« F2:Rd.5ブランズハッチ レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

2011年7月25日 (月)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーが今シーズン4勝目を飾る”

ウィル・パワーが今シーズン4勝目を飾る
ポールポジションスタートの佐藤琢磨は不運なアクシデントにより21位フィニッシュ

In110725001hカナダでの今シーズン2レース目は、アルバータ州エドモントンのダウンタウンにある空港を使って開催されました。今年から採用されている新しいコースレイアウトは、80周のレースをオーバーテイク・シーン満載のエキサイティングなものとし、集まったファンを沸かせていました。新しいプロモーターによるエドモントン・インディは、土曜日までの寒さや雨とは正反対の好天に恵まれ、大成功を収めることとなりました。

In110725002h予選2番手からスタートしたウィル・パワー(Team Penske)は、序盤の19周目に佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)からトップを奪い、そこからゴールまでほぼ全ラップでトップを守り通すすばらしい速さを見せました。レース終盤には予選9番手だったチームメートのエリオ・カストロネベス(Team Penske)がパワーとの差を縮めてアタックし続けましたが、パワーはミスを犯すことはなく、ハイペースを保って走り続け、カストロネベスに0.8089秒差をつけてチェッカーフラッグを受けました。この勝利はパワーにとって今シーズン4勝目、キャリア13勝目でした。 In110725003h In110725004h

キャリア2回目のポールポジションスタートだった佐藤は、18周目までトップをキープしました。タイヤの内圧が想定以上に上昇したためにペースが下がってしまい、4番手までポジションを下げた佐藤は、ピットストップでさらに後退を余儀なくされましたが、フルコース・コーションのあとのリスタートで一気に2番手へとジャンプアップを果たしました。

In110725006hしかし、38周目のターン5で佐藤はライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)から接触を受けたため、初優勝、あるいは初の表彰台フィニッシュの可能性を失ってしまいました。インをのぞき込む動きを見せたハンターレイは、まだ佐藤のマシンの横に並びかけることもできていなかった状況でブレーキングを失敗し、佐藤のリアタイヤへと突っ込んできたのです。これにより佐藤はスピンを喫し、エンジンをストールさせたために1周遅れに陥り、それをばん回できぬままゴールを迎えることとなりました。

ポイントリーダーのダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)は、4番グリッドからスタートしながら、レース中盤にトップ10から滑り落ちました。しかし、そこから粘り強いレースを続け、3位までポジションを盛り返して表彰台フィニッシュを果たしました。

フランキッティが3位だったことから、パワーは優勝と最多リードラップ記録によって52点を加算しましたが、ポイントトップのフランキッティとの差は17点しか縮めることは叶いませんでした。しかし、今回の優勝によってパワーが逆転タイトル獲得への可能性をつなぎ止めたことは確かです。次のシーズン第11戦以降もチャンピオン争いはし烈なまま続いていきそうです。

コメント
ウィル・パワー(優勝)

「レース終盤は、エリオ・カストロネベスとダリオ・フランキッティがすぐ後ろからプッシュし続けてきたので、本当にハードでした。彼らを突き放そうとがんばり続けましたが、そうすることができなかったのです。苦しい戦いの末に優勝を飾ることができて、とてもうれしいです。Team Penskeにとっては1-2フィニッシュでもありました。エドモントンの新レイアウトは、ドライバーに全力を出しきることを要求するすばらしいものでした。私は今日、このコースを使ってレースをすることを心から楽しみました。今シーズンの残るレースも、今日のようにフランキッティより前の順位でフィニッシュし続け、最終戦までチャンピオンの座を争い続けたいと考えています」

エリオ・カストロネベス(2位)
「Team Penskeにとって1-2フィニッシュというすばらしい結果となりました。私が優勝できていたらもっとうれしかったかもしれませんが、後方から2位まで順位を上げていくのに多大な力を使い、最後にウィル・パワーを逆転するだけの余力が私と私のマシンには残されていませんでした。レース終盤にフルコースコーションが出されていたら、逆転のチャンスが生まれていたかもしれません。今日のレースにおける2位は満足のいく結果です」

ダリオ・フランキッティ(3位)
「今日の私たちのマシンはとても速かったと思います。しかし、私はリスタートでミスをしたため、ポジションは10番手まで下がってしまいました。そこから3位までばん回できたのは、燃費をセーブして走行周回数を伸ばし、自分の前からマシンが消えたところでペースをアップしたからでした。失った順位を回復させることができたのはチームの力によってでした。そして、チャンピオン争いでのポイントのロスを小さなものに抑えることができました」

In110725012h 佐藤琢磨(21位)
「こんなに後方順位でのフィニッシュになるなんて、本当に残念です。スタートはとてもエキサイティングで、レースをリードし、とてもいい気分で走っていました。しかし、そのあとに小さな問題が発生していくつかポジションを落としました。そこでフルコースコーションになってピットストップを行い、我々はタイヤを交換しました。そしてリスタートを迎え、失ったポジションをほぼすべて取り戻す2番手にまで順位を上げました。すべてが順調に戻り、余裕を持ったペースで走り続けていました。そう思っていたところへ、残念なことにハンターレイがヒットしてきて、マシンにダメージが与えられ、周回遅れにもなってしまいました。そこからはとても長いレースとなり、モチベーションを保ち続けるのも難しくなっていました。クルーたちのためにも今回の件は本当に残念です。彼らは週末を通じて一生懸命に働いてくれていました。アクシデントの起こったレース中盤までは、自分たちのチームにとって非常にポジティブだと感じることのできる週末となっていました。私としては、今日のレース結果はただただ残念で仕方がありません」

ロジャー・グリフィス|HPD テクニカル・ディレクター
「予選日までは散々な天候でしたが、決勝レースは快晴の下で行うことができ、とても多くのファンがサーキットに集まってくれました。新レイアウトはレースをよりエキサイティングなものにしていました。少々エキサイティングに過ぎたと感じざるを得ないドライバーたちもいたようです。佐藤琢磨はそのうちの1人でした。とても不運な接触によって、上位でのフィニッシュのチャンスが消えました。ウィル・パワーが見事な優勝を飾り、エリオ・カストロネベスが2位でフィニッシュしてTeam Penskeの1-2フィニッシュが達成されました。ダリオ・フランキッティは一旦順位を落としながら、焦らず、決して無理をせず、粘り強く走り続けて表彰台に上りました。残念なのはスコット・ディクソンが序盤にしてマシンを大きく壊し、チャンピオン争いから脱落しつつあることです。どうやらチャンピオン争いはフランキッティとパワーの2人に絞り込まれた感じです。しかし、チャンピオン争いのほかにもインディカー・シリーズには見所があります。佐藤など何人かのドライバーたちには、キャリア初勝利を記録する可能性が残りのシーズンの中に大きくあると考えられるからです。彼らの戦いぶりにも注目をしていきたいと思います」

In110725015h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F 1:57:22.5177
2 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +0.8089
3 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +1.1735
4 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +11.1507
5 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +11.7835
6 19 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing D/H/F +12.6681
7 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +18.0259
8 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F +18.3563
9 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +21.0430
10 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +31.1578
11 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +35.5404
12 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +37.5572
13 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +67.2455
14 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +70.2013
15 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +71.1179
16 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F +75.7811
17 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +75.8866
18 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F +76.1893
19 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +1Lap
20 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +48.2156
21 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +60.5636
22 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +4Laps
23 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +6Laps
24 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +26Laps
25 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +80Laps
26 8 ポール・トレイシー Dragon Racing D/H/F +80Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 388
2 ウィル・パワー Team Penske 350
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 282
4 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus 253
5 オリオール・セルビア Newman Haas Racing 244
6 ライアン・ブリスコー Team Penske 239
7 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 232
8 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing 218
9 エリオ・カストロネベス Team Penske 212
10 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 212
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 195
12 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 189
13 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports 186
14 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 183
15 マイク・コンウェイ Andretti Autosport 180
16 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus 180
17 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 176
18 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing 173
19 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 149
20 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus 147
21 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 141
22 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 128
23 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing 120
24 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 114
25 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing 100
26 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing 72
27 ポール・トレイシー Dragon Racing 68
28 ラファエル・マトス AFS Racing 67
29 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian 59
30 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 58
31 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan 30
32 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing 28
33 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing 27
34 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 26
35 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing 24
36 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 21
37 バディ・ライス Panther Racing 20
38 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport 16
39 ピッパ・マン Conquest Racing 15
40 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports 10
41 TBA Dale Coyne Racing 0
42 ブルーノ・ジュンケイラ A.J. Foyt Enterprises 0
43 ホーピン・タン Schmidt Dragon Racing 0
44 スコット・スピード Dragon Racing 0

|

« F2:Rd.5ブランズハッチ レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52302798

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”ウィル・パワーが今シーズン4勝目を飾る”:

« F2:Rd.5ブランズハッチ レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »