« Special:ROC個人戦優勝はセバスチャン・オジェが獲得 | トップページ | NASCAR:カート・ブッシュ、チーム・ペンスキーと袂を分かつ »

2011年12月 6日 (火)

NASCAR:スプリント社、カップシリーズへのタイトルスポンサー契約を延長

トニー・スチュワート (C)nascarmedia 拡大します

スプリント社は先週金曜日にラスベガスで行われたNASCARのチャンピオンズウィーク授賞式で、NASCARのトップであるカップシリーズへのタイトルスポンサー契約を2016年まで延長することを発表した。

NASCARは2004年に当時のネクステル社と10年間のタイトルスポンサー契約を結んだ。その後スプリント社との合弁により、NASCARトップシリーズはスプリントカップとして開催されている。今回その契約を3年間延長することになる。

スプリント社最高経営責任者ダン・ヘッセ:「本日、スプリント社とNASCARが両者の関係を延長することに同意したことを発表することを嬉しく思っている。少なくとも2016年までのシーズンを後援し、すべてのチャンピオンはNASCARスプリントカップシリーズのチャンピオンとなる」

NASCARマーケティング主任役員のステイーブ・ヘルプス:「多くのチームがスポンサー獲得に苦労しているときに、スプリント社との合意はシリーズにとって有益なものとなる。最初の契約期間を2年残して、さらに3年間の延長を得られて嬉しく思う。スプリント社のようなブランドをパートナーに持つことはとても大切なことである。今年はスプリントカップのシーズンの中でも驚くべきチェイスの結末を持つ素晴らしい年となった。スプリント社の後援は、いまだスポンサーを探しているチームにとっても助けとなるだろう」

ちなみに今シーズン、スプリントカップチャンピオンを獲得したトニー・スチュワートは、シリーズ賞金だけでも580万ドルを手にしている。

|

« Special:ROC個人戦優勝はセバスチャン・オジェが獲得 | トップページ | NASCAR:カート・ブッシュ、チーム・ペンスキーと袂を分かつ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NASCAR:スプリント社、カップシリーズへのタイトルスポンサー契約を延長:

« Special:ROC個人戦優勝はセバスチャン・オジェが獲得 | トップページ | NASCAR:カート・ブッシュ、チーム・ペンスキーと袂を分かつ »