« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”カイル・ブッシュが今季3勝目でランキング首位浮上!” | トップページ | GP2:アジアシリーズを統合 »

2011年7月11日 (月)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”トロントのストリートレースでダリオ・フランキッティが今シーズン4勝目を飾る”

トロントのストリートレースでダリオ・フランキッティが今シーズン4勝目を飾る
佐藤琢磨は接触により大きく出遅れるも完走して20位


In110711001hIZODインディカー・シリーズ、2011年の折り返し点となる第9戦はカナダのオンタリオ州トロントで開催されました。今年もオンタリオ湖畔でのレースウイークエンドは好天に恵まれ、心地よい初夏の暑さの中で大勢のファンがインディカー・レース観戦を楽しみました。

路面に凹凸が多く、ドライビングが難しいことで知られるトロントのストリートコースでは、ウィル・パワー(Team Penske)がポールポジションを獲得し、予選2、3番手にはライバルチームであるChip Ganassi Racingのスコット・ディクソンとダリオ・フランキッティが並びました。シリーズポイントでもトップ3を占める彼らは、トロントですさまじいバトルを展開し、集まったファンを熱狂させました。

In110711015hレースはスタート直後の1周目にトニー・カナーン(KV Racing Technology-Lotus)とライアン・ブリスコー(Team Penske)のアクシデントが発生したのを皮切りに、フルコースコーションが8回も出される荒れた展開となり、クラッシュにより6台がリタイアを喫したほどでした。チャンピオン争いを繰り広げているパワーとフランキッティも85周のレースの56周目に接触。パワーはその後にアレックス・タグリアーニ(Sam Schmidt Motorsports)に追突され、ゴールまで走ることができませんでした。

In110711002hピットストップのタイミングの違いによって、レース終盤にはグラハム・レイホール(Chip Ganassi Racing)がトップに躍り出ましたが、チームメートのフランキッティとスコット・ディクソンが彼をパス。最後はフランキッティとディクソンによるチームメート同士のバトルとなり、フランキッティが今シーズン4勝目、キャリア30勝目を飾りました。3位には昨年同様にライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)が入賞し、4位には第8戦アイオワで優勝したばかりのマルコ・アンドレッティ(Andretti Autosport)が、予選20番手という後方スタートながら食い込みました。

In110711003h In110711004h インディカー・シリーズ参戦2年目の佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)は、昨年もトロントでは予選が18番手と苦戦気味でしたが、今年も19番手からという後方スタートとなりました。プラクティス、予選を通して思い通りにマシンセッティングを向上させることができなかった佐藤は、決勝に向けて大胆にセッティング変更。しかし、レース序盤の7周目にターンでダニカ・パトリック(Andretti Autosport)と接触してしまいました。それでも、チームはダメージを修理して佐藤をレースへと復帰させ、20位でのゴールを果たしました。

In110711005hこの結果、トロントを前に行われたオーバル4連戦でポイントトップに躍り出ていたフランキッティは、パワーがクラッシュによるリタイアで10点しか稼げなかったため、ポイントリードを20点から55点へと大きく広げることに成功しました。

コメント
ダリオ・フランキッティ(優勝)

「とてもワイルドなレースでした。トロントでのレースはミスを許さないものとしてとても難しく、今日も多くのドライバーたちが攻撃的なドライビングを展開していて、アクシデントが多発していました。私はレース終盤にチームメートのグラハム・レイホールと好バトルを行い、その後には、やはりチームメートのスコット・ディクソンとトップ争いを繰り広げました。ディクソンは今週とてもマシンの仕上がりがよかったので、彼を封じ込めるのは難しいかとも考えましたが、ゴール前の数ラップで私のマシンはとてもハンドリングがよくなっており、優勝することができました。キャリア30勝目を飾ることができ、とてもうれしく思います。

ウィル・パワーとの接触は、彼のイン側に入ってコーナーをサイド・バイ・サイドで回ったことで起こりました。自分としては壁が右側に迫っていて、あれ以上は右に寄ることができない状態でした。アクセルを戻して接触を避けるつもりが、少し反応が遅かったようで彼とぶつかってしまいました。残念ですが、あの接触はレーシングアクシデントだったと思います。今日に限らず、私は誰に対しても汚いレースをしたことはありません」

スコット・ディクソン(2位)
「優勝できなかったのはとても残念です。ストリートレースでは運も重要で、それが今日の自分たちになかったという点を悔しいと感じます。ダリオ・フランキッティが速いのは間違いのない事実ですし、今日の彼らは作戦もよかったのでしょうが、運の絡むレースとなると、いつでも彼が勝つという印象があります。私たちのマシンはとてもハンドリングがよく、優勝を狙って戦うことができていましたが、最後はレース展開と、それに合わせた作戦が私たちからチャンスを奪ってしまいました。レース序盤に早めのピットストップを行う作戦は私たちも検討していましたが、ダリオが先に入ることとなり、チームは私には走り続けさせる作戦を採用し、その作戦がうまくいかなかったということです」

ライアン・ハンターレイ(3位)
「今回3位に入賞できたので、次は優勝を目指します。Chip Ganassi Racingが今日はすばらしいレースを戦っていました。ダリオにおめでとうと言いたいです。彼らのマシンは本当に速かったですから。レース終盤にグラハム・レイホールに接触してしまったのは残念でした。トロントでのレースで起こりがちなアクシデントだったと思います。今日のレースは本当に激しかったと感じています。表彰台に上がることができ、うれしく思います。順調に戦ってトップ3フィニッシュができた、というレースではありませんでしたから」

In110711014h佐藤琢磨(20位)
「ターン3のアクシデントは、相手がアウト側に動くという読みもあってのものでした。コースがとてもバンピーでリスタートではタイヤも温まりきっていない状態なので、本当にバトルは難しいものとなっていました。昨年のトロントが序盤でのリタイアでしたし、2種類のタイヤのパフォーマンスを確認するためにも、マシンを修理してレースに復帰しました。決勝用に向けてのマシンセッティングは、朝のファイナルプラクティスからさらに変更をしていきましたが、まだ本当にいいという状態にはなっていませんでした。次のエドモントンは、バンピーなコースといってもトロントとはキャラクターの異なるものなので、今回よりもよい戦いをすることができると思います」

エリック・バークマン|HPD社長
「アクシデントが多ければエキサイティングということではありませんが、今日のレースはとてもエキサイティングなものになっていたと思います。ダリオ・フランキッティの優勝、そしてChip Ganassi Racingの1-2フィニッシュを讃えたいと思います。ドライバーたちはそれぞれが言い分を持っているのでしょうが、接触が数多く起きていたのは事実です。走りが楽観的になって追突しているケースや、相手に十分なスペースを与えなかったためにぶつかっているケースなどが見られました。しかし、ドライバーたちは常にハードにレースを戦うもので、ポジションを1つでも上げようと全力を振り絞って戦っているのです。ファンは彼らのそうしたファイト、そして姿勢をエンジョイしてくれるのだと思います。今日はペナルティについても意見の分かれるものがありました。インディカー・シリーズは今後のレースに向け、改めてルールについての協議を行う必要があるでしょう」

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F 1:56:32.1501
2 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F +0.7345
3 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +6.0144
4 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +7.5671
5 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +9.0117
6 19 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing D/H/F +9.3114
7 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +9.8735
8 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +14.1750
9 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +14.7843
10 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +15.7603
11 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +16.8992
12 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +19.8736
13 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +21.3123
14 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +1Lap
15 22 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +2Laps
16 8 ポール・トレイシー Dragon Racing D/H/F +3Laps
17 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +4Laps
18 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F +20.5698
19 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +6Laps
20 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +19.4915
21 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +8Laps
22 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F +9Laps
23 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +14Laps
24 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +19Laps
25 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F +42Laps
26 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +83Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 353
2 ウィル・パワー Team Penske 298
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 270
4 オリオール・セルビア Newman Haas Racing 232
5 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus 221
6 ライアン・ブリスコー Team Penske 219
7 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 216
8 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing 208
9 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 193
10 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports 173
11 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 173
12 エリオ・カストロネベス Team Penske 172
13 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 171
14 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus 167
15 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing 158
16 マイク・コンウェイ Andretti Autosport 156
17 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 153
18 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 150
19 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 137
20 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus 135
21 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 129
22 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 111
23 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing 106
24 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 102
25 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing 72
26 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing 72
27 ラファエル・マトス AFS Racing 67
28 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian 59
29 ポール・トレイシー Dragon Racing 58
30 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 58
31 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan 30
32 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing 28
33 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing 27
34 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 26
35 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing 24
36 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 21
37 バディ・ライス Panther Racing 20
38 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport 16
39 ピッパ・マン Conquest Racing 15
40 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports 10
41 ティービーエー Dale Coyne Racing 0
42 ブルーノ・ジュンケイラ A.J. Foyt Enterprises 0
43 ホーピン・タン Schmidt Dragon Racing 0
44 スコット・スピード Dragon Racing 0

|

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”カイル・ブッシュが今季3勝目でランキング首位浮上!” | トップページ | GP2:アジアシリーズを統合 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52177852

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”トロントのストリートレースでダリオ・フランキッティが今シーズン4勝目を飾る”:

« NASCAR:トヨタモータースポーツニュース”カイル・ブッシュが今季3勝目でランキング首位浮上!” | トップページ | GP2:アジアシリーズを統合 »