« BTCC:Rd.6スネッタートン レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

2011年8月 8日 (月)

INDY:ホンダモータースポーツリリース”スコット・ディクソンがライバル勢を圧倒して今季初勝利”

スコット・ディクソンがライバル勢を圧倒して今季初勝利
佐藤琢磨は予選9番手から自己ベストの4位フィニッシュ

In110808001hIZODインディカー・シリーズ第11戦は、オハイオ州のほぼ中央に位置する都市、コロンバスの郊外にあるミッドオハイオ・スポーツカー・コースで27台のエントリーを集めて開催されました。コロンバスはホンダオブアメリカマニュファクチャリング・インコーポレーテッドのファクトリーがあるメアリーズビルからも近く、決勝日が快晴に恵まれたことも手伝って、多くのファンがサーキットに詰めかけ、レーススタートの時を待ってコースサイドに陣取っていました。

アメリカ屈指のテクニカルさを誇るミッドオハイオ・スポーツカー・コースは、今年で50周年。記念すべき年に開催されたHondaインディ200は、インディカーならではのスピードと、エキサイティングなバトルで、集まったファンが堪能できるレースとなりました。

In110808002h 全長2.258マイルのコースを85周するレースは、アクシデントによるフルコースコーションが2回しか出されなかったことからハイペースで進み、2回のピットストップでゴールまで走りきれる展開となりました。ポールポジションからスタートしたスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)は、レース序盤はピットタイミングをずらしたルーキーのジェームズ・ヒンチクリフ(Newman Haas Racing)にトップを走らせ、2回目のピットストップのタイミングでちょうど出されたフルコースコーションによって、チームメートのダリオ・フランキッティ(Chip Ganassi Racing)に先行を許すシーンもありましたが、プラクティスと予選で保ち続けてきた速さを決勝レースでも変わることなく発揮し、リスタート後にフランキッティをパスしてトップに返り咲くと、リードを7秒以上にまで広げて悠々とゴールしました。

In110808003h In110808004h 圧倒的なパフォーマンスで勝利したディクソンでしたが、この優勝は今シーズン初めてのものとなりました。キャリア26勝目で、ミッドオハイオでは3勝目。また、53点という高得点を1レースで稼ぎ、ポイント2位のウィル・パワー(Team Penske)が14位と低迷したことから、差を68点から一気に31点まで縮めました。また、ランキングトップのフランキッティも、2位のパワーに62点もの差をつけ、シリーズタイトル争いをさらに有利な状況へ進めています。

In110808005h予選9番手だった佐藤琢磨(KV Racing Technology-Lotus)は、決勝前のファイナルプラクティスでは27台の中で26番手のラップタイムしか出せませんでしたが、今週末に3台体制のチームが集めたデータを再度検討して決勝用セットアップを考案し、スタートに臨みました。レースを走り出すと、佐藤のペースは十分に競争力があり、60周目のリスタートでは6番手から4番手へジャンプアップ。前を走るライアン・ハンターレイ(Andretti Autosport)をパスすべく全力での走行を続けましたが、惜しくも届かずに4位でのゴールとなりました。佐藤のキャリアベストは今年のセント・ピーターズバーグとテキサスでの5位だったため、今日の4位によって自己ベストの更新を成し遂げました。

次戦は来週、東部ニューハンプシャー州ラウドンで開催される225マイルレース。1995年にHondaがアメリカン・オープンホイールの最高峰シリーズで初めての勝利を記録した1マイルオーバル、ニューハンプシャー・モーター・スピードウェイでのレースです。

コメント
スコット・ディクソン(優勝)

「ずっと勝てていなかったので、久しぶりの優勝はとてもうれしいです。プラクティス、予選、そして決勝と我々Chip Ganassi Racingのマシンは本当に速く、安定していました。今年から、ミッドオハイオ向けに新たに投入されたタイヤによるものか、路面が変化したのか、週末を通してコースは非常に滑りやすく、マシンのセットアップもドライビングも本当に難しいものになっていたと思います。我々はライバル勢よりも安定感があり、勝利をつかむことができました。献身的に働き続けてくれているクルーたちのためにも、今日勝つことができたことをとても喜んでいます。残るレースでもできる限り多くのポイントを稼ぎ、一つでも上のランキングへと上がれるよう全力を尽くしていきます」

ダリオ・フランキッティ(2位)
「1回目のピットストップのあとには燃費セーブに徹し、できるだけピットインのタイミングを遅らせようとがんばっていました。それを成功させ、スコット・ディクソンの前に出ることに成功したのですが、レース終盤のリスタートのあとにパスされてしまいました。ディクソンは先週のテストの段階からチームメートの私より少し速かったのですが、今週もプラクティス、予選と続けて彼は優位を保っていました。そして、レースでも彼は本当に速かったです。トップに立った彼はリードを広げていったため、私はタイヤをいたわってライアン・ハンターレイにパスされないよう慎重に、冷静に走り続けました。それがディクソンとの差をさらに広げることにつながりました。しかし、私は最後までアタックを続けてきたハンターレイの前の2位でゴールすることができました。チャンピオン争いを行っている相手であるウィル・パワーは、今日はまったく不運でしたね」

ライアン・ハンターレイ(3位)
「ブラックとレッド、2種類のタイヤを使ってのレースは本当に難しかったと感じていますが、それこそがシリーズにタイヤを供給しているファイアストンの狙っているところです。タイヤが2種類あることによって、レースはとてもおもしろいものになっていました。リスタート直後のマシンはコントロールが難しく、何度もアクシデントを起こしそうになっていました。最後はダリオ・フランキッティとのバトルになりましたが、我々のペースはほぼ同じで、トップを行くスコット・ディクソンは我々よりも速いペースで逃げていってしまいました。3位という結果は、とてもうれしいものです」

In110808013h佐藤琢磨(4位)
「4位は自己ベストですからうれしいです。今週末はスムーズにスタートを切れず、予選は9番手でした。トップ10入りできた予選結果は決して悪いものではありませんでしたが、昨年のこのコースで予選3番手だった自分としては、今年は最前列を狙っていましたから、9番手はものすごくガッカリしました。決勝日のウオームアップでは、チームの3台が全部異なるパッケージで走り、自分のマシンはあまりよくなくて、26番手という順位でした。そこからデータをしっかり見直した結果、レースではいいペースで走ることができました。リスタートもトラブルを避けてポジションアップできていました。トップ3にはあと一歩届きませんでしたが、そこにチャレンジをするレースができましたし、残るシーズンへ向けていい手応えをつかむことができたと思います」

エリック・バークマン|HPD社長
「オーバーテイクは少なかったかもしれませんが、このコースはそれが難しいのです。緊張感のある張り詰めたエキサイティングなレースとなっていました。ピットストップのタイミングなどを利用して順位を上げることもミッドオハイオでのレースでは必要です。85周というレース距離は、作戦の重要性を高めていると思います。フルコースコーションの出るタイミングや回数もそこにはからんできますからね。ルーキーのジェームズ・ヒンチクリフは見事なレースを戦っていましたが、コースアウトで上位フィニッシュを逃しました。しかし、彼は能力の高さを見せました。佐藤琢磨もポテンシャルの高さを見せ、もう少しで表彰台という4位でフィニッシュしました。とても多くのファンが集まってくれたミッドオハイオでのレースは、好天にも恵まれ、とてもすばらしいものとなりました」

In110808015h

写真(C)Honda Motor Co Ltd.

決勝
順位 No. ドライバー チーム C/E/T タイム
1 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing D/H/F 1:48:46.9509
2 10 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing D/H/F +7.6508
3 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport D/H/F +9.0784
4 5 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus D/H/F +12.3062
5 82 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus D/H/F +19.9748
6 77 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports D/H/F +20.6267
7 26 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport D/H/F +20.9094
8 2 オリオール・セルビア Newman Haas Racing D/H/F +23.0252
9 19 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing D/H/F +23.6411
10 14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises D/H/F +26.2582
11 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing D/H/F +27.4550
12 78 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing D/H/F +29.0438
13 22 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +29.7880
14 12 ウィル・パワー Team Penske D/H/F +42.5675
15 59 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus D/H/F +45.3255
16 6 ライアン・ブリスコー Team Penske D/H/F +45.7141
17 24 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing D/H/F +47.0943
18 17 マーティン・プロウマン Sam Schmidt Motorsports D/H/F +48.3700
19 3 エリオ・カストロネベス Team Penske D/H/F +48.8679
20 06 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing D/H/F +49.4093
21 7 ダニカ・パトリック Andretti Autosport D/H/F +59.9851
22 67 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing D/H/F +69.2913
23 18 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing D/H/F +69.5303
24 38 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing D/H/F +2Laps
25 4 J.R.ヒルデブランド Panther Racing D/H/F +4Laps
26 27 マイク・コンウェイ Andretti Autosport D/H/F +22Laps
27 34 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing D/H/F +65Laps

ポイントスタンディング
順位 ドライバー マシン 総合ポイント
1 ダリオ・フランキッティ Chip Ganassi Racing 428
2 ウィル・パワー Team Penske 366
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing 335
4 トニー・カナーン KV Racing Technology-Lotus 283
5 オリオール・セルビア Newman Haas Racing 268
6 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport 258
7 ライアン・ブリスコー Team Penske 253
8 グラハム・レイホール Chip Ganassi Racing 230
9 エリオ・カストロネベス Team Penske 224
10 J.R.ヒルデブランド Panther Racing 222
11 アレックス・タグリアーニ Sam Schmidt Motorsports 214
12 佐藤琢磨 KV Racing Technology-Lotus 212
13 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport 211
14 ヴィットール・メイラ A.J. Foyt Enterprises 209
15 ダニカ・パトリック Andretti Autosport 207
16 マイク・コンウェイ Andretti Autosport 190
17 ジェームズ・ヒンチクリフ Newman Haas Racing 185
18 ジャスティン・ウィルソン Dreyer & Reinbold Racing 183
19 シモーナ・デ・シルベストロ HVM Racing 167
20 E.J.ヴィソ KV Racing Technology-Lotus 162
21 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing 160
22 アナ・ベアトリス Dreyer & Reinbold Racing 141
23 セバスチャン・サーベドラ Conquest Racing 130
24 ジェームズ・ジェイクス Dale Coyne Racing 126
25 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing 122
26 エド・カーペンター Sarah Fisher Racing 84
27 ポール・トレイシー Dragon Racing 68
28 ラファエル・マトス AFS Racing 67
29 ダン・ウェルドン Bryan Herta Autosport with Curb/Agajanian 59
30 アレックス・ロイド Dale Coyne Racing 58
31 シモン・パジェノー Dreyer & Reinbold Racing 41
32 ベルトラン・バゲット Rahal Letterman Lanigan 30
33 トーマス・シェクター KV Racing Technology-SH Racing 28
34 ジェイ・ハワード Rahal Letterman Lanigan Racing 27
35 デイビー・ハミルトン Dreyer & Reinbold Racing 26
36 タウンゼント・ベル Sam Schmidt Motorsports 21
37 バディ・ライス Panther Racing 20
38 ジョン・アンドレッティ Richard Petty/Andretti Autosport 16
39 ピッパ・マン Conquest Racing 15
40 マーティン・プロウマン Sam Schmidt Motorsports 12
41 ワイド・カニンガム Sam Schmidt Motorsports 10
42 ブルーノ・ジュンケイラ A.J. Foyt Enterprises 0
43 ホーピン・タン Schmidt Dragon Racing 0
44 スコット・スピード Dragon Racing 0

|

« BTCC:Rd.6スネッタートン レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12265/52423295

この記事へのトラックバック一覧です: INDY:ホンダモータースポーツリリース”スコット・ディクソンがライバル勢を圧倒して今季初勝利”:

« BTCC:Rd.6スネッタートン レース結果 | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »