...... [続きを読む]

受信: 2011年6月 7日 (火) 00時15分

« DTM:Rd.4レッドブルリンク フリー走行結果 | トップページ | DTM:Rd.3レッドブルリンク 予選結果 »