« ILMC:インターコンチネンタル・ルマン・カップ(ILMC) 第5戦 シルバーストーン6時間耐久レース”プジョー、今期3 度目の勝利” | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

2011年9月13日 (火)

DTM:アウディ、2012年用のニューマシン『A5 DTM』を公開

アウディA5 DTM (C)AUDI AG. 拡大します

アウディは、2012年からドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)で使用する新型マシン『A5  DTM』を公開した。実車は9月13日から開催されるフランクフルト・インターナショナル・モーターショーで展示される。

アウディ・スポーツのプロジェクト名で『R17』と呼ばれるA5 DTMは、2012年から実施されるDTMの新規定に沿って作られている。プロジェクトの3つの重要な目標は、車両の安全性、最高40%のコスト削減と2ドアクーペをベースとする人目を引きつける外観にある。

カーボンモノコックと鋼鉄のゲージからなるボディは、50以上のパーツがDTMの標準パーツで作られている。ボディ全長は5.01メートル、全幅1.95メートル、全高1.15メートル。2012年からのDTMマシンではホイールベースは2.75メートルに規定される。4リッターV8エンジンはこれまでのモデルと同様340KW(460HP)の最高出力を発生する。

その他フロントのエンジンサブフレームやトランスミッションも標準化され、サスペンションパーツの一部やホイールなどもすべてのDTMマシンで共通ものが使用される。空力面でも現在のようなリアホイール後部のウイングは許されず、より市販車に近い外観を持つ一方、リアウイングは大型化されている。

R17プロジェクトは2010年5月にスタートし、1ヶ月後にはA5をベースとすることが決定された。2011年2月からは風洞実験が行われ、7月29日にマーチン・トムゼクの手によってロールアウトした。それ以来A5 DTMのテストは進行しており、来年3月1日にDTMのホモロゲーションを受けるまでマシンの調整が続けられる

 (C)AUDI.AG 拡大します

|

« ILMC:インターコンチネンタル・ルマン・カップ(ILMC) 第5戦 シルバーストーン6時間耐久レース”プジョー、今期3 度目の勝利” | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:アウディ、2012年用のニューマシン『A5 DTM』を公開:

« ILMC:インターコンチネンタル・ルマン・カップ(ILMC) 第5戦 シルバーストーン6時間耐久レース”プジョー、今期3 度目の勝利” | トップページ | Preview:今週末開催の海外レース »