« INDY:KVレーシング、2012年からシボレー・エンジンを使用 | トップページ | INDY:ペンスキー2012年ラインナップを発表、ブリスコも残留で3人体制を維持 »

2011年11月 2日 (水)

Special:タスマニア人ドライバーがマツダオーストラリアラリーチームに加入

1 (c)Mazda Australia / MZ Racing

タスマニア人ドライバーのジェイミー・バンデンバーグとサイモン・バンデン バーグのコンビがマツダオーストラリアのラリーチームに加わり、タルガハイカ ントリーラリーに参戦する。二人はタスマニアンラリーのチャンピオンを数回獲 得したことがあり、11月4日~6日に開催されるタルガハイカントリーに、マツダ モータースポーツのRX-8 SPターボで出走する。彼らが加わることにより、オー ストラリアラリーチャンピオンを4回獲得しているサイモン・エバンスとスー・ エバンスのMazda3 MPSとあわせ、マツダオーストラリアのラリーチームは2台体 制となる。

バンデンバーグ組がマツダオーストラリアのラリーチームに加わるのは2度目。 彼らは、この4月のタスマニアラリーで2位を獲得したばかりだ。ジェイミーは、 「マツダチームに戻ってくることが出来てとても嬉しい。トップチームとして、 プロフェッショナルなサポート体制が整っているのでラリーに集中できる。テス ト走行は数日しかなかったが、RX-8 SPの運動性能やコンディションの違いによ る挙動などをつかむことができた。テスト最終日には、とても自信がついた」と 語った。テスト最終日、バンデンバーグ組はファステストタイムを出したのだっ た。「我々の好む天候でRX-8 SPにトラブルがなければ、ポディウムフィニッ シュを決める自信がある」

マツダモータースポーツのマネージャー、アラン・ホーズリーはバンデンバーグ 組のテスト走行での活躍を見て「ジェイミーとサイモンはタスマニアでは既に完 璧な走行を見せている。彼らのホーム外でのラリーで活躍することで、さらに実 力アップするだろう」と語った。

MZ Racingプレスリリース

|

« INDY:KVレーシング、2012年からシボレー・エンジンを使用 | トップページ | INDY:ペンスキー2012年ラインナップを発表、ブリスコも残留で3人体制を維持 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Special:タスマニア人ドライバーがマツダオーストラリアラリーチームに加入:

« INDY:KVレーシング、2012年からシボレー・エンジンを使用 | トップページ | INDY:ペンスキー2012年ラインナップを発表、ブリスコも残留で3人体制を維持 »