« Grand-Am&NASCAR:Rd.22:ワトキンスグレン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | 2011 ALMS Round 5: 豪雨のレース、#20 ダイソンMazda MZR-Rが2位獲得 »

2011年8月11日 (木)

寺田陽次郎、初のコークスクリューに「ワクワク!」

Caymjypa 寺田 陽次朗 (c)MZ Racing

北米マツダの招聘により、8月18日から始まるクラシックカーレースイベント「ROLEXモンタレー・リユニオン」に出場することになった寺田陽次郎さんを訪ね、感想をうかがった。

寺田さん 「2000年前後はアメリカのレースにはよく行っていたんですが、何故かラグナセカには行ってなかったんですよね。だから、僕にとっては今回が初走行です。写真やコースレイアウトを見ると、有名なコークスクリューはロードアトランタのように高低差のあるファストコーナーなんでしょうか。早くトライしてみたいですね。初めてのレーストラックはいつでもワクワクしますが、マツダのホームコースで787Bを走らせていただくのは、僕にとっても光栄なこと。声をかけていただいたことに、心から感謝しています。

アメリカのマツダファンの皆さんに、マツダ787Bのビューティフルサウンドをお聞かせします。是非楽しみに待っていてください。また、僕が走ることになっている走行枠には、91年に僕と従野、ピエール・デュドネが乗った787の56号車も走ることになっているそうです。この2台は、僕たちが手塩にかけて育てたマシンですからね。20年ぶりにあのマシンに対面するのもとっても楽しみです。そのほか、1995年に借りてルマンに行ったRX-7 GTOとも会えるそうです。とても懐かしいです。それにしても、アメリカの方は、かつて活躍したレースマシンを本当に大事に動態保存してくれてます。感心しますし、その姿勢には心からリスペクトしたいと思います。では皆さん、マツダレースウェイ・ラグナセカでお会いしましょう」

寺田さんは16日に日本を発ち、サンフランシスコ経由レーストラックに近い、カリフォルニア州モンタレーに入る予定とのことです。

MZ Racingプレスリリース

|

« Grand-Am&NASCAR:Rd.22:ワトキンスグレン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | 2011 ALMS Round 5: 豪雨のレース、#20 ダイソンMazda MZR-Rが2位獲得 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田陽次郎、初のコークスクリューに「ワクワク!」:

« Grand-Am&NASCAR:Rd.22:ワトキンスグレン・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | 2011 ALMS Round 5: 豪雨のレース、#20 ダイソンMazda MZR-Rが2位獲得 »