« ALMS最終戦 ダイソンMazda MZR-Rは惜しくもリタイヤ | トップページ | NASCAR:グッドイヤー、2017年までの独占タイヤ供給契約を延長 »

2011年10月 5日 (水)

GP2:2012年から1ラウンドで2種類のタイヤを使用、ポイントシステムも変更

(C)GP2 Series Media Service 拡大します

GP2シリーズは、2012年から1つのラウンドでF1と同様にプライムとオプションの2種類のピレリタイヤを使用することを発表した。

各マシンにはレースウィーク中、3セットのプライムと、より柔らかい1セットのオプションの合計4セットのタイヤが供給される。土曜日のフューチャーレースには新品のプライムタイヤを残しておく必要がある。ドライバーはプラクティスと予選を残りの3セットのタイヤで走ることになる。それぞれのタイヤには、F1と同様カラーコードによって識別される。フューチャーレースでは、最低2本のタイヤ交換を必要とするピットストップが義務づけられる。

また、フューチャーレースのポイントシステムもF1と同じく、1位から10位までに25, 18, 15, 12, 10, 8, 6, 4, 2, 1ポイントが与えられることになった。フューチャーレースの上位8位までのリバースグリッドによるスプリントレースでは、1位から8位までに15、12、10、8、6、4、2、1が与えられ、ポールポジションには4ポイント、各レースのファステストラップには2ポイントのボーナスが与えられる。

GP2シリーズディレクターのブルーノ・ミッシェルは今回の変更について「新しいタイヤルールはドライバーに素晴らしいチャンスを与えることになる。われわれのシリーズの主な目的は彼らが常にF1への準備をすることにあり、これまで非常し成功してきた。タイヤ管理を学ぶことは若いドライバーにとってますます重要になっており、モータースポーツの頂点に適応するためのキーとなる。われわれは2種類のタイヤコンパウンドを導入するにあたって、コストを抑えるためレースウイーク中4セットのタイヤ使用を決めた。これはチーム戦略とタイヤ管理によってレースに緊張感を与え、レースを面白いものにするだろう。ピレリがこれをサポートしてくれることに満足している」と述べている。

|

« ALMS最終戦 ダイソンMazda MZR-Rは惜しくもリタイヤ | トップページ | NASCAR:グッドイヤー、2017年までの独占タイヤ供給契約を延長 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GP2:2012年から1ラウンドで2種類のタイヤを使用、ポイントシステムも変更:

« ALMS最終戦 ダイソンMazda MZR-Rは惜しくもリタイヤ | トップページ | NASCAR:グッドイヤー、2017年までの独占タイヤ供給契約を延長 »