« NASCAR:Rd.33マーチンズビル・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | DTM:シュペングラー、2012年BWWへ移籍 »

2011年10月26日 (水)

LM24,WEC:オレカ、2012年にトヨタのルマンプログラムと連携

2012 TOYOTA LMP1 Image (C)Toyota Motorsport GmbH 拡大します

10月26日、フランスのレーシングチームのオレカはトヨタ・モータースポーツ社(TMG)の製作するLMP1マシンで、2012年のルマン24時間レースと世界耐久選手権(WEC)に出場することを発表した。

今年アメリカンルマンシリーズとインターコンチネンタル・ルマンカップ(ILMC)開幕戦、セブリング12時間レースを制したオレカチームは、最近2年はプジョーのセミワークスとして908HDi FAPを走らせていたが、来年からは日本のメーカーと新たな連携を築いていくこととなった。

トヨタのLMP1マシンは、TMGが設計製作するシャーシにトヨタ製の3.4リッターV8ガソリンハイブリッドエンジンを搭載することになっている。

オレカ代表のユング・ド・ショーナックは「これはオレカにとってはまさにビッグテーマだ。TMGに選ばれたことはわれわれが最近成し遂げたことへの大きな報酬である。オレカはセブリングで勝った他、ルマンでもこの5年間で3年連続のトップ5フィニッシュを記録し、耐久レースのチームとしてハイレベルな真価を証明している。われわれはTMGをサポートできることを誇りに思っており、エキサイティングな将来を楽しみにしている」

ユング・ド・ショーナックは、1991年のマツダ787Bによるルマン総合優勝の立役者でもある。

|

« NASCAR:Rd.33マーチンズビル・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | DTM:シュペングラー、2012年BWWへ移籍 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LM24,WEC:オレカ、2012年にトヨタのルマンプログラムと連携:

» TOYOTAがオレカにレースオペレーションを頼む? [MotorSports]
TOYOTAが2012年から世界耐久選手権の数戦に参戦すると発表があったが なんとレースオペレーションにフランスのオレカと提携?? オレカといえばプジョー908 HDi FAPを走らせるなど実績は確かにあるが なぜだ? オレカからは 「今日はオレカにとって大きな1日だ。トヨタ・モータースポーツGmbHに選ばれたということは、ここ数年オレカが成し遂げてきたことに対する偉大な報酬だ」 「オレカは耐久レースにおいて高いレベルを証明し続け、セブリングでの勝利など、その真価を示してきた。オレカはそのノウハウの... [続きを読む]

受信: 2011年10月29日 (土) 12時32分

« NASCAR:Rd.33マーチンズビル・スケジュール/エントリーリスト | トップページ | DTM:シュペングラー、2012年BWWへ移籍 »