« LM24,WEC:オレカ、2012年にトヨタのルマンプログラムと連携 | トップページ | GP3:バルセロナテストタイム (10月26日) »

2011年10月26日 (水)

DTM:シュペングラー、2012年BWWへ移籍

ブルーノ・シュペングラー (C)DTM Media 拡大します

10月26日、BMWモータースポーツ社は、2012年のドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)のドライバーとしてブルーノ・シュペングラー(28歳:カナダ)と契約したことを発表した。シュペングラーは、アンディ・プリオール、アウガストロ・ファーフスに続く3人目のドライバーとしてBMW M3 DTM をドライブする。

2005年にDTMにデビューしたシュペングラーは、74回のスタートでシリーズ9勝を挙げ、11回のポールと12回のファステストラップも記録している。今シーズンはランキング3位、2006年と2007年にはランキング2位になっている。

BMWモータースポーツ・ディレクターのハンス・マルクアルトは「シュペングラーのチームへの加入はわれわれが望んでいたもののうちの最上のものだった。かれのDTMでの経験はわれわれを大いに助けてくれるだろう。だからかれのチームへの加入のチャンスが来たときためらうことはなかった。3つのチームの内かれをどこで走らせるかはまだ迷っているところだ。それはいずれ発表されるだろう」

BMWのDTMチームは、シャニッツァー、RBMとRMGの3チームから各2台が出場することになっているが、これでようやく半数のドライバーが決定したことになる。

|

« LM24,WEC:オレカ、2012年にトヨタのルマンプログラムと連携 | トップページ | GP3:バルセロナテストタイム (10月26日) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DTM:シュペングラー、2012年BWWへ移籍:

« LM24,WEC:オレカ、2012年にトヨタのルマンプログラムと連携 | トップページ | GP3:バルセロナテストタイム (10月26日) »